ヘッドライン

【デレマス】半熟娘、実りの秋。たわわな果実をどうぞ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541922045/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/11/11(日) 16:40:45.19 ID:N3obT77DO
―夢

―夢を見ました



―それはとっても不思議で

―温かくて



―でも少し悲しい夢でした




【デレマス】半熟娘、蜜の味はいかが?

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541244800/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/11/03(土) 20:33:20.88 ID:XWYMGZ/DO
―数日前、ハロウィンの日

―事務所

モバP(以下P)「まいったなぁ……用意してあったお菓子が全部無くなってしまった」

イタダキマー

オカシタイリョウデゴゼーマス

アメクレー

P「元来の意味で用意した蕪と、南瓜も持っていかれたし」

リョウリスルッチャ

ウフゥ、マユモリョウリシマスネェ

P「あと残るはポケットにあるクッキーと……」ポンポン



P「誕生日にあいつに渡したいこれぐらいか」

つ【名前入り指輪】

P「……今はまだ13歳だけどいいよな?」




【ミリシタ】ツムツムツム……

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540381565/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/10/24(水) 20:46:05.36 ID:MPIunvNDO
「あ……お兄ちゃん…ダメぇ……」

「どうしてかな?ちょっと触っているだけなのに?」

「ふぁァ……ん!んんっ!も、桃子が気持ちいいわけじゃ……んクッ!!」

「ほらほら、口を閉じてないと涎が止まらないぐらい気持ち良くなるぞ」

「だいたい、お兄ちゃんが…ン!んんんァあっ!?やぁぁぁァァっ!」

―少女は枕に頭を押し付けると急に黙ってしまう

―その代償に息を絶え絶えにして




コツコツコツ




[ 2018/10/25 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(5)

【デレマス】背中越しの85センチメートル

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535856823/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/09/02(日) 11:53:43.43 ID:MaQ9pMtDO
「次は、所属フリーで前川みくの歌です」

みく「よ、よ、よ、よろしくお願いす、するにゃあ!」

ワーワー



みく「はぁ……緊張したにゃ。でもダンスはバッチリだったにゃ!」

モバP(以下P)「前川……みくさん?」

みく「あ、あんたは……ふふん、いいのかにゃ?」

みく「今、あんたのとこのアイドルが歌っているのに、見てやらなくて」

P「それは大丈夫だ」

みく「ふ、ふん!大層な自信だにゃ」

P「……」

P「なら、一緒に彼女のパフォーマンスをみるかい?」

みく「……」



みく「せ、せっかくだから敵情視察だにゃ!」





ワーワーワーワーワーワー

「ありがとうございます!島村卯月、頑張ってます!」タブルピース



みく「嘘……みくの時より……そんな」

みく「……っ」ガクッ

P「お、おい、大丈夫か?」



みく「悔しいけど、観客の声も雰囲気もみくの時とは大違いだにゃ……」

みく「なんで……どうして……」



P「あいつもな……」

P「一時期はスランプで悩んでたんだ」



『笑顔なら誰でもできるもんっ!!』



みく「え……でも」

P「今のあいつの笑顔は」



P「ライブ会場のすべての人に送られたものだ」




【デレマス】半熟娘。秋の行事を探しに

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/10/14(日)11:13:34 ID:g9s
千枝「ぷ、プロデューサ……さん……その」

千枝「し、縛ってください!」

モバP(以下P)「……ん、わかった」

P「じゃあ、いくよ」



シュルシュル

千枝「あ……」

ギュッ

ありす「すごい……もうあんなに」

桃華「……もう動きませんわね」

千枝「ふわぁ……」



光「な、なんかピンチのシーンみたいでドキドキするな」ドキドキ

梨沙「て、手慣れてるけど、まさか何度か経験があるんじゃ……」

P「まぁな……よし、できたぞ」キュッ

由愛「うわぁ……でも綺麗です」ドキドキ




【デレマス】雪美「……したいこと……たくさんある」

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/09/28(金)23:06:46 ID:GU4
モバP(以下P)「したいこと?」

雪美「……ん」コクン

P「それはアイドルという意味でなのか、それとも雪美個人ということなのか……」



雪美「ん……」

雪美「……両方?」




【デレマス】半熟娘。夜のプールへいらっしゃい……?


1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/09/24(月)17:39:06 ID:04Q
―海岸

悠貴「あはははっ!置いていっちゃいますよ!」

―ビキニ姿の悠貴が走り出す

悠貴「えへへ。これ、初めて一人で買いに行ったんですよ」

クルッ

悠貴「どうですか?似合いますか?」

―スレンダーなボディ。陸上をやっているだけに引き締まった足。13歳らしく控えめな胸部

―視線を感じて少し怯える悠貴

悠貴「えっと……その……」

悠貴「あ……あまりじっと見ないでください……恥ずかしいですよ」モジモジ

悠貴「初めて見せる人が……その…あなたですけど……その」モジモジ

悠貴「も、もう!あそこの岩場まで先にいっちゃいますからね!」

悠貴「ふーんだ!えっちな人は置いていっちゃいますよーだ!」

―また走り出す悠貴

悠貴「おにさんこちらですよー!」




【デレマス】半熟娘、夏の想い出を下さい

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535679992/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/31(金) 10:46:33.21 ID:np0Nbn5DO
――海

――誰もいない砂浜を二人歩く

千枝「Pさんと、こうして海を一緒に歩くのは初めてですね」

モバP(以下P)「あぁ、いつもは撮影か、L.M.B.Gのみんなと一緒だからな」

P「ま、明日から学校も始まるし、夏の海ともしばらくお別れだな」

千枝「そうですね……」



千枝「あの……Pさん」クルッ

P「ん?」

千枝「千枝がこうやってアイドルになってなかったら、千枝はあなたの隣をこうして歩いていられたのでしょうか?」

千枝「……もし、千枝がアイドルに……もし、Pさんじゃない人に出逢っていたら……」

P「……それはわからないな」

千枝「……」

千枝「……むぅ」プクー

千枝「そこは嘘でも、一緒だって答えてください」プンプン

P「ははっ」



P「でも」

P「俺の隣は千枝がいて、千枝の隣には俺がいる。そんな現実じゃ駄目かな?」

P「ま、実際問題、担当の子に手を出している最低な」

ギュウゥゥ

P「お、おい」



千枝「えへへ……ここにいる間。この海岸を歩いている間だけでも、Pさんの左腕は千枝のモノですよー!」



千枝(ありがとう……ございます)



――少女の目にうっすらと浮かぶのは涙であろうか




【デレマス】桃華「夏休みの夜。私の浴衣姿ですわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1534680457/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/08/19(日) 21:07:37.21 ID:Ct2H5RgDO
ピーヒャラ

ドンドン

ガヤガヤガヤ

モバP(以下P)「到着したぞ」

桃華「わぁ……こほん!すごい人だかりですわね」

P「まぁ、夏休みも終わるし、台風が近づいてるから来週がどうなるかわからんからな」

P「さてと……お祭りに来たが人混みに紛れるといけないし」

スッ

P「手を繋ごうか」

桃華「あら。私、子どもではありませんわ。ふふふっ」



P「……」ニコッ

P「失礼しました、レディ。今宵を私とご一緒に過ごされませんか?」スッ

桃華「まぁ」



桃華「その申し出、謹んで承らさせていただきますわ」ギュッ




【デレマス】ありす「好きから始まるアイドル」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533044319/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/31(火) 22:38:39.82 ID:WoOVXTQDO
ありす「なんで……なんでですか!」

ありす「あの時、私を導いて……アイドルにして……それからあなただけのシンデレラにしてくれるって…いっ…て」グスッ

―少女の言葉は最後まで出すことができず

ありす「あ……待って……待ってくだ……さい」

―そして永久に

ありす「あなたに……感謝も……まだ……」

ありす「グスッ……こんな恋なら……好きにならなければ……」



―愛しい人と会うことはできなくなった

2 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/31(火) 22:40:32.75 ID:WoOVXTQDO
橘ありす誕生日SSです

短いです

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします




ページランキング