ヘッドライン

【ミリマス】紗代子「ワガママな私はアナタだけに」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511088089/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/11/19(日) 19:41:29.77 ID:8QMfH7fA0
===

何気ない発見だったのだ、それは。

「紗代子が眼鏡を外してる……」

プロデューサーの意外そうな一言に、高山紗代子は思わず「えっ?」と驚きの声を上げたものだ。
正に"キョトン"とした顔である。彼女は手渡された熱々のたい焼きを包み紙から少々覗かせると。

「外しますよ、それは。だって曇っちゃうじゃないですか」

カリカリに焼かれた鯛の尻尾に齧りつく。

生地と餡から立ちのぼるかぐわしい湯気からレンズを守るため、
彼女の空いた手には愛用の眼鏡が握られていた。




【ミリマス】うちの琴葉知りませんか?

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510080614/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/11/08(水) 03:50:14.73 ID:08pW5gpZ0
===

長い、夢を見てたつもり。沢山の想いを言葉にして、日々を重ねて過ごすような長い、永く続く夢を。
いつまでも終わらずにいればいい……なんて、心が名残惜しむような。

「おはようございますプロデューサー」

「おう……おはよう」

その日、私がいつものように事務所に来るといたのはプロデューサーただ一人だけだった。
見慣れたいつもの顔だけど、寝癖がある、無精ひげ、着ている背広もくたびれてる。

「もしかして、また事務所に泊まり込みですか? ダメですよ、キチンとお家に帰らなきゃ」

「いや、まぁ、そうだけど……。ほら、今が一番の追い込みだから」

「頑張ってるってワケですか。でも寝癖だってついてますし……
眠気覚ましのコーヒーでも、今から入れてあげますね」




[ 2017/11/08 08:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

城ヶ崎美嘉「本番開始前、駄弁り場」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509430516/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/31(火) 15:15:17.22 ID:Rmn8FgqLo
===
P「それでは皆さん。本日のステージもどうぞよろしくお願いします」

美嘉「任せといてよプロデューサー。ドーンと大船に乗った気でいなってば!」

P「ありがとうございます。城ヶ崎さんはいつも頼もしく……助かりますね」

P「出番が近づけば呼びに来ますので、自分はこれからスタッフとの打ち合わせに――」

美嘉「うん、行ってらっしゃい! そっちも頑張ってね」

P「では、後ほど」


美嘉「じゃーね★」

ガチャ、バタン。スタスタスタ……。

美嘉「……さてと!」

美嘉「それじゃあみんな、今日のライブもプロデューサーの期待に応えられるよう頑張ろう!!」

奏「うふ」

志希「にゃは♪」

周子「はっは~ん?」

フレデリカ「トレビアーン?」


美嘉「――って、み、みんなして何なのその顔はさ」




【ミリマス】紬「びーふすろろがのふ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509111367/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/27(金) 22:36:07.46 ID:23i0x2er0
===

百合子「ん?」


エミリー「えっ」


貴音「はて……?」


紬「あ……こほん!」


紬「ビーフ……ストロ……ガノフ……よし!」

紬「ビッ、ビーフストロガノフ!!」ピンポーン!

※ビーフストロガノフ(beef stroganoff)
ロシア発祥、牛、牛を使う煮込み料理。ついでに味は、美味である。




【ミリマス】星梨花「つまり、勃起させればいいんですね?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508936088/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/25(水) 21:54:48.94 ID:8N2uv+mG0
===

瞬間、時間が止まったと言ってしまってもいいと思う。

場所は例によって例の如くの我らが765プロ劇場。
その第二企画室の場において、星梨花が口にしたこの一言が発端だ。

「つまり、ファンの人たちを勃起させればいいんですね?」

まさかと耳を疑った。でも残念ながら現実だ。
その証拠にさっきまではあれだけ騒がしかったハズの室内が、今は水を打ったようにシンと静まり返っている。

とはいえ、それも無理からぬことだろう。

なぜなら「クレシェンドブルー」の新曲お披露目イベントの段取り確認の最中に、
天使のような女の子が、無垢な少女が"勃起"という、卑猥な単語を突然口にしたのだから。




【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508239353/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/17(火) 20:22:34.19 ID:g3TGHoLO0
===
ぴっ、ぴっ、ポーン! ……時刻は正午となりました。

本日のお天気は曇りのち晴れ、気温もだいぶ低くなって、本格的な冬が来るのを感じ始める今日この頃。
日毎に増してく肌寒さに、そろそろコートやジャンパーなんかが恋しくなっちゃう季節じゃない?

と、言うワケでやって来ました帝櫻デパート! おまけに買い物帰りのその途中、見つけちゃいました顔見知り。
フードコートの隅の席で、寂しくコーヒーなんか飲んでたんだ。

でねでね? 顔を出しちゃった。
イタズラ心がむくむくと。

こっちに気づいてないみたいだったからこっそり後ろから忍び寄って……。

「じゃじゃーんっ! ねぇねぇねぇねぇ何してるの? 偶然遭遇茜ちゃんだよー!!」

声をかけたらパチクリされて、慌てた様子で「静かに!」のジェスチャー。
んにゃ? なんだか多少のワケ有りみたい。ついでに面白そうな予感もね!

そういうの、茜ちゃんピンと来ちゃうんです。
だってこういう些細な予感、なんとなく気づけちゃう私だから!




【ミリマス】七尾百合子「素敵な勘違い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507740175/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/12(木) 01:42:55.55 ID:IHqxgeJQ0
===1.

まず初めに、どれほど冷静沈着な人だって誤解をすることってありますよね。

人間誰しも理解しているごく当たり前のことだけど、
誰が、いつ、どんな風に物事を勘違いしてしまうかまでは……残念ながら、予測するなんてできないのだ。

さて……その日、私こと七尾百合子はウキウキとした足取りで劇場廊下を歩いていた。
手には昨日読み終わったばかりの話題作、『人の振り見て我が振り直せ』を持っていて――

あっ、この『人の振り見て我が振り直せ』は青春学園小説の傑作『ことわざ部』シリーズの最新刊。
一癖も七癖もあることわざ部員が集まる部活に毎回学園の生徒が悩み事を持ち込んでくる形で
ストーリーが展開するタイプのお話で、笑いあり涙ありバトルあり、時にシリアス時にロマンス、
もう現役学生なら絶対に、一度は読まなきゃ青春時代の半分以上を損してる――っとと! ストップ!!




【ミリマス】砂花蝶

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1507496695/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/09(月) 06:04:55.42 ID:zECgd23d0
===
お仕事先で泊まったホテル。

私の部屋にやって来た彼は、
こちらと顔を合わせるなり上機嫌の笑顔で言いました。

「老人会主催、ふれあい将棋大会司会お疲れさん!」

「うふふ~。お疲れさまですプロデューサーさん。今日のお仕事は、とっても楽しかったですよ~」

「だろうな。終始笑いも絶えなかったし、美也の人気も凄いのなんの」

「そんな、照れてしまいます~」

「いやいやホント、老人会のマドンナだよ。あの頑固ジジイ共の集まりが、美也の前じゃ子供みたいに素直だもん」

そうして、プロデューサーさんは椅子に座っていた私のことを良い子良い子。

この歳で頭を撫でられるのはちょっと恥ずかしいですけど。
彼の手つきは優しくて、心の底から褒めてもらってるのが分かるから……心がポカポカしちゃうんです。

流石は出色の撫でニスト。茜ちゃんが虜になるのもわかります。




[ 2017/10/09 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

双葉杏「金食う虫も好き好き」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507389571/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/08(日) 00:19:31.62 ID:/xf+KF840
===
・某日事務所

杏「あ~……」


杏「ああ~……」

杏「うあぁ~……」

P「…………」

杏「あっ……」

P「……? おい双葉」

杏「…………」

P「…………おいってば」

杏「…………はあぁ~……!」

P「おい~、ちょっとは静かにしろってば。こっちはお仕事してんだよ?」




[ 2017/10/08 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】君のその指にリースをはめて

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507199333/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/05(木) 19:28:54.11 ID:TzvX0Up20
===
人間、柄にもないことするもんじゃない。
それと思いつきだけで行動するのもできれば止めておくべきだ。

金無いだらしない意地汚い、おまけにワガママ自分勝手。
日頃からダメ人間としての醜聞を、あらかた欲しいままにしているこの俺がだ。

ちょっとした気まぐれの結果として、こんな窮地に立たされてる。

「プロデューサー、私……!」

ああ、ああ! そんなに感極まっちゃって。
涙なんかも流しちゃって。

流石の俺にもこれは分かる。

確実に、今目の前にいるこの少女が取り返しのつかない
判断ミスを下した事が……そう! 言わずもがなさ、人生の!

「驚い……てます。でも、それと同じぐらいに嬉しくて……! どうしよう、うまく言葉が出てこない……」

そう言って、琴葉は涙も拭かずに微笑んだ。
その健気で儚い微笑みに、俺の良心がズキズキと痛む。

ああ全く、どうしてこんないい子なのに、人を見る目が無いんだか……。




ページランキング