このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

モバP「ラヴリーステップ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514952764/

2 : ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:14:41.55 ID:T+rrvaIc0
事務所

ほたる「はぁ……」


P「随分と辛気臭いため息だな」

ほたる「あ、プロデューサーさんおはようございます」

ほたる「大した話じゃないんですが……」

ほたる「ここに来るまで電車が遅延して、エスカレーターで押されて転びそうになって」

ほたる「自動ドアに拒否されただけですね」

P「お疲れ様。そういう時もあるさ」

ほたる「いえ、慣れてますから」

ガチャ

里奈「ちょりーす。お、プロデューサーこんちゃーす☆」


P「おはよう。早いな」

里奈「早く目が覚めちゃったー早く来た分寝坊した時勘弁して」

P「寝坊した時間によるな」

ほたる「……」

里奈「あ、ほたるんもこんちゃーす」




モバP「立年の大砲」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504423658/


4 : ◆RfwyoP3XQY 2017/09/03(日) 16:33:31.66 ID:cXuXQ3MGo
事務所

奏「……ねぇ」

P「どうした?」

奏「筋書きのないドラマって好きかしら?」

P「個人的には好きだけど、アドリブばかりだとドラマの収拾がつかなくなりそうだけどな」

奏「ふふ。そうね。それに関しては同意するわ」

P「しかしそんな仕事なんてあったか?」

奏「ないわ。私はアドリブ得意じゃないし」

P「そうなのか?」

奏「そう見えない?」

P「見えないな」

奏「そ。貴方から見えないということは他の人からもそう見えていないのかしらね」

P「だと思うけど」

奏「王道が好きなのよ」

奏「甘ったるくて胸焼けしそうなくらい使い古されたのが」




[ 2017/09/03 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「白魚の指」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498397447/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2017/06/25(日) 22:32:02.72 ID:byg5nC7to
事務所

P「……」

ちひろ「どうかしましたか?」


P「いえ、健康診断の結果を見てまして」

ちひろ「あぁ、この間やってましたね。どうでしたか?メタボじゃなさそうですけど」

P「えぇ、お腹周りとかは全く問題ありませんでしたね」

ちひろ「それじゃあ……高血圧か、コレステロールが?」

P「いや、許容値に入ってました」

ちひろ「それは良かったですね」

P「えぇ、まだ無理が効くんだなって実感しました」

ちひろ「一度くらい検査で異常が見つかった方が良いかもですね」

P「スタドリが肝臓に負荷掛けるとかありますか?」

ちひろ「それは自分の体が一番御存知じゃないんですか?」

P「健康体万歳ですね」

ちひろ「それは良かったです。あ、勿論変なモノなんて入れてませんから」

P「それは良かったです」

ちひろ「えぇ、一本いかがですか?」

P「いただきますね」




モバP「矜持の稜線」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483355745/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:16:58.03 ID:U3QN0AnDo
明けましておめでとうございます。
古典シリーズです。

3 : ◆RfwyoP3XQY 2017/01/02(月) 20:17:27.06 ID:U3QN0AnDo
事務所

幸子「ふふーん♪」


ちひろ「随分とご機嫌ですね。良いことでもありました?」


幸子「あ、ちひろさん。いえ、大したことじゃないんですが…」

ちひろ「?」

幸子「最近のスケジュールを見てまして」

ちひろ「あ、一杯ですね」

幸子「はい。ユニットでもソロでもお仕事があるのはいいなぁって」

ちひろ「バラエティ以外もありますもんね」

幸子「べ、別にバラエティも嫌いじゃないんですけどね…限度はありますが」

ちひろ「たまに見ててハラハラしますよ」




モバP「魔法は足元から」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478349016/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2016/11/05(土) 21:31:13.23 ID:IDxnsKvlo
こんばんは、古典シリーズです。

冬コミは残念ながら落選してしまいました。

3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/11/05(土) 21:31:43.13 ID:IDxnsKvlo
事務所?

P「おめでとう」

卯月「ありがとうございます」


ちひろ「お二人ともそればっかりですね」アハハ


P「まぁ、いいじゃないですか。こんな日くらい」

卯月「そうですよっ。ちひろさんもありがとうございました」

ちひろ「い、いえいえ。私なんて……」

卯月「そんな…ちひろさんがいたからここまで来れたんですっ!」

ちひろ「そうですか?お礼を言われるのは悪い気はしないですけども……」

卯月「はいっ!」

P「それにしても卯月がシンデレラ――」




モバP「撚糸の轍」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474812854/


3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/09/25(日) 23:16:13.05 ID:4Y2C3MR3o
事務所

泰葉「……ふぅ」


ちひろ「お疲れ様です」


泰葉「あ、ちひろさん。どうもありがとうございます」

ちひろ「あんまり無茶し過ぎないで下さいね」

泰葉「ありがとうございます」

杏「そそ。杏を見習ったら?」


泰葉「あはは……」

杏「ま。事務所の人達が杏みたいになったらそれはそれで問題かもね」

泰葉「まだなにも言ってないですけどね」

杏「ん。ちひろさんがそんなことを目で訴えてた」

ちひろ「うえっ!?」

杏「否定しない辺りが正直だよね。ま。いーけど」




モバP「大禍時の雨」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465737037/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2016/06/12(日) 22:11:21.85 ID:KeOjS5rPo
ご無沙汰しております。
古典シリーズです。

3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/06/12(日) 22:11:54.03 ID:KeOjS5rPo
事務所

周子「こーえーをあげることもなく、ひーとり静かに~」


ちひろ「あ、自分の歌ですね」


周子「そそ。聞こえてた?」

ちひろ「えぇ」

周子「なんか恥ずかしいねー」ポリポリ

ちひろ「そうですか?」

周子「少しだけね」

周子「そう言えば、ちひろさんがこの間事務所であたしの歌歌ってたって話聞いたけど」

ちひろ「うぇ!?」

ちひろ「だ、誰からですか?」

周子「ん?Pさん。仮眠室で寝てたら歌が聞こえてきたってさ」

ちひろ「…あの時いたんですか」

周子「上手だって褒めてたよ?」

ちひろ「そう言う問題じゃないですって」

周子「これはCDデビューも近いね」

ちひろ「しないですってば」




モバP「今日が俺の開幕」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462702667/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2016/05/08(日) 19:22:23.05 ID:0TimfP3Jo
以前書いていた野球シリーズというものになります。

今回のお話だけでも分かる話ですので読んでいただければ幸いです。

3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/05/08(日) 19:22:55.21 ID:0TimfP3Jo
事務所

ちひろ「プロデューサーさんちょっとよろしいですか?」


P「どうしましたか?」

ちひろ「いえですね…ちょっとこれを見て欲しいんですが…」

P「え?あぁ、俺の勤怠表ですか」

ちひろ「えぇ。休みましょうね」

P「えっと…」

ちひろ「全休はそりゃ厳しいかもしれませんけど、半休は取って下さいね」

P「そうですね。でも……」

ちひろ「私だって最低限のことは出来ますから」

P「流石ですね」

ちひろ「伊達に毎日座ってないですよ」

P「最近はコスプレとかしてましたね」

ちひろ「あれは…しゅ…なんでもないです」

P「しゅ?」

ちひろ「なんでもありませーん」

ちひろ(趣味とは言えませんよね…)




モバP「玄関と裏口」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462149254/

3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/05/02(月) 09:36:31.94 ID:jPfWq/Wo0
事務所

友紀「うーん」


P「どうした難しい顔して」

友紀「あ、Pさん。あたしそんな顔してた?」

P「してたと思うぞ」

ありす「まぁ、きっとお仕事関係のことではないでしょうけど」


友紀「さっすがありすちゃん。あたしのことよく見てるね」

ありす「褒めてないですよ?」

友紀「うん。褒められてる気は全然しない」アハハ

P「悩み事があるなら相談に乗るがどうかしたか?」

友紀「あ、いや、そろそろ野球始まるなぁって」

P「喜ばしいことなんじゃないのか?」

友紀「もちろん!だってセンバツもやってるしオープン戦もやってるし!」

P「そう言えば、オフの日なのでわざわざ事務所来たと思ったら朝からセンバツ、昼オープン戦、夕方センバツって

ローテーション勝手に組んでたな…」

友紀「事務所のテレビ大きいから仕方ないよね」

P「小さな音とは言え、一日中鳴り物が聞こえる事務所はウチくらいだろうな」

友紀「世の中ナンバーワンよりオンリーワンだよね」

ありす「私はナンバーワンになりたいですけどね」

友紀「まっ!そうだよね。うん、ありすちゃんは頑張らないと!」

P「ありすちゃんはってなんだよ……」

ありす「全くです」ハァ

P「そうだありす」




モバP「こわいもの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452479724/


2 : ◆RfwyoP3XQY 2016/01/11(月) 11:36:59.79 ID:ntlDgTkko
ご無沙汰しております。古典シリーズです。

今回は諸事情のため、古典シリーズⅤに収録しております話になります。

3 : ◆RfwyoP3XQY 2016/01/11(月) 11:37:29.42 ID:ntlDgTkko
車内

凛「楓さんとロケなんて珍しいよね」


楓「ふふふ。そうね」ニッコリ


凛「温泉のロケは初めてだからちょっと緊張するかも」

P「実はな菜々さんは予定が合わなくてなぁ」

凛「というと、私は代打?」

P「んー…そういう訳でもないんだけどな」アハハ




ページランキング