ヘッドライン

モバP「熟カレー派です」 ちひろ「こくまろ派です」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505754186/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/09/19(火) 02:03:06.90 ID:3NWdmM7P0
モバP(以降P表フゴフゴ!)「…」カタカタカタカタカタカタカタカタ

P「……」カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

P「………」カタカタッターン

P「……ふぅ」

P「………」

P「…ふむ」

P「…」

P「……」

P「………」

P「よし」カパッ

ちひろ「よし、じゃないですよ」


P「あれ、いたんですかちひろさん」

ちひろ「ずっと真向かいで仕事してましたよ」

ちひろ「何してるんですか」

P「何をしているように見えます?」

ちひろ「大量のカレーが入ったお鍋の蓋を開けているように見えますね」

P「惜しい。鍋じゃなくて寸胴です」

ちひろ「どうでもええわ」

P「いや、だってほらカレーってふとした時に無性に食べたくなりません?」

ちひろ「働いてください。って畜生全部終わらせてやがる」

P「よしよし、いい感じに出来てる。チッヒも食べます?」

ちひろ「勤務時間中に事務所の中でカレー頬張るのってどうなんですか?」

ちひろ「大盛りでお願いしますね」

P「マッテローヨ」ヨソヨソ




肇「今宵、月はなくとも」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504719121/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/07(木) 02:32:01.94 ID:FaFdAcST0
ガチャッ

肇「あ、おかえりなさいプロデューサーさん」


肇「わっ、ビショビショじゃないですか!ちょっと待っていてくださいね。今タオルをお持ちしますから」

肇「はい。取り合えず上着を脱いでください。そのままでは風邪を引いてしまいますよ」

肇「エアコンをつけて……と。暖かいもの用意してきますね。体を冷やさないようにしていてください」

肇「ああ、もう…ワイシャツまでビショビショになっちゃってます」

肇「それも脱いじゃってください。風邪引いてしまいますよ?」

肇「はい。タオルでよく拭いておいてください。すぐに暖かいお茶を持ってきますから」

肇「着替えは確か仮眠室でしたよね?一緒に持ってきます」

肇「プロデューサーさんはそこでしっかり体を暖めていてください。私がやりますから」

肇「ええっと…確かここの引き出しの中に…」

肇「あっ、あったあった」

肇「こんなに着替え常備して…また事務所で寝泊まりしてるんだろうなぁ」

肇「…」

肇「…プロデューサーさんのシャツ…」

肇「………」

肇「はっ、はいっ!?ありました!着替えありましたから今持っていきます!」




[ 2017/09/09 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

ちひろ「たまには飲みにいきませんか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504073031/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/08/30(水) 15:03:51.55 ID:O+6rUnay0
カタカタカタカタカタカタッターン ボンッ

モバP(以降P表記?次は必ず…見てなさい)「ふぅ…」

ちひろ「お疲れ様です。終わりましたか?」


P「ええ、大体のネタスレ巡回は」

ちひろ「働けよ」

P「失礼な。仕事のほうは出社前に終わらせましたよ」プンスカ

ちひろ「何しに来たんだよ」

ちひろ「…まぁいいです。私も丁度片付いたところですし、たまには飲みにいきませんか?」

P「ちひろさんに飲まされるのは煮え湯と苦汁でしょうかね」

ちひろ「ここに貴様の作ったばかりのガンプラがあります」スチャッ

P「やめろォ!完成したばかりの小日向ベアッガイ!!」

ちひろ「まったくもう。暑い日が続きますし気を使って誘ったらこの憎まれ口ですよ」

P「単にちひろさんに飲み仲間がいないだけ…あっスンマセン謝りますからプラモ離して」

ちひろ「ほんとにもう…。じゃあ着替えてきますから」

P「またいつもの店ですか?」

ちひろ「ええ、そのつもりですけど。何か?」

P「いや、今日はあそこのスタンプカード持ってきて無いなぁ、って」

ちひろ「私が持ってますから大丈夫ですよ。それじゃあお疲れ様です」

P「はい。お疲れさまでした。じゃあまた明日」

ちひろ「また後で!」




ちひろ「夏祭りですよプロデューサーさん」 モバP「入場料幾らですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503503522/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/08/24(木) 00:52:02.76 ID:pbUrL1Wq0
ちひろ「セイハーッ!」ゴスッ

モバP(はわぁ~以降P表記です~)「たとばっ!」

ちひろ「どうしてそう、貴方って人は二言目には憎まれ口なんですかねぇ」プンスカ

P「ごふっ…二言目じゃなくて一言目だったんですけど」

P「んで、夏祭りがどうしたんですか。流石に今年は事務所の中身丸々祭り会場には出来ませんでしたよ?」

ちひろ「一応試しはしたんですね。でもご安心を。窓の外をご覧ください」

P「飛べと?」

ちひろ「ご要望とあらば突き落としてあげますけどその程度で怪我しないでしょう?」

P「アンタ俺を何だと思ってんだよ」

ちひろ「バケモノ」

ちひろ「それはさておき」

P「さておくなぁ」

ちひろ「まぁまぁ、ほらほら中庭のほうを見てくださいよ」

P「中庭?何ですか、モバコインカードで家でも建てましたか?」

P「…って、何じゃありゃあ!!」




ドーン ドドーン フフーン! ウサッ!




ありす「中庭丸ごとお祭り会場なんて凄い事務所ですね。これ全部一晩で用意したらしいですよ」

晴「もうココで何が起きても驚かねぇよ。んでもって今年の橘は出店する側なんだな」

ありす「はい。一度こういう事も体験してみたかったので」

晴「まぁ楽しそうっちゃ楽しそうだもんなぁ」

ありす「と、言うわけで。晴さんもお一つ如何ですか?出来立てイチゴパスタですよ」

晴「悪ぃ。オレまだこの歳で逝きたくねぇんだ」

ありす「どういう意味ですか」




ありす「待ってくれてもよかったのに…」 晴「いつまで言ってんだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501428646/


1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/31(月) 00:30:46.33 ID:Sjh9DhNe0
ありす(22)「いつまでだって言いますよ」ドンッ!

ありす「多少遠回しだったとは自分でも思いますけど、乙女の一世一代のプロポーズをあの人は!あの人は!」

晴(22)「買ってきたモン冷蔵庫入れちまうぞ」

ありす「あの人はぁぁぁ!」バンバンッ

晴「もう遅い時間なんだからあんま騒ぐなよ。テーブル叩くな枝豆飛び散るだろ」

ありす「うにゅぅぅぅぅ~…!」

晴「ったく…。お互い明日オフだからって宅飲みに誘っといてお前先に出来上がってんじゃねぇか」

ありす「飲まずに、やってられないんですよぅ…」グビッ

晴「ほどほどにしとけよ。そうじゃなくても最近事務所で「高垣2号」とか言われてるんだし」

ありす「初耳なんですけど。あれ、前は「ユッキ2号」とか言ってませんでした?」

晴「これ以上不名誉な称号増やしたくないならもうちょいシャキッとしろよ。仕事中はマトモな癖に」

ありす「…仕事に支障が出たらプロデューサーさんにご迷惑じゃないですか」

晴「その分別を1割でいいからプライベートにも向けてくれよ。ほれ、一度空き缶ビニールに詰めるから寄こせ」

ありす「晴さんも飲みましょうよ、たまには」プシュッ

晴「あっコラ。人が片付けてるのに開けんな!」

ありす「この前は久しぶりに思いっきり飲んだじゃないですかぁ」ヒック

晴「…そういう時だってあるんだよ。オレにも」

ありす「プロデューサーさんからお子さんが出来たって報告受けた夜は凄かったですもんねぇ」

晴「るせぇ!忘れろっ!」

ありす「忘れられる訳が無いじゃないですかぁ~!」エーン

晴「そっちじゃねぇよ!あーもう!最初からクライマックスじゃねぇかこの酔っ払い!」







一応コレの続き(?)ですが特に読んでいなくても何の問題も無かとです

ありす「待ってもらえなかった」 晴「またその話かよ…」




智香「お疲れのプロデューサーさんを癒します!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499269875/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/06(木) 00:51:15.71 ID:83bDSmYR0
智香「デオドラント~ファブリーズ~呉島光実~♪」スタスタ

智香「…あれ?事務所のドア開いてる」

智香「あ、プロデューサーさんだ。プロデューサーさ…」

モバP(以降P表記?足でやらせてよ足で!)「……つかれちゃったな」

智香「っ!?」

P「ん?」

智香「っ!」ササッ

P「あれ、今パッション系17歳アイドルの気配がしたけど…気のせいか」

P「ま、いいか。それより続きをせねばな」ゴソゴソ


智香「……」

智香(あ、あの超人無敵元気社畜のプロデューサーさんがお疲れ!?)

智香(っていくら何でも失礼だよね…プロデューサーさんだって人間なんだもん)

智香「…」チラッ

P「あー、まだこんなに書類残ってるよ…」

智香「…」

智香「……」

智香「………ロッカーに確か置きっぱなしにしてたよね」

智香「…」

智香「……よしっ」



P「何が「ほんの少しだけ手伝ってもらえませんか?」だよ、あの緑の鐘カネゴンめ。ほんのちょっとって量じゃねーよ」

P「あー畜生。すっかり千川にウソつかれちゃったな」




モバP「誕生日の芳乃が超絶へっぽこになった」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499007681/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/07/03(月) 00:01:21.48 ID:W9WGvBEx0
モバP(出来たぞ、以降P表記だ!)「と、言う訳でお誕生日の芳乃さんや」

芳乃「はいー、お誕生日の芳乃ですー」


P「何か欲しいものは」

芳乃「そなたがー」

P「食い気味」

P「流石に人身売買は無理だなぁ」

芳乃「残念でしてー」シュン

P「本気だったんかい」

P「ほらほら、他に何か無いか?何でも言」

芳乃「歌舞伎揚げがー」

P「食い気味っ」

P「歌舞伎揚げなら戸棚にも冷蔵庫にも俺のガンプラケースの中にもみっちり入ってるだろ。まずはアレを食べなさい」

芳乃「むむー」

P「気持ち悪いぐらい簡単にちひろさんがオフくれたし、何処か連れて行こうか?」

P「サイボクハムでも鉄道博物館でも菓子屋横丁でもスーパーアリーナでも」

芳乃「ゴロゴロしましょうー」

P「お前さん意外と出不精だよね」

芳乃「そなたそなたー、ゴロゴロですー、ゴロゴロですー」グイグイッ

P「ちょっ、力強い袖抜けるから。袖引っこ抜けるから!スギちゃんみたいな服になっちゃうから!」

芳乃「ほーっ」ビリッ

P「袖ぇーっ!!」






凛「すんすん……あれ、今日プロデューサー休み?」


ちひろ「ええ、芳乃ちゃんの誕生日ですから」


凛「あぁ…じゃあ仕方ないね。プロデューサー休ませてあげないと大変だもんね」

ちひろ「本当ですよ。お仕事入ってますよ、って言ったら次の瞬間千葉県だけ急浮上しましたし」

凛「ムテキゲーマーばりのチートだね、芳乃って」




モバP「夜食を食べようとするとアイドルとエンカウントする」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498664471/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/29(木) 00:41:11.51 ID:mlUI2ek70
モバP(以降P表記ダ!スシ食べるカ?)「……よし、この調子で…」

ガチャッ

凛「あれ、プロデューサーまだ残ってたんだ」


P「凛こそ、もうこんな時間なんだから早く帰らないと駄目だぞ?」

凛「収録がちょっと長引いちゃってさ。…あのさ、今、暇?」

P「見ての通りなんだが」

凛「何してるの」

P「何してるように見える?」

凛「卵をひたすら縦に重ねてるように見えるけど」

P「正解。よし、次7個目行くか」

凛「うん、壮絶に暇そうだね。ちょっといい?」




P「ご飯?こんな時間に?」

凛「うん。夕飯ちゃんと取れなくてさ。何か無い?」

P「お前ね、俺がいつでもどこでも食べ物常備してるとか思ってない?」

凛「え、無いの?」

P「オレオとハッピーターンとハイチュウしかねぇよ」

凛「常備してるじゃん」

P「…待ってなさい。さすがに年ごろの娘がオヤツを夕飯代わりにするのは捨て置けん」

P「確か給湯室の炊飯器に……お、あったあった。結構あるわ」

凛「わぁ…」クキュル~

P「随分可愛いお腹の虫やね」

凛「う、うるさいな。お腹空いてるんだってば」




肇「良き人と過ごす良き一日を」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497506944/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/06/15(木) 15:09:05.06 ID:DVcNJXd20
肇(皆さんこんにちは。藤原肇です)


肇(最近急に暑くなってきたと思えば夜はまだまだ肌寒かったりと寒暖差の激しい日が続きますがお体の調子は宜しいでしょうか?)

肇(…え?今日はいつもの職人姿じゃない?違いますっあれは陶芸用の作務衣です。うどんを打つためのものではありません)

肇(それに流石に外出の際にまで作務衣を着たりなんてしません。…なんでガッカリされるのでしょう)

肇(…中々珍しい恰好?あ、はい。一応私の一張羅と言いますか…ええ、今日は少しだけ特別なお出かけなので……はい、特別なんです。…えへへ)

肇(僭越ながら、今日は私の誕生日なんです。プロデューサーさんがわざわざ私をこの日オフにして下さって…え?あ、はい。そうですお出かけです)

肇(…そろそろ待ち合わせ時間になりますがプロデューサーさんのお姿がまだ見えません。…あ、はい。そうです。今日はプロデューサーさんとお出かけです)

肇(えっ?で、デートだなんてそんなそんなそんな!…ただ、先日の総選挙の3位という未だに現実味の沸かない快挙のお祝いも兼ねてということで……えへへ)

肇(…それにしても遅いですね。いつもなら随分前に来ていて何処かに隠れていたりするのですが…あ、噂をすれば何とやら、です)

肇(今日は仕事抜きのプライベートという事でプロデューサーさんもスーツ姿ではありません。ふふ、なんだか少し不思議な感じがします)




肇「プロデューサーさん、こっちです。こっち」フリフリ

肇(あ、私に気づいたみたいです。真っ青な顔でこちらに向かってトコトコと…)

肇(……)

肇(…真っ青?)

モバP(以降P表記だよ。ポテト食べていい?)「…おーっす肇ぇ…」

肇「ど、どうしたんですか!?凄い顔色ですよ!」

P「遅くなってすまんなぁ……元気?」

肇「貴方が元気無いじゃないですか!」




[ 2017/06/17 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

奏「ちょっと相談があるのだけど」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497370178/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 01:09:38.10 ID:xHEbkr5F0
志希「ん~?どしたの深刻そうに見える顔して」

奏「ええ、割と私としては深刻だから」

志希「んでんで、どったの?最近誰ともちゅーしてなくて禁断症状?」

奏「ちょっと、人のことを何だと思ってるのよ」

志希「キス魔?」

奏「……違うわよ」

志希「んっふっふ~、奏ちゃんはビジネスキス魔キャラだもんね~」

奏「それ絶対仕事中に言わないでよね?」

志希「それで?あ、プロデューサーが休憩室でお悩み相談室やってたよ~。行ってみたら?」

奏「あの人は職場で何しているの」

志希「個性爆発事務所だからね~、メンタルケアは大事だよ?」

奏「爆弾ばかりであちこちで誘爆してるじゃないの」

志希「にゃっはっは~♪まぁあたし達も人の事は言えないか~」

奏「私はまとめ役でしょ?」

志希「え?」

奏「え?」

志希「…えっと、今なら相談室空いてると思いますよ?」

奏「ちょっと待って。ねぇ私のキャラって今巷でどうなってるの?ねぇ、ちょっと目ぇ合わせなさいハスハス!」





注・奏Pごめん




ページランキング