ヘッドライン

曜「貴女との空」side曜

1 : ◆XksB4AwhxU 2019/06/19(水) 14:12:20 ID:l68K/QBg
前回書いた善子「貴女との空」
盲目曜目線での作品になります。




善子「貴女との空」

1 : ◆XksB4AwhxU 2018/08/29(水) 10:52:38 ID:eokwBYbs
周りの視線が刺さる。
ヒソヒソ声は隠してるつもりでも、
耳は全てを拾ってしまう。
「化け物」
だと。

教室の空気は拒絶していた。
津島善子という存在を。
いえ、
「口裂け女である津島善子」を。

善子「……失礼したわ」

浦の星女学院の春、津島善子が最後に登校した日は桜が新入生を出迎えていた。

昔、口裂け女と呼ばれる存在が流行った時期があり、本当にいるのか不確かだったのに、目撃情報は相次いで小学校では集団登下校が当たり前に。

口が耳まで裂け、
大きなマスク、
赤いコート、
通りすがりの人に「私、キレイ?」と聞き、
「キレイ」と答えた人に「これでもかぁ!」と裂けた口を見せ、驚いた口を血で錆びた鋏で裂き、
「ブサイク」と答えた人に「お前も同じ目にあわせてやる!」と口を裂いて殺害する。




善子「堕天使は母乳に飢えているのか」

1 : ◆XksB4AwhxU 2018/05/29(火) 00:35:03 ID:g3vycfso
それは屋上での休憩中、壁にもたれて休んでいる私にルビィが話しかけてきた時から始まった。
ルビィ「ね、ねぇ善子ちゃん……」

善子「ヨハネ。どうしたの?息苦しそうよ?」

ルビィ「苦しいよ……だから」

善子「え、ちょ!?」

 ルビィが私の手を取り、強引に屋上から連れていってしまう。果南たちの「どこ行くの!?」と制止する声も遠く、あっという間にトイレへと連れ込まれた。




善子「ずらまる事変」

1 : ◆XksB4AwhxU 2018/06/02(土) 04:46:14 ID:7EKqiTCk
浦の星女学院部室。

善子「ずら丸、大丈夫?」

花丸「う、うん平気ずら」

善子「あんた、朝からずっと調子悪そうじゃない……今日は早退した方が」

花丸「ありがとう、善子ちゃんは優しいね」

善子「ちょ、私は本気で心配して!」

花丸「じゃ、先に行ってるね!」

善子「ちょっと待って!」

花丸「離してずら」

善子「何があったのか知らないけど、あんたが辛い思いしてるなんてほっとけるはずない!」

花丸「でも……」

善子「堕天使ヨハネの名に誓うわ……国木田花丸、貴女が何を言っても受け入れると!」




ページランキング