ヘッドライン

渋谷凛「オーダーメイド」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545643954/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/12/24(月) 18:32:35.31 ID:EXqurGBL0

 そういえばさ、と声が重なった。

 ほんのちょっと間を置いて、目を見合わせる。

 くすくす笑い合ったのちに、私は「お先にどうぞ?」と言う。

「それじゃあ、遠慮なく。って言っても他愛もない話なんだけど」

「うん。私のもそうだから安心してよ」

「んーと。まぁ、あれだ。もうクリスマスだなぁ、って」

「え」

「?」

「いや、その、私もその話、しようと思ってたから」

「以心伝心だ」

「離れてる気がしない?」

「目を瞑っていても表情がわかるかもな」

 いつもどおりの、ばかみたいな軽口。

 一息吐いて「もうクリスマスなんだね」と返した。





[ 2018/12/24 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

渋谷凛「冬の日、早朝、駅前にて」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1544457161/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/12/11(火) 00:52:42.36 ID:8Cb0VKxR0

音量をできるだけ絞った、控えめなアラームが私を起こす。

徐々に覚醒していく意識で、それを止めて時計を見やる。

午前四時前、外はまだ暗い。

自室はまるで冷蔵庫の中みたいで、掛布団を捲ることがすごくすごく躊躇われたけれど、起きなくては。

意を決して体を起こす。

途端に冬の朝が猛威を振るい、私を襲う。

もう一度布団にくるまって、二度寝をしたい気持ちをぐっと堪えて、ベッドから立ち上がった。




[ 2018/12/11 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(3)

渋谷凛「“いま”をどんどん過去にして」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543861424/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/12/04(火) 03:23:44.81 ID:4N5ngplN0


ステージの袖へと下がり、安堵の息を漏らす。

そのときになって初めて、自分が拳を握りしめていたことに気が付いた。

ほんの一歩分ほどの違いしかありはしないのに、歓声と退場を促すアナウンスが、遠く聞こえた。

駆け寄ってきたスタッフの人からお水とタオル、それから「暗くなってますので足元お気をつけてください」と言葉をもらった。

私が「ありがとうございます」と返すと、そのスタッフさんはくつくつという忍ぶように笑う。

もしや、と思い、深くかぶられた『STAFF』と書かれた帽子を引っ手繰る。

「びっくりした?」

そこには、したやったり、とでも言いたげな表情でにやついているプロデューサーがいた。




[ 2018/12/04 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

渋谷凛「きっと、こういう日々が積み重なって」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542304496/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/11/16(金) 02:54:56.47 ID:p3JDxvnj0

 渋谷凛は悩んでいた。
 そして、眼前の喧騒を見るでもなく眺め、何度目かのため息を吐いて、どうしよう、とこぼすのだった。




[ 2018/11/16 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「ハロウィンと言えばさ」渋谷凛「うん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540910907/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/30(火) 23:48:27.53 ID:KwsE+mTl0

P「やっぱり仮装だと思うんだよ」

凛「うん」


P「だからさ」

凛「うん」

P「凛にはこのバニーガールの衣装を着て欲しいんだけど」

凛「…………うん?」

P「だから、バニーガールの」

凛「二回も言わなくていいから」

P「そうか」

凛「っていうか、今日一日そんなの持ってたの」

P「いや、ちゃんと隠しといたぞ。で、そろそろ凛が戻って来るかなぁ、と思って」

凛「……もしかしてそのためだけに残ってたわけじゃないよね」

P「……」

凛「ちょっと」




[ 2018/10/31 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

鷺沢文香「特別な一日にこそ、何でもないひとときを」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540566003/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/27(土) 00:00:06.18 ID:kQQBGx/C0

東から射し込む陽の光。

携帯電話が鳴動する音。

それらによって、私は目が覚めました。

まだ完全に開き切らない瞼のまま、枕元を手当たり次第に探します。

やがて、こつんという感触に行き当たり、ようやく携帯電話は静かになりました。

画面に表示された時刻を見て、頭がゆったりと回転し始めます。

起きて、顔を洗い、身支度を整え、お化粧をして、余裕があれば朝食を。

そんな具合で、やるべきことに優先順位をつけてみるなどするほどに、思考は平常の回転数を取り戻していきます。

一方で体はと言えば、未だベッドの縁に腰掛けたままでした。

大変な難関が立ち塞がっているためです。

第一工程から第二工程までの“立ち上がる”という難関が。




[ 2018/10/27 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

渋谷凛「これは何」モバP「か、カスタムキャストです……」

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/10/06(土)00:07:22 ID:CUK

凛「……えっと。で、これは何するゲームなの?」


P「こう……用意されたパーツを組み合わせて見た目が好みの子を作る~、みたいな」

凛「それだけ?」

P「他には、えっと、配信ができる……けど、その機能は使ってないからよくわかんない」

凛「そっか」

P「はい」

凛「じゃあ聞くけど」

P「はい」

凛「さっきプロデューサーが動かしてたのは、プロデューサーが作った子なんだよね?」

P「………………。あれは最初から入ってる子です」

凛「そうなんだ。じゃあ、私もそのアプリ入れてみるね」

P「待って待って待って待って」

凛「?」

P「嘘をつきました」

凛「うん」




[ 2018/10/06 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「なんか最近秋っぽくなってきたよな」渋谷凛「まぁ、うん。そうだね」

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/09/22(土)01:55:05 ID:iua

P「凛は秋好き?」

凛「うん」


P「どんなとこが?」

凛「暑くないし、そこまで寒くもないし。食べ物はおいしいし、秋の花も綺麗だし」

P「ハナコの散歩がお昼に行けちゃうし?」

凛「うん。それもあるかな」

P「夏は心配だもんなー。肉球火傷しちゃわないかなー、とか」

凛「そうそう。だから、秋はわりと好きだよ」

P「それはよかった」

凛「? なんかあるの?」

P「なんにもないけど」

凛「……」




[ 2018/09/22 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

北条加蓮さんの母親の話

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/09/19(水)00:23:56 ID:0EE

ある昼下がりのこと。

そろそろ娘が学校から帰ってくる頃だろう、と掃除の手を止め、台所に入ります。

髪を後ろで束ね、手を洗い、エプロンをつけたのちに、冷蔵庫の中を確認します。

買い物の必要はなさそうでした。

今ある食材で作れそうなものをいくつか思い浮かべ、適当に手近なものを取り出して、シンクの上に並べていきます。

さて、娘が帰ってくるまでに手早く作ってしまうとしましょう。




[ 2018/09/19 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

高校一年、文化祭実行委員長、神谷奈緒。

1 : ◆TOYOUsnVr. 2018/09/17(月)14:46:44 ID:mHj
中間テスト明けの、朝のホームルームで担任の先生が嬉しそうに声を張り上げて教卓から身を乗り出す。

「うっし。みんなおはよう! 中間テストお疲れさん!」

がやがやとした教室が一瞬にしてぴたっと静かになる。

クラスメイト達はみんな、先生に注目していた。

「さてさて、テストも終わったことだ。楽しいこと、やりたいよな!」

先生は、ばんと教卓を両の手で鳴らして、あたし達に微笑む。

教室のあちこちから「やりたーい!」と声が上がった。

それを先生は受けて、うんうん頷く。

「そうだよな! そこで! 今日の最後のクラスの時間は、楽しいことをしようと思う!」

言って、くるりと百八十度回転し、チョークを手に取る。

かつ、かつ、かつ、と勿体付けたように黒板に何か書いている先生を見て、クラスメイト達は、あてずっぽうで憶測を飛ばし合う。

「アレじゃね! 席替え!」

「あ、あるかも!」

「それかアレ! ドッジボールやるとか!」

「やりてー!」

などなど。

それはもう、謎の盛り上がりを見せていた。




[ 2018/09/19 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
ページランキング