ヘッドライン

一ノ瀬志希「失踪しちゃおうか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552181742/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2019/03/10(日) 10:35:43.41 ID:aVFgvfGp0

一ノ瀬志希「わー海だー」

モバP(以下P)「……海だな」

志希「海が見えた時ってもっと盛り上がるもんじゃないの?」

P「どんなバラエティ見たんだ」

志希「いやー、太平洋だねー。あれ、これって日本海?」

P「太平洋でいい」

志希「ふんふん。この向こうがアメリカかー。まあどこの国でもいいんだけど」

P「大雑把だな……」

志希「結構ビーチ広いね。どっかから降りられるの?」

P「駐車場でもあればそこに車止めるけど。こんな季節に海辺でも歩きたいのか」

志希「それいいかも。こっちに戻ってから海なんて、わざわざ行かなかったし」

P「絶対寒いぞ」

志希「だよねー」

P「っていうかお前、コートどうした」

志希「ん? あれ? 事務所に置いてきちゃったかな」

P「かなって、それで外に出るのかよ」

志希「マズい?」

P「マズいっていうか……いや、でも女子高生って真冬でもミニスカート履けるんだもんな……」

志希「にゃはは、視線がおじさんだ」

P「職業病ってことにしておいてくれよ」






渋谷凛「連れていってほしい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547822704/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:45:04.66 ID:pSLCOGdy0

――夏の終わりのある日・事務所

モバP(以下P)「なんだって?」

渋谷凛「もう一回言うよ。連れていってほしい場所があるんだ」

P「なんだ藪から棒に」

凛「訳は話すけど、ちょっと長くなる」

P「連れてけって、なんか遠い場所なのか」

凛「遠い……うん、そうだね、多分ちょっと遠い」

P「要領を得ないな」

凛「都内でも大丈夫だと思うんだけど」

P「それなら自分でいけるだろう」

凛「うーん、ちょっと難しいかな。あと、保護者も欲しい」

P「普通親御さんに頼まないか、そういうの」

凛「いや、いろいろ吟味した結果、プロデューサーが適役なんだ」

P「……よくわからん」クル

凛「あ、ちょっとこっち向いてよ」

P「こう見えても忙しいんだぞ。お前だってレッスンあるだろ」

凛「……」





速水奏「はー……」モバP「はー……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2019/01/06(日) 14:11:06.14 ID:C/BBEQ9m0

速水奏「遅いわね」

モバP(以下P)「遅いな」

奏「何か手はある? Pさん」

P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」

奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」

P「なら次のPAに入って自分で調べる」

奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」

P「降りられればいいんだけどな」

奏「次のインターまで35kmね」

P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」

奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」

P「は? えっ、いま何時だ」

奏「午後9時過ぎたわ」

P「……」

奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」

P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」

奏「ふふ、ありがとう」

P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」

奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」

P「ははは、言いやがったなこの小娘」

奏「ふふふ」

P「ははは……どうすんだこれ」





[ 2019/01/06 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(3)
ページランキング