ヘッドライン

モバP「女は、信用できない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365686258/

1 :たんぽぽ 2013/04/11(木) 22:17:38.89 ID:JW2PDMQU0

モバP(俺は一人の女性を好きになった。相手も俺の事を好きになってくれて、俺達は付き合った)

モバP(俺は幸せだった。まだ若いけど、この人とこのまま結婚するんだろうって、信じて疑わなかった)

モバP(でも、幸せは長く続かなかった)

モバP(恋人が他の男と歩く姿を見た。俺の家で、俺のベットの上で愛を囁きあってる姿を見た)

モバP(もう、何が何だか分からなくなって、泣いた。……二人が愛し合う光景は夢にすら出てきた。そして、一連の出来事を日常の至る所で思い出しては、泣いた)
 




モバP「蘭子が中二病になった理由」

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368983647/

1 :むぶろふすか ◆gijfEeWFo6 2013/05/20(月) 02:14:07.21 ID:Bs/q4Qil0
※蘭子の熊本弁が難しくて、若干違和感あると思うので注意です。
※設定がぶっ飛んでいるので気をつけてください。







「煩わしい太陽ね!(おはようございます!)」

「おはよう蘭子」

 いつもと趣向が同じである、フリルたっぷりの白と黒の合わさったゴスロリドレスを着用した蘭子が事務所へとやって来た。
 紛い物の紅い瞳は今日も爛々と輝いている。

 蘭子は事務所のソファに座り、荷物からスケッチブックを取り出した。

「我が友よ、我が禁断のグリモワールを見るがいい!(プロデューサー、私の書いた絵、見てください!)」

「相変わらず上手だな、蘭子は」

 蘭子は本当に絵が上手い。そっちの業界も目指せる可能性があるぐらい。

「蘭子ちゃん、絵描いたの? 私にも見せてー!」

「ふっ、興味は時に身を滅ぼすぞ(いいですよ、どうぞ)」

 加奈が蘭子のスケッチブックに興味を示した。蘭子は少しだけ恥ずかしそうにしながら、スケッチブックを差し出す。
 パラパラと加奈が捲り、感嘆する。

「やっぱり上手いなぁ……」
 







ページランキング