ヘッドライン

【モバマス】P「四手連弾・転調」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498913083/

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/07/01(土) 21:44:44.12 ID:WMIgWMbh0
地の文メイン。
独自設定あり。
未熟者ゆえ、口調等にミスがあるかもしれません。
どうかご了承ください。





【モバマス】P「交わる拳、繋がる掌」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496931910/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 23:26:11.68 ID:iYcy3Tcr0

私は、アイドルをクビになった。

心情としてはそう表現したいところだが、言うとなると少しの語弊が残る。

より事実に即するならば、私はアイドル候補生として見切りをつけられ、以後のアイドルとしての活動は諦めることになったというのが正しい。

候補生、もしくは研修生として芸能事務所に迎え入れられてから一年足らずでのできごとだった。


正直、覚悟はしていた。
自分の見た目に大した自信があったわけでもなければ、歌も普通、ダンスもイマイチ。オーディションに通ったのが我ながら意外なほどだ。その上、練習を重ねても思うようには上達の兆しが見えないときた。

会社の判断は妥当なんだろう。そこまで大きな事務所じゃない。モノになるか怪しい人間をいつまでも囲ってはいられないのは当然だ。

理解はできる。

……だけど、悔しかった。
口惜しくて、諦めきれなくて、その日は一筋流れた涙が枕を濡らした。

どこで知ったのか忘れたが、血と涙の成分はほとんど同じらしい。
人並み以上にケガをする機会は多くて、たぶん人よりも血は流してきた。
それでも、それまでの人生で流した血の総量分の痛みよりも、その日の涙一滴分の胸の痛みの方がきっと強かったと思う。

誰かを笑顔にする仕事がしたい。
思いたったらすぐに行動してしまう性格で、通っていた高校を衝動的に辞めてアイドルを志した。

本気だった。
心の底からなりたいと思ったんだ。

でも、なれなかった。

「…………ちくしょぉ……」

暗くて何も見えない部屋で小さく呟いた独り言は、闇の中に溶けて消えていった。




[ 2017/06/09 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(6)

【モバマス】P「眼鏡は鏡じゃありません」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493493952/

2 : ◆XSpMgThnfc 2017/04/30(日) 04:26:29.51 ID:IZrSw4hx0

○-

私には、尊敬している人がいる。

その人の名前は荒木 比奈。

今をときめくアイドルだ。


デビュー当初はインパクトやわかりやすい華やかさに欠ける、という評価をされていて、いまひとつパッとしないとまで言われていた。

だけど、ユニークさの光るキャラクターや、地道な努力によって徐々に確実に身につけた実力を武器に、少しずつ活躍する舞台を広げていった。

今となっては、押しも押されぬ人気アイドルだと言って言葉が過ぎることはないだろう。


そんな憧れの彼女の隣に立てるのは、私にとって本当に嬉しいことだ。
直接にそれを伝えたことはないけれど。




ページランキング