ヘッドライン

凛「卯月との初エッチ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1516205353/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2018/01/18(木) 01:09:13.65 ID:uHI7B9yT0
【モバマスSS R-18】です
※このSSに含まれるもの
・卯月と凛の百合えっち、地の文
・上記のうち一つでもダメな人はブラウザバックを

------------------------------

ほぼ最低限に抑えられた照明に照らされた室内。響くのは二人の少女の息遣いと、重ね合わされる肌の音。

凛「今の感じはどう、卯月?」


卯月「ひゃ……く……くすぐったいような……変な気分になるような……んっ」


凛「むずむずする?」

卯月「あっ、そ、そうです、そんな感じ……ふぁ……!」

アイドルとなって初めて出会い、数多の活動を共にして、ついに島村卯月と結ばれた渋谷凛は、
今日恋人同士となって初の島村家でのお泊りで、なけなしの勇気を振り絞って卯月との性行為に臨んでいた。

最初にしたいと言い出した時の不安は、甘く優しい匂いに包まれていた卯月の部屋に少しずつ淫音が満ちていく度に
消えていき、今ではすっかり落ち着いて卯月の体を触ることが出来ていた凛は、いよいよといった様子で手を
下へと下げていく。

卯月「ん……ひゃ……ぁ……凛ちゃん……そこは……」

これまでお腹や胸、唇に髪などを優しく触ってくれていた手がどこに向かっているかを理解した卯月は、ただえさえ
赤く染めていた頬をさらに羞恥の色に染めると、少しだけ抵抗するように凛の腕に指を伸ばす。

卯月「え、えと……私、こういうことをするの、本当に初めてで……誰かに見られたこともないから……」

凛「……大丈夫、任せて。私も初めてだけど、卯月に怖い思いはさせないから」




李衣菜「あれ? 智絵里ちゃん、先に帰ってたはずじゃ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513115580/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/13(水) 06:53:00.35 ID:skQSIMmE0
【モバマス・デレステSS】です


――――ラジオ局、ロビー

李衣菜「変だな……ねぇ智絵里ちゃん、一体どうして残ってるの?」

智絵里「あっ、お疲れ様李衣菜ちゃん。もうラジオのお仕事は終わったんですか……?」

李衣菜「うん、次回の収録の打ち合わせも済んでこれから帰るとこだよ。それで、智絵里ちゃんはどうしてここに?」

智絵里「……実は、李衣菜ちゃんを待っていたんです……って言ったら、信じてくれますか?」

李衣菜「え、ええっ!? そんな、今日急にゲストに来てくれただけじゃなくて帰りを待ってくれただなんて私迷惑かけて――」

智絵里「ふふっ、冗談ですよー」ニコニコ

李衣菜「がくっ……もぅ! 智絵里ちゃんが待ってるならもっと早く打ち合わせ済ませれば良かったって反省してたのにっ!」

智絵里「えへへ……ごめんなさい李衣菜ちゃん。でも今日李衣菜ちゃんのラジオ番組に呼ばれて、本当に楽しかったからつい……」

李衣菜「そっか。今日はいつも一緒にラジオを放送してる未央ちゃんが、別のお仕事でいなかったからさ」ポリポリ

李衣菜「上手く番組進行やれてた自信なくて……だから智絵里ちゃんが楽しんでくれたのは、私も嬉しいし勇気を貰えるよ」

智絵里「そうですか……? 李衣菜ちゃんが喜んでくれたなら、私も良かったです♪」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/13(水) 06:53:54.41 ID:skQSIMmE0
※多田李衣菜


※緒方智絵里




愛海「サプラーイズ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512743337/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/08(金) 23:28:58.01 ID:UCK/1Ltk0
【モバマス・デレステSS】です


――――パーティー会場の一角

愛海「やーやー! 記念ライブお疲れさま! そんな皆を驚かせたくて用意したものがあるから見てってくれない?」

乃々「……まさか、お山登りのための新技を編み出したり……?」

愛海「乃々ちゃんハズレ♪ そもそもこれだけ人が多かったら新技なんてなくてもお山と触れ合える機会はいくらでも……はぁん♪」

芳乃「愛海、あまり邪なことは考えぬようにー。今日はとてもめでたき日なのでしてー」

愛海「よ、邪なことじゃないよ! お山に登りたいというのは至極まっとうで人間的な……そう! つまり人類にとって永遠の」

芳乃「おやー、どうやら悲しいことにー、先に愛海を止めておかなければいけないとはー……しくしく」

愛海「うっ……わ、わかったよ、芳乃ちゃん悲しませたくないし、お山登りは一応控えめにします……我慢できる範囲でだけど!」

芳乃「それはまこと良いことですなー」ニコニコ

モバP「で、今更だがここに俺たちを集めた理由はなんだ? そろそろ美味い飯とか待ってるパーティー始まるぞ?」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/08(金) 23:29:56.29 ID:UCK/1Ltk0
※棟方愛海


※森久保乃々


※依田芳乃





【アズールレーン】青葉「人気投票!」サンディエゴ「Dグループだよ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512219030/


1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/02(土) 21:50:30.71 ID:EHgq0tKN0
【アズールレーン SS】です


――――寮舎前

サンディエゴ「んっふふふ~♪ 青葉ちゃん! こうして私を呼んだということは、ついに新しい記事を書いてくれる気になったのね!」

青葉「えーと、何度も言ってるけどそれはないからね?」

サンディエゴ「あれー!?」

青葉「今回呼んだのは過去二回、乱入してきた貴女をどうするかって考えたことがあってさ。前回の赤城さんの件もあるし」

サンディエゴ「あの人怖かった……」

青葉「取材には危険がつきもの。けど、何度もあんな目にあってたら流石に私も体が持たないし……だから、協力をお願いしたくて」

サンディエゴ「協力?」

青葉「これから行く取材先では、魔物に囚われた人達から話を聞く必要があるの。その時、荒っぽいことが起きる可能性もあるんだ」

サンディエゴ「ま、魔物!? そんなのがここにいるの!?」

青葉「いるっていうか、ここに『ある』かな。だから何かあった時、サンディエゴさんのお力を借りられたらなーっと」

サンディエゴ「うーん、魔物ってのが気になるけど頼られるのは悪い気分じゃないから、いいよっ!!」ニコニコ





飛鳥「どうしたものか……」志希「悩み事かね子猫ちゃん?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512134762/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/01(金) 22:26:02.81 ID:7lb7K8zv0
【モバマス・デレステSS】です


――――12月1日、プロダクション、事務室

飛鳥「いきなり現れて誰が子猫だ天才娘。そもそも、猫キャラはキミのほうだろう」

志希「にゃーん♪ にゃはは、そんなに呆れた……あー、ちょっと怒った顔しない。ステイステイ!」

飛鳥「まったく……ところでこんなところにいて良いのかい。仕事は」

志希「抜け出してきた♪」

飛鳥「……ちょっと待っていろ、すぐプロデューサーに電話して」

志希「ちょ、冗談冗談! 今日はちゃんとお仕事終わらせて来たから~! 連絡するのはナシナシ!」

飛鳥「それじゃあなにか、暇潰しでもするために、ここに顔を見せに来たのか」

志希「そーそー。なにか面白そうなこと起きてないかなーって見回ってたら、妙に深刻そうな顔した飛鳥ちゃんを見つけたってとこ!」

飛鳥「そうか。面白いことなら今丁度アニバーサリーのイベントをやっている。そっちに行くと良い。じゃあな」

志希「飛鳥ちゃんつめたーい。で、ほんとのとこは何見てたのか見せてよ。というか見ちゃおう! そーれ!」シュッ

飛鳥「あっ、こら勝手に!」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/12/01(金) 22:27:23.22 ID:7lb7K8zv0
※二宮飛鳥


※一ノ瀬志希




【アズールレーン】青葉「人気投票C 」赤城「どうして」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511532005/


1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/24(金) 23:00:14.43 ID:ihm7nZup0
【アズールレーン SS】です


――――発着場

青葉「赤城さん!? お、お早いお着きで……でもまだ取材時間では」

赤城「どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして」

青葉「ひぇっ」

赤城「……どうしてこの赤城が1位ではないのでしょう……? 指揮官様は、赤城を好いておられないとでも……?」

青葉「い、いえ今回Cグループは確かに1位のユニコーンさんが突出しているとはいえ、残りはまだどうなるか分かりませんし」

赤城「それでも、すでに私が指揮官様にとって一番大切だと証明される機会は失われたということですわよね……?」

青葉「あ、えと、それは、その……」

赤城「あぁなぜ、なぜ! なぜなんですの!? これだけお慕いしておりますのに……尽くしていますのに……!!」

赤城「理解が出来ませぬ……信じたくもありません……やはりこれは、ここに目障りなものが多いためでしょうか」

赤城「それとも……どこぞの巫山戯た記者が、ことあるごとに私が危険などという根も葉もない噂を指揮官様に届けたためでしょうかねぇ……?」

青葉「いや、それは、その……えっと」

赤城「ねぇ青葉……? 私、あなたに少し聞きたいことがあるの……うふふふふ」

2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/24(金) 23:00:56.82 ID:ihm7nZup0
※青葉


※赤城




【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510949786/


1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/18(土) 05:16:26.50 ID:gL1Rt8K90
【アズールレーン SS】です


――――海軍食堂

青葉「と言っても予想していたとおり厳しい戦いになってるってね。ま、それはこれ、記者は記者の仕事をしますよっと!」

青葉「そんなわけで、早速Bグループで現在上位の方々にお話を伺っていきたいと思いまーす!」

プリンツ・オイゲン「急に呼び出されたと思ったら……ふぅん? 取材ってわけ?」

青葉「お忙しいとこすみませんね~。本当はこちらから出向くのが筋なんですが、やはり上位の方には同時にお話を聞きたくて」

フッド「この方々とおしゃべりを、ということでしょうか? それならば、喜んで参加させて頂きます」

加賀「私は前回の記事を読んだ限り、これは指揮官に対する気持ちを語る場と認識しているが?」

イラストリアス「まぁ、まぁまぁ♪ そういう場なんですの? でしたら私、とってもいっぱいお話できますわ!」

青葉「加賀さんが私の記事を読んでくれてるのは嬉しいっすけど……やっぱ皆のアピール載せるとそういう認識になっちゃうかぁ……」

加賀「誰も彼もが少なからず指揮官に向けた言葉を語っている記事を見て、他にどう認識しろという」

青葉「皆さんのことをもっと知ってもらうために書いた記事ですから、出来れば記事の子の優秀な所や可愛い所を紹介した部分を」

ジャベリン(?)「可愛さなら私負けませんよ!!」

2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/18(土) 05:17:37.20 ID:gL1Rt8K90
※青葉


※プリンツ・オイゲン


※フッド


※加賀


※イラストリアス




【アズールレーン】青葉「人気投票開始!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510342570/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/11(土) 04:36:11.20 ID:7dEEEPCG0
【アズールレーン SS】です


――――ドック

青葉「というわけでまず最初はAグループ上位の方々から、意気込みなんかを取材させてもらいまーす!」

エンタープライズ「人気投票……? なんのことだ」

翔鶴「指揮官達の間で行われている、私達のことをどれだけ好きかを競い合うイベントだそうですよ♪」

高雄「わ、私はそのような浮ついたことを指揮官達がしているなど聞いていないぞ!」

翔鶴「あら? その割には高雄さん、水着を着て指揮官にアピールされていたような……」

高雄「見ていたのか翔鶴殿!?」

翔鶴「いいえ~? ただ『もしかしたら』のことを口にしただけでしたのに、本当にされていたなんて……ふふふ♪」

高雄「なぁ!? う……うぅ……」///

青葉「……あの、取材させてもらっていいんですよね?」

翔鶴「ええもちろん。この取材内容は指揮官に見せるのですよね?」

青葉「当然そのつもりですっ! なので指揮官にアピールしたいことがあるならどんどん喋ってくださいよ?」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/11/11(土) 04:37:01.99 ID:7dEEEPCG0
※青葉


※エンタープライズ


※翔鶴


※高雄




ちひろ「にゃーにゃー」みく「えぇ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509400373/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/31(火) 06:52:54.03 ID:mUO1BmW30
【モバマス・デレステSS】です


――――10月31日、プロダクション、事務室

みく「え、えとちひろさん? 確かにみくはもっとネコチャンっぽくするといいにゃとは言ったけど、そんな」

ちひろ「にゃー」スリスリ

みく「ほ、頬ずりしちゃだめにゃ! Pチャンや李衣菜チャンにもまださせたこと……じゃなくて!」

ちひろ「にゃー!」ポフポフ

みく「あ、頭も優しく叩いちゃだめにゃ……こんな、もう! ちひろさんしっかりするにゃー!」

ちひろ「にゃぁ……?」キョトン

みく「うっ……そ、そんな可愛い顔してもダメにゃ……というか、ちひろさん、そんな顔も出来て……」

ちひろ「にゃにゃ!」ニッ

みく「んぅ……こ、これはまずいにゃ、こんな姿のちひろさんを見られたらまたみくの猫キャラの立場が危うくなるにゃ」

ちひろ「にゃぁん♡」スリスリ

みく「はぅ! あ、で、でもこのちひろさんほんとヤバイにゃ……頭おかしくなっちゃいそうにゃ……///」

ちひろ「にゃ!」

2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/31(火) 06:53:27.57 ID:mUO1BmW30
※前川みく


※現在のちひろのイメージ




みく「李衣菜チャン、彼氏出来たの……?」李衣菜「はぁ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508712349/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/23(月) 07:45:49.99 ID:RWmaqWdv0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

李衣菜「な、なに言ってるのみくちゃん!? 突然呼び出されて正座させられたのも訳がわからないけど、彼氏!? 誰に!?」

みく「李衣菜チャンににゃ!! とぼけても無駄だからね、みくも昨日ついに聞いちゃったんだからっ!」

李衣菜「なにを!?」

みく「李衣菜チャンが男の子と楽しくお話してるとこをにゃ! 最近流れてるウワサ、みくは信じたくなかったのに……!」

李衣菜「え、ウワサ……え?」

みく「知らないの? 最近李衣菜チャンが電話で男の子と楽しそうに話してるのを見たとか、男の子に口説かれてるのを聞いたとか!」

みく「そういったウワサが流れてたんだよ? 知らないの!?」

李衣菜「そ、そうなの? まさかそんな、誰かに見られてウワサになってただなんて……」

みく「そ、その反応、やっぱり本当に……!」

李衣菜「あーええと、みくちゃん? 多分そのウワサなんだけどさ」

みく「黙って!!」

李衣菜「はいっ!!」ビクッ


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/23(月) 07:46:27.08 ID:RWmaqWdv0
※前川みく


※多田李衣菜




ページランキング