ヘッドライン

【モバマス】岡崎泰葉「あなたが示してくれたもの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493429161/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/29(土) 10:26:01.85 ID:++9plA0W0
モバマスのSSです
デレステの泰葉のメモリアルコミュ一話をもとにしています
地の文多めです


2 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/29(土) 10:27:10.42 ID:++9plA0Wo
「おはようございます。今日はよろしくお願いします」

 撮影スタジオに入ると、私は撮影スタッフのみなさんに挨拶してまわる。
 本当はひとりひとりに挨拶していきたいところだけど、準備に忙しくするスタッフさんたちの邪魔をするわけにはいかない。ひとかたまりになっているところに挨拶をしていった。

 一人、隅っこに立っている人がいた。あの人が見学希望のアイドル部門の人だろうか。
 スーツに着られているというほどでもないけれど、着こなしているわけでもない。
 まだ若そうだけど、まるっきりの新人というわけでもないようだった。
 ネクタイの結び方が甘いし、少し曲がっているのが気になる。忙しいのだろうか。

 アイドル部門はここのところのアイドルブームで、アイドルも裏方もほしがっていると聞く。
 見学というのも新人のそれではなく、現場を知ってより知識を得たいという欲求からきているのでは、というのが私の持った印象だった。
 私は足をそちらに向ける。近づいていくと、目が合った。物怖じしない目だ。
 まっすぐに私を見つめている。私は軽く会釈をしながら、側まで寄っていった。

「見学に来られたアイドル部門のプロデューサーさんですよね。よろしくお願いします」

 軽く挨拶をし、一言二言交わした。若いのに落ち着いているな、と思ったら、元々私くらいの年頃の娘を相手にしているのだ。慣れっこだろう。
 どうせまたモデル部門にアイドルをねじ込むための知識を得に来ているのだろう。
 仕事を取られる身としては面白くないが、求められた者が出番を与えられるのがこの世界だ。文句を言ったところで何かが変わるわけじゃない。
 私は私のできることをするだけだ。




[ 2017/04/29 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】「隣の席の岡崎さん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492239850/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/15(土) 16:04:10.37 ID:uIQ9BVJ30
モバマスのSSです
岡崎泰葉以外のアイドルは出ないです
地の文多めです。
苦手な方はご注意ください

2 : ◆TZIp3n.8lc 2017/04/15(土) 16:06:04.05 ID:uIQ9BVJ3o
 今年は春一番が吹かなかったらしい。
 そのせいか、バス停に降りたわたしたちを迎えてくれたのは、まだつぼみの残る桜並木だった。合格発表を見に来たときは、満開の並木道を想像したのだけど、まだ春は来ていないようだ。
 バスからはわたしたちと同じように、しわ一つない硬そうな制服を着た子と、スーツ姿のお母さんの親子がぞろぞろと出てくる。
 わたしは自分の格好を見る。他の子と同じような紺のブレザーの制服に、チェック柄のスカート。中学生の制服はセーラー服だったので、なんだかとても大人になったような気分。前々から練習していたから、赤色のネクタイもばっちり結べた。
 校門のところで在校生のお姉さんが受付をしていた。わたしが名前を言うと、一年三組です、と教えてもらった。眼鏡をかけたとても知的そうなお姉さんが、名簿にあるわたしの名前の横にマルをつける。
 そこでお母さんとは別になる。受付のお姉さんとは別のお姉さんが、わたしの胸に小さなバラの造花と『入学おめでとう』と書かれた紙をつけてくれた。
 それからそのお姉さんに連れられ、わたしは一年三組の教室へと入った。半分くらい席は埋まっている。黒板に書かれた座席表に従い、わたしは自分の机に座った。机の上には手書きでわたしの名前と入学おめでとう、と書かれた紙が置いてある。隅にはデフォルメされた猫が可愛らしい寝顔を見せていた。
 落ち着かない気持ちで待っていると、次々とわたしのクラスメイトになる人たちが教室に入ってきた。
 けれど、担任になる先生がやってくるまで埋まらなかった席があった。黒板に書かれた座席表を見ると、その席は岡崎という人のものらしい。
 結局、入学式が終わって、わたしたちが教室に戻ってホームルームが終わるまで、その席は空席のままだった。




[ 2017/04/16 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】鷺沢文香「蝶」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483611218/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2017/01/05(木) 19:13:38.30 ID:hreo+brV0

モバマスのSSです
地の文多めです
講談社文庫 北村薫著『紙魚家崩壊』内の『蝶』を参考にしています
《》で囲われた文は『蝶』からの引用になります


2 : ◆TZIp3n.8lc 2017/01/05(木) 19:14:19.60 ID:hreo+brVo

 エレベーターから降り、エントランスにある喫茶店へと向かう。夕食の時間を軽く過ぎているとあって、並んだテーブルに座っている客はまばらだ。
 その中に目的の相手を見つけ、近づいていく。革のブックカバーのついている文庫を読んでいる彼女は、集中しているのか、すぐそばまで寄っても気づく気配がない。

「悪い、遅くなった」

 そう言うと、ようやく鷺沢文香が文庫から顔を上げた。
 こちらを見上げたものの、長い前髪が彼女の目を隠してしまっている。細い指先で前髪をすっと避けると、文香はようやくおれを認識したようだった。

「プロデューサーさん」

 栞を挟み、文香は文庫を閉じる。机には空になったティーカップが置かれていた。
 脚本家との意見交換は、やはり思った以上に時間がかかっていたらしい。




[ 2017/01/05 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

一ノ瀬志希「本音の話せる薬」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472525920/

1 : ◆TZIp3n.8lc 2016/08/30(火) 11:58:40.50 ID:rQzoXwMd0
一ノ瀬志希以外のアイドルは出てこないです
シリアスな内容です。苦手な方はご注意ください

2 : ◆TZIp3n.8lc 2016/08/30(火) 11:59:35.44 ID:rQzoXwMdo
志希「ねえ、プロデューサー。あたしの本音、聞きたくない?」


志希「アイドル楽しいのかとか、仕事の不満とか、キミのこと信頼しているのかどうかとか」

志希「にゃはは。あたし、ポーカーフェイスだから、ほんとは不満たらたらかもしれないよ」

志希「え? 不満があるくらいで辞めたりしないよー。フレちゃんとか悲しませたくないし」

志希「意外? あたしもそう思うー! にゃはは」

志希「フレちゃんもそうだけど、LiPPSのみんなとか、他にも色々とねー」

志希「これは前のあたしには考えられないことだねー。化学変化ってやつ?」




【モバマス】私「クラスメイト、一ノ瀬志希の話」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470657075/

2 : ◆TZIp3n.8lc 2016/08/08(月) 20:52:31.95 ID:mFvc4esTo

 受験という漠然とした不安が迫りながらも、三年目となる高校生活の変わらない毎日に飽きを隠せなくなっていた頃、彼女は私の前に現れた。
 転校生が来る、という話は春休みの終わりには噂になっていた。私のところにも友達づてにその情報が入っていた。連絡網よろしく私は別の友達に転校生の話を渡してやった。友達はあれやこれやと空想を働かせては私に聞かせてきたが、私にはどうでもよかった。
 その転校生がどんなやつでどんな事情を持っていても、所詮一年しかない付き合いだし、同じクラスになるかもわからない。仮になったとしても今と同じように、そいつとも適当に付き合うだけだ。
 そう思っていた。




ページランキング