ヘッドライン

【ミリマス】周防桃子『おとぎばなしで、きっと』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1641810112/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2022/01/10(月) 19:21:53.20 ID:170ffVuV0
アイドルという魔法はもう解けてしまっていて、わたしは──桃子は、普通の周防桃子に戻っていく。
ぽつりぽつりとまばらに照らされたステージの上で、桃子はひとりそんなことを考えていた。
ふと誰もいない客席へと目を向ける。
薄暗くて、静かで……。
少しだけ胸の奥に穴が空いたような気持ちだった。





【ミリマス】馬場このみ『3月19日』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1616122809/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/03/19(金) 12:00:11.40 ID:wEzeH4cQ0
あの時君がくれたものは少しあったかくて、いつしか宝物になった。
けれど、新しい扉の向こうには、あの時照れくさそうに笑った君が居なかった。
君はあの時のことを覚えてるのかな。きっとこの想いは、ずっと胸の奥のまま。
初めて出会った今だから、もう一度。
──もう一度、恋をしよう。




【ミリマス】馬場このみ『衣手にふる』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560266015/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2019/06/12(水) 00:13:35.92 ID:BdiXsnKQo
「んん……っ。」

彼女は読んでいた資料の束から顔を上げ、静かに集中を解いた。
ここ、劇場の事務室には談話スペースが置かれており、誰も使っていないときにはローテーブルを挟んだ奥側のソファーでこうした読み物をするのが彼女の習慣となっていた。
彼女が意識を外に向けたとき、開かれた窓から木々が揺れる音を連れた爽やかな風が吹き込んで、そっと彼女の髪を揺らした。
梅雨入りして以来雨が続いていたが今日のような晴れ間は季節柄ありがたく、事務室のどの窓も大きく開かれ、自然の風を取り込むようになっていた。

馬場このみは読んでいた資料をテーブルに置き、談話スペースから出た。
彼女のプロデューサーも事務員である青羽美咲も出払っているため、いま事務室にいるのは彼女だけである。
部屋の端にある冷蔵庫から、作って冷やしておいた麦茶を取り出して、氷を入れた透明なグラスに注いでから、また談話スペースへと戻る。





馬場このみ『Touch my heart.』【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528729204/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2018/06/12(火) 00:00:09.94 ID:fE378DvDo
「アイドル」。
その言葉の意味は、それを認識する人の数だけ答えがあるのだろう。
偶像と仮面。出会いと成長。道と輝き。そして、夢と願い。
それはきっと、彼女自身にとっても同じこと。
この想いがあるから。それでも、信じたいものがあるから。
無数の線は──。




【ミリマス】馬場このみ『私と、彼女。』.

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515146597/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2018/01/05(金) 19:03:17.51 ID:dxik6X9do


とある演劇の舞台で起こった事件の、その前日譚。
この人物は今では周囲から「往年の大女優」と。そう呼ばれている。


──────────────────────────────




ページランキング