ヘッドライン

【デレマス】誕生日

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1585749372/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/01(水) 22:56:13.47 ID:5iJOFxvDO
ドキドキ

小春「あ……ッ」

――それはヒョウくんのペロペロでも、自分で入れるのとも違う

小春「プ…ロデューサー……」

ハァッ

ハァハァ

――呼吸が苦しい

――好きな人にしてもらうだけでこんなになるのか

P「小春……」

ズイッ

小春「あ……」

コクリ

――思わずうなずいてしまう

――今からされるのが何か、知らない子供でもない

――だから



小春「愛してます……」

――その一言で



――私のもう一つの人生が始まる




【デレマス】忍「でも……初めては好きな人がよかった……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1583759571/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/03/09(月) 22:12:51.63 ID:23s1ziJDO
忍「Pさん、りんご剥いたよ」

モバP(以下P)「お、サンキュ」

シャクッ

P「うん、うまいな。さすが青森りんご」

忍「そんなこといって……あかりちゃんにも同じこと言ってない?」

P「いや……」



P「忍が向いてくれたから、うまさ二乗倍だから」

忍「……」



忍「……バカ(///)」




[ 2020/03/10 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【シャニマス】恋鐘「実使用用、保存用、観賞用、布教用、自慢用?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582619722/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2020/02/25(火) 17:35:22.45 ID:eXnw98wDO
―事務所に集まった五人の男女

結華「ねぇ……みんなも同じ事考えていたんだよね……」

咲耶「あぁ……恋鐘を思ってだな……」

摩美々「まさかー、プロデューサーまでとはー」

シャニP「す……すまん……てっきり……」

霧子「ど……どうしよう……」

―そこには





―アンティーカのもう一人のメンバーの誕生日プレゼントが……

―同じモノが五セット分並んでいた……




【デレマス】眩しい。だけど、怖い

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581815116/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/16(日) 10:05:17.05 ID:LV7kZUCDO
千夜「……」

カツカツカツ

千夜「はぁ……」

千夜「……」

千夜「私は……」

ちとせ「千ー夜ちゃん!!!」バアッ

千夜「お嬢様?!」

ちとせ「何を悩んでいるのかな?」

千夜「……何も悩んでは」





ちとせ「魔法使いさん……」

千夜「あの者の事等考えておりません!」

ちとせ「あらあら。私は明日の夜に、今度の仕事の打ち合わせが魔法使いさんとあるからって言おうとしただけだよ」

千夜「……」

千夜「///お、お嬢…様……///」カアッ

ちとせ「フフーン、隠さないの」




【シャニマス】雲が流れていく大空の果ては?

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578883249/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2020/01/13(月) 11:40:50.07 ID:pYLQgiyDO
―それはある日の事務所

―一人の少女が悩んでいた

恋鐘「むむむーっ」





摩美々「恋鐘……どうしたの?」

咲耶「さっきから悩んでいるみたいでな」

結華「正月太りとかかな?あと、こないだの鏡開きで食べ過ぎたとか」

―……女同士だと容赦はない模様だ




【デレマス】小さな勇気。頑張れ狂える雷神

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1577933903/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/01/02(木) 11:58:23.95 ID:JSFHOQLDO
「あっ、あ、きゃふぁっ!」

ロングの長い髪が俺の逸物が動く度に揺れ、清楚な戸惑いを見せていた表情が艶やかなものに変わっていく

「おらっ!これがいいんだろっ!」

再び奥底まで突くと、快感を得ているのか、さらに喘ぎ声を出す

「ふぁぅ!もっとぉ!下さい……おちんちん下さい!」

嬉しそうに叫ぶ。先に堕とした二人より早いペースで虜になったようだ

「ふぅ、ふぅ、んあぁっ!もっとぉ、もっとぉっ!」

「なら聞かせてやれよ。お前のお仲間に……な」

そう言うと、俺は女を既に横に寝転がっているところまで――――もちろん結合したまま――――運び、足を持ち上げる

「やぁぁ……何を……ふあっ!」

その状態のまま女を二人の正面にやり

「や、やだぁ、見ないで……お願い……見ないでぇぇぇー!」

「美波……さん……」

「あ……凄い……」

息も絶え絶えになりながらも、二人はこの女と俺との結合部から目を離せないでいた

「やだぁ……あっ、ふっ、ふっ、あぁ……」

明らかに先ほどとは違う膣の内部の反応。やはり、この女は見られて興奮しているのか




【デレマス】由愛「コピー本」むつみ「完成」乃々「しました……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577544988/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/12/28(土) 23:56:28.88 ID:aYdovtoDO
―男は少女を抱きながらささやく

モバP(以下P)「本音で言うと、お前とは離れたくない。だが、お前が言うとこのままだと二人共ダメになってしまう……」

早耶「Pさん……じゃあ…………行くんですね」グスッ

―少女の目から一雫落ちる。だが、それを懸命に堪えながら搾り出すように声を出す

早耶「早耶は……いえ、私は待ってます。そしてPさんと再び……」

早耶「それまで涙は見せません。もう弱虫な私は見せられませんから」

P「早耶っ!」

―少女の言葉を噛み締めるように聞いた男は、今生の別れと言わんばかりに抱きしめる

P「必ず……必ず戻ってくるから。そしたら……」

―そう言う男の口元を指で遮り

早耶「Pさん……」

―口付けを交わす

―それは今まで食べたスイーツより甘く、今まで服用した薬より苦く、そして心が篭った深く熱い口付けであった



―そして男女の影は一つになり、一夜が明けた

~~~~~~~~~~~~ホワンホワン




【シャニマス】果穂「見ない情報ですね……」

1 : ◆f1tFKtbZna.K 19/12/26(木)10:30:19 ID:hvf
―それはクリスマスの次の日、年内最後のレッスンを始めようとしていた時に来た

樹里「た、た、た、大変だー!」

―やって来たのは放クラのツッコミ担当…

樹里「誰がだ!」

夏葉「落ち着きなさい、樹里。まずは温かい紅茶でも飲みなさい」

―そう諭したのはメンバー最年長の夏葉。とっても美しく、気品に満ち溢れ、さらに筋肉も調ったパーフぇ

樹里「そろそろ怒るぞ」

智代子「そんなことより大変だよ!次のプリキュアに……」

凛世「プリ……キュア…ですか?…」

夏葉「キュア……薫製するって意味ね」



智代子「まってちがう」




ポッキーの日 @シャニマス

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1573475694/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/11/11(月) 21:34:54.44 ID:M4wWe43DO
あさひ「冬優子ちゃん!ポッキーゲームをするっす!」キラキラ

冬優子「やっぱり、そう来たか……」

あさひ「早く!早くするっすよ!」

冬優子「そんなこと言っても……ファーストキスがあさひとだなんて」

愛依「大丈夫ジャン。女同士だからノーカン、ノーカン♪」

冬優子「もう……アンタは笑い事で済むけど」

あさひ「早くっ!早くっ!」

冬優子「じゃあ、これからふゆのことを『ふゆちゃん』って呼んでくれたら」



あさひ「じゃあ、いいっす」テンションダウン




[ 2019/11/11 22:55 ] シャニマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング