ヘッドライン

モバP「橘さんが卒業する日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481290720/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/12/09(金) 22:38:41.57 ID:81cm0N8d0
 橘さんはありすちゃんだけど、ありすちゃんではない。

 あるいは、橘さんはありすちゃんだけど、ありすちゃんではなくなったと言うべきか。言葉遊びのような呼称問題は、「大人」に手を伸ばすありすちゃんを象徴している。

 橘さんは名前で呼ばれるのを嫌がった。ありすちゃんと呼んでいた頃は、橘です、とよく訂正されたものだ。理由を聞けば子供っぽい名前だからなんてため息混じりに答えていたが、本当に嫌だったのは名前で呼ばれる行為そのものにあったことを、ぼくは見逃さなかった。きっと名前は関係ない。理由にできたからそうしただけで、たとえば日本人にありふれた名前だとしても、どうにか上手い具合に理由を作って訂正してきたことだろう。

 簡単な話、同級生が名前で呼び合っていたから、大人が苗字で呼び合っていたから。そういう形式に憧れただけなのだと思う。

 微笑ましい抵抗だ。可愛らしい背伸びだ。ただ、思春期の子は気難しくなるもので、ぼくたち大人には些細に思えることでも、彼女たち子供にとっては重要な出来事である場合も多い。

 そしてそれは誰しもが経験する。ぼくだってそう。だから、ぼくは笑わなかったし、笑えなかった。

 いずれにしても、十二歳のアイドル橘ありすを子供扱いしていたのは初めのうちだけで、担当してから数ヶ月が経った頃には本人の希望どおり、ぼくは橘さんを大人扱いすることにした。

 こうして三年前。小学校を卒業した橘さんは、ありすちゃんを卒業した。






[ 2016/12/09 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

フレデリカの真冬のダンス

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480498676/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/11/30(水) 18:37:56.68 ID:7FZgc2Oz0
 ぼくは彼女の笑顔が好きだった。
 タタンタタンと、彼女は時々嬉しそうにステップを踏んだ。まるで世界が自分のものだと言うように、細く長い腕を精一杯広げて、彼女はくるっと回って笑うのだ。
 紅茶が美味しかったから。ケーキが甘かったから。晴れていたから。月が見えたから。とか。理由なんてなんでも良くて、あるいはどんなことでも理由になって、彼女は嬉しそうに笑いながら踊って見せた。
 フレデリカが目の前で笑ってくれれば、中途半端な日々も悪くないと思えるぐらい、ぼくは彼女の笑顔が好きだった。




モバP「日常の一コマ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476866984/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/10/19(水) 17:49:44.75 ID:O4qi00qi0
短編集
1.夏のきらめき(神谷奈緒、若林智香)
2.気持ちを掬って(的場梨沙、輿水幸子)
3.世界レベルと個人レベル(ヘレン)
4.ススメ大人への道(日下部若葉、佐々木千枝)

2 : ◆U7CecbhO/. 2016/10/19(水) 17:51:39.32 ID:O4qi00qi0
1.夏のきらめき

 恨めしそうな目も実に可愛らしい。俺は見当違いな感想を抱きつつ、奈緒の持つ企画書に視線をやった。

「どういうことだよこれ! なんであたしの名前があるんだ!?」

 奈緒の声がプロデュース室に木霊する。昼休みということもあって、部屋には俺の他にプロデューサーがひとりいるだけ。しかもそのひとりは奈緒のプロデューサーで、俺の後輩である。

 いくら騒いでも問題はないのだが、元気だなぁと思ったり。歳を実感してすこし落ち込んだ。

「いや、夏だし水着の企画があってもおかしくないだろ?」

「そーだけど! ……いや違うって、あたし! なんであたしの名前があるのかって訊いてるんだよ!」

 右手に掴んだ企画書をぐいっとこちらに押しつけてくる。俺はそれを受け取り、んーと唸る。なんでって言われても難しい。見てみたいからは理由にならないのだろうか。

 企画書は学校のプールを借りた、水着の撮影についての内容だ。直談判しにきている神谷奈緒の名前と、俺の担当である若林智香を含む数名のアイドルの名前が記されている。社内でもいくつか水着の企画はあるから、奇を衒うかと考えてみたが、こうも反対されるとは。

 ため息をつく。もう企画は通してしまったし、変更手続きは面倒だ。まあ、やめろと言わないあたり、奈緒も理解しているのだろうけど。

「そりぁなあ、お前のプロデューサーに許可もらったからとしか」

 奈緒は俺の左斜め前の方に座る、担当プロデューサーに顔を勢いよく向ける。ウェーブのかかった背中に届く長い髪が視界を舞った。こちらからは見えないが、きっと睨みつけていることだろう。後輩は露骨に視線を逸らしていた。




モバP「佐久間まゆの本心」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473987759/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/09/16(金) 10:02:39.73 ID:be/iHFql0
 彼女は好きだと言った。

 一目惚れをしてすべてを擲ってきたのだと。あなたのためならなんでもすると、あなたのためならどんな自分にでもなると、平然と言ってのけた。あるいは、彼女なりの覚悟があって、平常心からはかけ離れていたのかもしれない。そうだとしても、俺は困惑する外ないけれど。

 答えを得ようとしない告白は独白と呼ぶべきだろう。

 気持ちを押しつけるばかりで、相手の気持ちを理解しようとしない。悪いとは言わない。いっそ清々しいとさえ思う。他人事ならばと注釈をつければ。

 だから、これは気持ちの問題だ。

 俺は佐久間まゆの好意に困っていた。






モバP「白菊ほたると一輪の笑顔」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473219783/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/09/07(水) 12:43:03.75 ID:QSjMH8mi0
 二重に絡まる電流が走った。

 エジソンとテスラが脳裏に浮かび、直流か交流かなんて不毛な言い争いを始める。間違いなく、俺は混乱している。

 一目惚れだった。初めての経験だった。

 白菊ほたるは物憂げな表情を浮かべ、不安そうな視線を俺の胸元に泳がせている。

 これはいけない。こんなに可愛い子なのに、まだまだ子供なのに。

 笑ってほしいと思った。そして、幸せになってほしいとも。

 だから俺は、ほとんど向こう見ずに声を発していた。

「結婚してください! 幸せにします!」

「えっ、……あのっ」

 直後、小会議室に乾いた音が響く。丸めた書類を右手に握るちひろさんは、天才的な突っ込み技術を持っている。

「できるか馬鹿」

 こうして俺のプロポーズは失敗した。十三歳の女の子とは結婚できないのだから当然だ。

 それでも、ほたるちゃんの小さく零した笑みを見られれば、悪い気はしない。

 俺はほたるちゃんを幸せにしたいと思った。






モバP「鷹富士茄子の幸福論」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472603544/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/08/31(水) 09:32:24.84 ID:CqQzVn6L0

 あなたの幸運は私が預かりました。鷹富士茄子


 外食を済ませてデスクに戻ると、モニターにはセロハンで貼られたメモ用紙。首を傾げて椅子に腰を下ろし、剥がしたメモ用紙に視線を落とす。

 品のある綺麗な文字。そして、どことなく可愛げもある。書き主と同じで、気取らない美しさがある。情報はそれだけ。

 文面の意味を理解できない。

 額面通りなら、どうやら俺は運を人質にとられたらしい。

 何度読み返しても、意味不明だった。






モバP「一ノ瀬志希のギフト」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471873925/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/08/22(月) 22:52:05.42 ID:v/lcqjxK0
 キミはさ、あたしと死んでみる気、ある?

 一ノ瀬は不敵に口角を上げた。差し出してきた右手には、透明な液体のゆらゆら揺れる試験管。

 応えを求めるように、彼女は首を傾げた。見透かされている気がする。

 ならば言葉は不要だ。

 きっと、どんな言葉も空虚になるから。

 無言で試験管を受け取り、一息に呷る。無味無臭。

 なんともない。いつもの冗談か。そう断定しようとして、次第に意識が重くなる実感を持つ。

 落ちていく瞼。思考がもたつく。硬い床に腰を下ろす。座っていられない。横たわる。

 意識が途絶える間近、捉えたのは俺を見下ろす一ノ瀬の顔。

 彼女の穏やかな表情に安堵する。ああ、こんな俺でも期待に応えられたのならいいや。

 不思議と、とても幸せな気分だった。






モバP「速水奏の輝かせ方」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469699512/

1 : ◆U7CecbhO/. 2016/07/28(木) 18:51:52.78 ID:pU98D89e0
 なにかを間違えている気がする。

 この状況も、速水奏の貼り付けた笑顔も、なにもかも。

 目の前に座る速水さんに視線を奪われながら、俺はそんなことを考えていた。




ページランキング