ヘッドライン

時子「アァ? 今日が法子の誕生日ですって?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507583607/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/10(火) 06:13:28.12 ID:auAvmE9i0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

時子「そんなこと、言われなくても知っているわよ。ちひろが以前からカレンダーに書いていたもの」

つかさ「だったら早く祝いに行ってあげたほうがいんじゃね? ちょうど今、色んなメンツでパーティーしながら祝ってるようだし」

時子「あらつかさ、貴女がわざわざそんなことを気にするなんて、どういう風の吹き回しかしら?」

つかさ「いや別に。でもほら言うじゃん、親しき仲にも礼儀ありって。大事だろ、そういうのさ」

時子「礼儀が必要なほど親しくはないわよ、私とあの子は」

つかさ「えっ」

時子「なによ」

つかさ「いや、マジで言ってんの時子さん? マジならちょっと引くわ、ないわー」

時子「……躾けるわよ?」

つかさ「そいつは勘弁。でもあれだけ懐いてくれてる相手に親しくないってのはどうよ?」

時子「向こうが勝手にしているだけのことよ。私としては……正直なところ、理解できないわ」ハァ


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/10(火) 06:14:07.00 ID:auAvmE9i0
※財前時子様


※桐生つかさ





麗奈「悪魔の気持ちになったらちひろみたいになる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507150226/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/05(木) 05:50:26.38 ID:DN5ggIsG0
【モバマス・デレステSS】です


――――プロダクション、事務室

仁奈「麗奈おねーさん、どうしたらいいでごぜーますか……?」

麗奈「うーん、そもそもまず悪魔の気持ちになる理由は何なの」

仁奈「仁奈、今度のはろうぃんイベントのために新しい衣装を貰ったでごぜーます。それで衣装に合った気持ちになろうと思って……」

麗奈「で、悪魔の気持ちになってみたらちひろみたいな感じになって困ってると。なるほどねぇ」

仁奈「このままじゃ、ちゃんとお仕事できねーですよ……」ションボリ

麗奈「……ふむ。ならとりあえず、試しにこのレイナサマに見せてみなさいよ。その悪魔の気持ちになった姿」

仁奈「ふぇ?」

麗奈「もしかしたら、ちひろっぽく感じてるのは仁奈だけってこともあるでしょ? それを調べるのよッ!」

仁奈「おぉー! さすが麗奈おねーさんでごぜーます! その手があったかーっ!」

麗奈「さ、わかったらさっさとやるの。レイナサマの気は短いからねッ!」

仁奈「はーい! じゃあすこし待ってくだせー! すぐに悪魔の気持ちになるですよ……!」ムムムッ


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/10/05(木) 05:51:20.65 ID:DN5ggIsG0
※小関麗奈


※市原仁奈




フレデリカ「ありすちゃーん!」ありす「なんですかフレデリカお姉ちゃん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506209095/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:24:56.23 ID:/LO9fMVM0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

フレデリカ「いやー用ってほど、じゃ…………え?」

ありす「だったらくっつかないで下さい。タブレットが見づらいです」

フレデリカ「え、や、その……ありすちゃん?」ユサユサ

ありす「揺らさないで下さい。もう、なんですかフレデリカお姉ちゃん」

フレデリカ「え、えと……あ……う……」カァァ///

ありす「……どうしていきなり照れているんですか」

フレデリカ「だ、だってそんな、ありすちゃんが不意打ちでそんな……フレちゃん困っちゃう……///」

ありす「いつにもまして意味が分からないんですが……大丈夫ですかフレデリカお姉ちゃん」クビカシゲ

フレデリカ「はうっ! ありすちゃんの愛情ひょーげんが強すぎて耐えれないカモ……///」

ありす「だから、意味が」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/09/24(日) 08:25:38.03 ID:/LO9fMVM0
※宮本フレデリカ


※橘ありす





奈緒「アタシってクールだよな!?」智絵里「は、はい……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504130750/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/31(木) 07:05:50.82 ID:8AwhoeQB0
【モバマスSS】です


――――都内某所、カフェ店内

智絵里「奈緒ちゃんは、クール属性ですよね……? 私、実は間違えて覚えていたとか……」

奈緒「いや合ってる問題ない! うん、そうだ、智絵里ならそう言ってくれると信じてたっ!」

智絵里「あの……奈緒ちゃん、どうしたんですか? お茶に誘ってくれて嬉しかったですけど、いきなり……」

奈緒「あ、ごめんなアタシだけ興奮しちゃって……いや、実はちょっと智絵里に相談したいことがあってさ」

智絵里「相談……ですか? 私に答えられることなら……」

奈緒「そんな難しいことじゃないって。ほら、アタシって属性組分けでクール属性になってるだろ?」

奈緒「なのに最近さー、アタシに対する評価が『キュート!』『可愛い!』ってクールっぽくないのが多くて……」

智絵里「で、でもアイドルのお仕事で可愛いって言われるのは、良いことですよね……?」

奈緒「そりゃそうなんだけど……ほら、それだけじゃなくて一部の奴からの態度っていうか扱われ方というか……」

智絵里「……もしかして、加蓮ちゃんや凛ちゃんのことですか?」

奈緒「そう、そうなんだ! あいつら事あるごとにアタシのことを可愛いって弄ってくるのおかしくないか!?」ダンッ

智絵里「いや、だったんですか……?」キョトン


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/31(木) 07:06:20.97 ID:8AwhoeQB0
※神谷奈緒


※緒方智絵里





加蓮「花火大会中止って……」李衣菜「あれ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503168287/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/20(日) 03:44:47.51 ID:OXrfTGRf0
【モバマス・デレステSS】です


――――プロダクション、エントランス

加蓮「そんなぁ……折角楽しみにしてたのに……」

李衣菜「お疲れ様、加蓮ちゃん!」ポスッ

加蓮「わっ!? ……なんだ李衣菜か、何か用?」

李衣菜「えっ? あ、いや、用があるってほどでもないけど、姿を見かけたから声かけてみようかなって思って」

加蓮「あっそ……なら丁度いいか。李衣菜、暇なら少し愚痴聞いてくれない?」

李衣菜「へ? またなにかあったの?」

加蓮「あったもなにも現在進行系で――」

――ピカッ!!

――DOOOOM!!

加蓮「ひゃ!? ……もう! この天気のせいで最悪なんてもんじゃないの!」

李衣菜「あぁ……もしかして、さっきからスマホ眺めて哀しそうな感じだったのって」

加蓮「この雷とか大雨のせいで楽しみにしてた花火大会が中止になったんだから! ……ほんとどうして……ひどい……」ションボリ


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/20(日) 03:45:32.54 ID:OXrfTGRf0
※北条加蓮


※多田李衣菜





拓海「ゼェ……」亜季「ハァ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503005924/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/18(金) 06:38:45.25 ID:DRotArcl0
【モバマス・デレステSS】です


――――プロダクション正面入口前

里奈「あれ? あそこに見えるのたくみんとあっきー? ねー、二人共なにしてるぽよー!」

拓海「見て……分かるだろ里奈ァ! 競争、してんだよぉ!」ゼェゼェ

亜季「そうで、ありまーす!」ハァハァ

里奈「えぇー、こんな暑い中で走ってダイジョブな感じなのー!」

拓海「……正直、どうだ亜季?」ゼェゼェ

亜季「ゴールを決めずに走り、だしましたから、そろそろなにか幻覚が見えて来そうでありますな……」ハァハァ

拓海「同感、だ……! なら丁度いいから里奈のとこをゴールにすっぞ! 先に到達したほうが勝ちでいいよな!」

亜季「その提案に喜んで乗りましょう! ならば、お先に!!」ダダダッ

拓海「あっ! この、待ちやがれ!!」ダダダッ

里奈「あれあれ? なんか、二人共こっちにくる系?」

拓海「里奈! そこ動くなよ! しばらくゴールになってろ!!」


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/08/18(金) 06:39:18.40 ID:DRotArcl0
※向井拓海


※大和亜季


※藤本里奈




李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500375709/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/07/18(火) 20:01:49.53 ID:pp8sqwj+0
【モバマスSS】です


――――プロダクション、敷地内カフェ

ワイワイガヤガヤ

「うっま……え、なにこれ……うまい!」「もうだめだ……落ちた……」
「疲れたなぁ……なんかすげえ怖そうな人いたし……」「結果楽しみだな」

ワイワイガヤガヤ

李衣菜「今日は妙に人が多いなぁ……空席全然なさそうだし、どうしたんだろう?」キョロキョロ

李衣菜(しかも店員さんの姿も見えないし……相談しようと思ってたけど、これは無理っぽいかも)ションボリ

李衣菜「しょうがない、とりあえず今日は――」

ダダダダッ!!

李衣菜「うん?」

菜々「お、おまたせしましたー!」ズサーッ

李衣菜「うわっ菜々ちゃん!?」

菜々「ぜぇぜぇ……おっほん、お客様お待たせして大変申し訳ありませんでした。席のご用意ができまし……あれ?」キョトン


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/07/18(火) 20:02:31.37 ID:pp8sqwj+0
※多田李衣菜


※安部菜々




志希「どうしよー……」飛鳥「なにをしているんだ……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1497943286/


1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/06/20(火) 16:21:26.99 ID:pXqFaeuq0
【モバマスSS R-18】です
※注意事項
・志希がふたなり、飛鳥に若干のMっ気、百合に感じるかもしれない描写、地の文あり
・上記のうち一つでもダメな人はブラウザバックを

------------------------------


いつの間にか二宮飛鳥の役目となってしまった一ノ瀬志希を迎えに行くという行為。
なぜ自分がと毎回思いつつも、自然と足が動いてしまうのだから仕方ないなと諦めた様子だった飛鳥は、
もはや通い慣れた部屋の扉を開けて、その光景を目撃してしまった。

志希「……ん、にゃ……ふぁ……!」

飛鳥「……え?」

志希の格好は上半身に白衣を羽織っただけの、見慣れていてもやはり年頃の女の子がするには無防備すぎるもの。
それはまだ飛鳥にとってどうでも良かった。問題は、そんな姿の志希の右腕が分かりやすく
股間に伸びており、彼女の顔はどこか切なげで赤みを帯び、甘い声すら響いていることである。

志希「んんっ……はぁ……ほんと、どうしよー……」

飛鳥「なにをしているんだ……?」

志希「にゃ……? あれ?」

思わず声に出してしまった飛鳥はしまったと後悔するが、声につられて振り向いてきた志希は、飛鳥の姿を見ると
少しだけ腕の動きを緩めながら首を傾げ、なぜ、といった表情を作っていく。




晴「友紀、オレどうすれば……」友紀「ええっと……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457822071/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2016/03/13(日) 07:34:32.04 ID:ElmDI+0R0
【モバマスSS R-18】です
※注意事項
・晴がふたなり、友紀が淫乱、百合に感じるかもしれない描写、地の文あり、本番はない
・上記のうち一つでもダメな人はブラウザバックを

------------------------------

イベント会場から帰ってきてすぐ、事務所の仮眠室から出てこなくなった結城晴。彼女を心配し部屋を訪れた姫川友紀は、
突然目の前でパンツを脱ぎ捨てた晴の行動に困惑し、そしてその小さな身体には不釣り合いなほど大きなモノが股間に
付いていることに気付いて頬を赤く染めていた。

友紀「あはは……ど、どうしたの晴ちゃんその立派なバット……なんて冗談言ってる場合じゃないよねコレ……」

それは紛れも無く男性器と呼ばれるモノであり、本来は間違っても晴のような少女にあってはならないものである。
なぜそんなモノがあるのか理解出来ない友紀は、涙目で自分を見つめてくる晴に事情を聞いていく。

友紀「それどうしたの……? トークバトルショーから帰ってきて晴ちゃん様子がおかしかったけど、なにがあったの?」

晴「オレにもよく分かんねえよ……! ただ、トークバトルショーが終わってから身体が変な感じで、気付いたらこんな……!」

自分の身体に生えた男性器に手を触れてびくりと身体を震わした晴は、その刺激から少しでも逃れようとするかように少し目を閉じる。
呼吸は荒く、顔も明らかに興奮気味であるが、それが自分の身体に起きている異変だとは認めたくないのかもしれない。

友紀「そっか……なら、思い出せる限りでいいんだけど、なにかトークバトルショーで変な物を飲んだり食べたりした?」

晴「……普通に水と弁当、くらいしか……でも、そういや……それくれたスタッフの顔がいつもと違う奴だったような……んくっ!?」





法子「ドーナツ!」有香「うーん……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495109323/

1 : ◆R4LxbbyKhE 2017/05/18(木) 21:08:43.88 ID:e/gN6a7L0
【モバマスSS】です


――――事務所

有香「分かりましたっ! おなかがすいた、ですね?」

法子「ドーナツ」フルフル

ゆかり「違うみたいですよ有香ちゃん」

有香「うっ……だったら、今日は何食べようかな、でしょう!?」

法子「ドーナツ」ガックリ

ゆかり「それも違ったようですね……もしかして有香ちゃんがお腹空いていたりしますか?」

有香「え、いやそんなことはっ! しかし……すみません降参です。法子ちゃん、なんて言ったんですか?」

法子「……」カキカキ ペラ

【有香ちゃんっていっつも可愛いよね!】

有香「なるほど、有香ちゃんはいつもかわい……ってええ!?」

ゆかり「はい、有香ちゃんは毎日可愛くて、見ているだけでとても癒やされます。いいですよね」ウンウン


2 : ◆R4LxbbyKhE 2017/05/18(木) 21:09:46.28 ID:e/gN6a7L0
※椎名法子


※中野有香


※水本ゆかり




ページランキング