ヘッドライン

【艦これ】陽炎、こじらせる

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443703264/


6 : ◆OopsY78p7. 2015/10/01(木) 21:44:32.84 ID:l6Cnqsp00


奴らの会話を聞いたのは朝食のために食堂に向かう途中だった。


不知火「陽炎、貴女もしかして寝不足ですか?」


陽炎「ち、違うわよ!」


不知火「正直に言ってください」


廊下の隅で言い合いをしている陽炎と不知火を見つけた。
確かこの後、二人とも遠征だったはずだ。
体調に問題があるなら他の奴に代わってもらうべきだろう。


提督「どういうことだ?」


不知火「司令…」


陽炎「司令!?」


俺の登場に陽炎が驚く、俺が無駄にデカいこととは関係は無いだろう。
こいつの事だ、不調を隠して出撃するつもりだったのだろう。


不知火「先程言った通りです。陽炎の顔色が優れないので、もしかしたらと」


提督「成程、どれ……」


陽炎「え、ちょっと……!?」


顔色を確認しようと顔を下げると陽炎は慌てて両手で顔を隠した。
どうやら意地でも出撃したいらしい。
少し強引だが両手を掴んで確認させてもらう。


提督「んっ……、確かに疲れているようだな、悪いが今日は休んでもらうぞ」


顔色が良くない、言い合ったり驚いたりしていた割にあまり元気そうではないな。
あの事があってしばらくだが、今まで通りというのは難しいのだろう。
ただ、休ませるだけでなく何かしてやった方がいいだろう。

そんな事を考えていると不知火が陽炎の変化に気づいた。


不知火「陽炎……?」


改めて陽炎の顔を見てみると疲れた顔はそのままに真っ赤になっている。


陽炎「あ、あ、あ……」


真っ赤な顔のまま眼を見開いて俺に握られたままの両手を凝視している。




【艦これ】陽炎の憂鬱

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442628707/

2 : ◆OopsY78p7. 2015/09/19(土) 11:13:08.13 ID:H47tgFGS0



陽炎「失礼しました!」


そう言って執務室を出て行ったのは本日着任した陽炎型一番艦、陽炎だ。



第一印象は元気で快活といったものだ。
彼女の様な同級生がいるだけで俺の学生生活は煌びやかになったはずだろう。

面白くもない士官学校の思い出に思わず顔をしかめながら、陽炎の考察を続ける。
あまり見た目の良い方ではない俺に全く反応することはなく、物怖じせずハキハキと挨拶してきた。
また、戦闘に対する不安などは見受けられなかった。
むしろ、戦いたいという意思が感じられた程だ。


提督「叢雲、どう思う?」


叢雲「知らないわよ、見てわかるものでもないでしょ」


書類整理をしていた秘書艦の叢雲に意見を求めたが、帰ってきたのはつれない返事だった。


提督「同じ艦娘だからこそ、分かるものがないか聞きたかったんだが……」


叢雲「悪いけどサッパリね。それに、この手の話に一律の答えなんてないでしょ」


書類から目を離す事なく俺の期待をバッサリと切ってくれる秘書艦、優秀過ぎて泣けてくる。
臨機応変に対応するしかない、か。
挨拶だけでは判断材料が少なすぎる。
まぁ、それでも、


提督「問題はなさそうだな」


安定している。少なくともすぐに問題となることはないだろう。
他の情報は明石や世話を任せた神通にでも聞けばいい。

面倒事が山積みな現状で彼女のような艦娘は有難い。
十分な戦力になってくれることを期待しよう。






ページランキング