ヘッドライン

【モバマス】響子「理想のデート」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1494086429/

1 : ◆JfOiQcbfj2 2017/05/07(日) 01:00:29.39 ID:upUN87ha0
R-18なきょうさきです。
書き溜めを投下しますので、よかったらお付き合いください。

2 : ◆JfOiQcbfj2 2017/05/07(日) 01:01:32.67 ID:upUN87ha0
「あの、沙紀、さん……」

 いつものベッドの上で響子は仰向けの姿勢で寝ていた。寝慣れた環境であるはずなのに彼女の身体は何故かガチガチに強張っていた。

「なんすか?」

 響子の呼びかけに割と淡白な返答が真上から返ってきた。

「いえ、あの、お願いしたのは私なんですけど、これは……」

 呼ばれた沙紀は響子の上に馬乗りになって見下ろしていた。彼女の緊張の最たる原因はそれに違いない。

 そんな響子は両腕を沙紀に柔らかく抑えられていた。決して振り解けない強さではないが、彼女は抵抗することをしなかった。

「嫌っすか?」

 沙紀の表情は変わらない。対する響子はその真逆で恥ずかしそうに顔を赤らめたり、おどおどと慌てたりとにかく忙しそうにしていた。

「そ、そんなことは、んぁっ……!」

 突然、響子の甘い声が寮の部屋に響いた。彼女の首筋に沙紀が軽く唇をつけたからだ。

 沙紀はそのまま特に何かするわけはなく、只々堪能するようにそのまま止まってしまう。

 たまらないのは響子のほうであった。首を中心に弱い刺激が徐々に広がりながら身体は痺れていくし、気まぐれに沙紀が首筋を弱く吸うとピクンと無意識に身体は跳ねてしまうなど、とにもかくにも出来ることなら布団を頭まで被り丸まりたいと心の底から思っていた。それが叶わぬ願いだとわかっていながらも。

「響子ちゃん……」

 沙紀はゆっくりと唇を離して、響子の瞳をじっと見つめた。彼女の戸惑いと僅かに情欲の混じりあった色に少しだけ申し訳なさそうに目を伏せる。が、すぐに再び見つめ直すと今度は首ではなく響子の顔、さらに詳しく言えば唇に顔を寄せていく。

「…………」

 響子は何も言わない。ただ静かにゆっくりと目を閉じた。それを確認した沙紀は胸の高鳴りが大きく早くなるのを制御できずにいた。

「んっ」

 柔らかい唇同士が重なった。一瞬、響子の身体がピクリと反応する。接吻を落とした沙紀の身体は溶けるような熱さの興奮に襲われていた。




【モバマス】まゆ「ママゆ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475054343/

1 : ◆JfOiQcbfj2 2016/09/28(水) 18:19:03.85 ID:UB/pX29A0
唐突にママゆという単語が頭に浮かんでしまったので、書いてしまいました。

読みづらかったり、誤字、脱字など諸々あると思いますが、見ていただけるとありがたいです。


2 : ◆JfOiQcbfj2 2016/09/28(水) 18:20:19.65 ID:UB/pX29A0
 強い雨が降っている日だった。

 時間帯が夜に入りかけということもあってか気温は下がる一方で、吹き抜ける風は秋を少し通り越したような寒さを感じさせる。
 佐久間まゆはその寒さに少し震えながらも、しかし明るい足取りで事務所に向かっていた。

「天気予報を見ていて正解でしたねぇ」

 年相応の薄いピンク色の傘は、空から落ちてくる水滴を受け止め、ボツボツと音を立てている。
 しかし、今日のまゆはその音すらもひとつの楽器のような印象を受ける程、気持ちが舞い上がっていた。

「今日は一体どこに連れて行ってくれるのか楽しみですねぇ。ふふっ」

 別にまゆは雨の日が誰よりも好きというわけではない。

 それであればなぜ、まゆのその足取りが明るく陽気なのかというと、それは彼女のプロデューサーが、ディナーに誘ってくれたからであった。

「さ、早く事務所に向かわなきゃ……あらっ?」

 しかし、そんな明るい足取りがはたと止まる。
 それはバッグにしまっていた携帯のバイブレーションに気づいたからだ。




【モバマス】モバP「エロトラップダンジョン?」【R-18】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456497982/

1 : ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:46:22.93 ID:dJDQR+TJ0
診断メーカーのエロトラップダンジョンというものから思いつきました。

異種姦的要素が強めです。

よろしくお願いします。

2 : ◆JfOiQcbfj2 2016/02/26(金) 23:47:32.03 ID:dJDQR+TJ0
モバP「パソコンを開いたら……なんだこれ、『エロトラップダンジョン』?」

モバP「なんだ、なんか妙にそそられるタイトルだが……」

モバP「えっと、何々?名前を入力するとその人がエロトラップにかかる?」

モバP「シンプルだな。今ちょうど暇だしやってみるか」

モバP「ん?なに?これを読んでから名前入力してスタート?」

モバP「 https://shindanmaker.com/a/570937

モバP「いや、言ったところで意味があるのか?まあ、いいや。じゃあせっかくだし……」

モバP「島村卯月」




ページランキング