ヘッドライン

モバP「誕生日のみくが野良猫ばりに警戒心強い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519228705/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/02/22(木) 00:58:25.98 ID:1skcAdjz0
「「「誕生日おめでとー!!」パァン!



みく「わわっ!え、みんなわざわざこんなに集まってくれたの?あ、凄い料理とケーキまで用意されてるにゃ!」


「もちろんプレゼントも用意してますよー?ジャーン!はいっ、私からはおニューの猫耳です!」

みく「ありがとにゃあ!本当に嬉しい…大事に使わせてもらうにゃ!」

「あ、私からも猫耳なんだけど…」

みく「全然構わないよ嬉しいよ!」

「ニェート…私も、なんですけど」

「私もよ」

みく「おおぅ…みく=猫耳って認識なのかな?でもその気持ちが嬉しいにゃ!ありがたく使わせてもらうよ!」

「実は私からのプレゼントも猫耳なんですが…」

みく「どんとこいにゃ!」

「アタシも猫耳なんだけど…」

みく「構わん構わん!」

「あたしも猫耳プレゼント~。ちゃんと脳波を感知してピコピコ動くからね~」

みく「ハイテク!」

「みくちゃんに猫耳は流石に安直だとは思いましたがみくちゃんですし逆に安直なぐらいが良いかと思って猫耳です!」

みく「色々言わなくていいセリフくっついちゃってるけどありがとうにゃ」

「豚」

みく「猫だよ」

「ベッドの上でもネコなのでしょうか…」

みく「年上にこんな事言うのも失礼だけど何言ってんだアンタ」

「フゴゴゴ!フゴフゴ!フゴゴ!」

みく「お口の中空っぽにしてから!」

「ふぉふぇふぇふぉうふぁふぉふぇひふぇー」モグモグバリボリ

みく「お口の中!」

「つみれで猫耳作ってみたんれすけどー」

みく「生臭い!」

「誕生日おめでとう。みけ」

みく「みくだよ!」




凛「バレンタイン」 まゆ「パーティーです」 みく「にゃ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518533026/


1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/02/13(火) 23:43:46.37 ID:NHuX6fPU0
未央「さぁさぁ!今年もやってまいりました年に一度の乙女の祭典!バレンタインーッ!!」

卯月「わーい」ドンドンパフパフ

凛「こうしてみんなで遊ぶのも何回目だろうね。今回は少し趣向が違うよ」

みく「遊び!?こちとら毎回命がけにゃあ!!」

まゆ「あ、毎度の事ながら既にまゆ達は椅子にベルトと足枷で拘束されています」

未央「ハイライト消えながらも状況解説ありがとうまゆちゃん」

凛「と、言うわけでバレンタインだし今回はチョコだよ」

みく「届かぬ願いだとは分かっているけど助けて!」

卯月「それでは早速ルール説明しますね!」

みく「チクショウやっぱり届かねぇにゃ!」

まゆ「うふ…大丈夫。きっとまた会えますよね…生き延びて必ず貴方に会いに行きますねぇ…Pさん」

未央「ちなみにプロデューサーはチョコの過剰摂取で絶賛寝込み中だってさ」

まゆ「ここから出してくださぁい!まゆがっ!まゆが看病に行きますっ!!」ジタバタ

凛「そりゃあ担当アイドル全員分のチョコ食べたらお腹も壊すよ」

卯月「半分近くゲテモノチョコですしね!」

未央「ゲテモノ渡したのはしまむーも同じじゃん。アイドル以外にもちひろさんとかトレーナーさん達とか色んな人から貰ったみたいだし」

みく「だからって無理して全部食べなくても…律儀なのかアホなのかどっちなの」

凛「どっちもじゃない?」

まゆ「まゆがっ、まゆが看病をぉおお!!」ジタバタバタバタ

凛「ほらほら、今から体力消耗してたら後が持たないよ。この後看病が必要になるのは私たちになるかもしれないんだしさ」

みく「淡々と他人事のように…って既に凛ちゃんの目のハイライトさん休業しちゃってるにゃあ」

未央「無理なものは無理。人生において諦めっていうのは別に悪い事じゃあないんだぞぉ?」

みく「あ、こっちもか」

まゆ「Pさぁん!Pさぁあん!!」

卯月「では早速ルール説明お願いしますねココノツボシ!」

未央「増やしすぎ!」








?「モガモガモガ!!」

?「モガッ!モガガ!」

?「モフッ、モフッフ!」

?「フモッフ!」




注・ニュージェネとまゆみくによるまったり女子会です




ちひろ「そのデスクどうなってるんですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517998206/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/02/07(水) 19:10:07.16 ID:R4tY9UIi0
モバP(以降P表記、ぷにぷにですよ~)「ほほう、これは中々…」カタカタカタカタ

ちひろ「すみませんプロデューサーさん、ホチキスの芯って持っていませんか?」

P「あるよ」ガタッ

P「はいどうぞ」

ちひろ「ありがとうございます」

P「200円です」

ちひろ「その減らず口縫い付けたろか」

P「ヒィッ」

ちひろ「まったくもう!」プンスコ

P「あれ、この前雑貨品の買い出し行った時に買わなかったんですか?」

ちひろ「いえ…買った事は買ったんですけど」

P「…」ヒョコッ

ちひろデスク「やあ」ゴッチャア

P「うわ机の上超汚ねぇ」

ちひろ「き、今日はたまたまです!色々と仕事が重なって…」

P「結婚できないパターンですな」

ちひろ「その瞼縫い付けてやろうか」

P「やめてくださいビルド観れなくなる」

ちひろ「そう言えばプロデューサーさんのデスクっていつも意外と綺麗ですよね。意外と」

P「ハハッ、心が綺麗なものですから」

ちひろ「あははははははははははははははははははははは!!」

P「くっ!助走つけて殴りたい!」

ちひろ「何かコツとかあるんですか?あ、今お仕事大丈夫ですか?」

P「構いませんよ。なろう小説読み漁ってるだけですから」

ちひろ「何してるんですか」

P「コレなんか面白そうですよ。HN三ノ宮明日香の『授業中にテロリスト~異世界でトンファー無双~』。みんなに勧めてみようかなと」

ちひろ「おいやめて差し上げろ」




モバP「17歳になったら同世代アイドルがはっちゃけた」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516896910/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/01/26(金) 01:15:10.72 ID:LxInPwDk0
志希「やっほ~元気してる?」

モバP(以降P表…無茶振りだよ)「年相応に元気だよ。誰かさんがまたトラブル起こしたりしなきゃな」

志希「にゃっはっは~♪困ったちゃんがいたもんだねぇ」

P「困ったちゃん率高すぎるんだよこの事務所」

志希「まぁまぁ。ほらキャンディどうぞ~」ズボッ

P「もがっ」

志希「どう?美味しい?美味しくなくない?」

P「…普通の飴ちゃんだね」コロッ

志希「ところでさー。偶然2.30代の成人男性を17歳に若返らせるクスリが出来上がったんだけどね?」

P「お前このタイミングで言うかそれ!」

P「ぐぅっ!急に体が熱く…!?」

志希「んっふふー♪成功みたいだねぇ~」

P「フオオオオオオオオッ!!」バリビリビリバリ

志希「おおっ早速変化が見え始めたねぇ」

P「WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYーーーッ!!」

志希「ん~これは良いデータが取れそうだにゃ~♪」ツンツン

志希「んにゃ?」

芳乃「はいな」

志希「………ワオ」

芳乃「辞世の句を詠みましてー?」ニコッ

志希「へ、へるぷみー!」





菜々「あれれ?志希ちゃんいないんですかー?」ガチャッ

菜々「もぉー…みんなのおやつ用の飴ちゃん袋ごと持ってっちゃうんですから…。あ、ありましたありました」

菜々「心なしか中身が増えているような……気のせいですかね?」ハムッ

菜々「………あれ、膝の痛みが」




モバP「暇ぶっこいてるから幸子で遊ぶ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516210635/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/01/18(木) 02:37:15.73 ID:ID2zkMOO0
モバP(以降P表記。もう慣れましたぁ)「……」カタカタカタカタカタカタカタカタ

P「………」カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

P「…」ッターン

P「ガンブレ新作決定か…ヤベェなこれ。プロデューサーやってる場合じゃねぇぞこれ」

P「…」カタカタカタカタカタカタカタ

P「…」ッタカターン

P「……」

P「暇だなぁ」

P「デスクワークは終わってるし営業はアッキーが行ってくれてるし千川は常務とガンプラ買いに行ったし…」

P「…アイドルのみんなも絶賛仕事中だし」

P「……帰っちゃ駄目かな?」

P「ネットサーフィンも飽きたし…せめて他に誰か来てくれればなぁ」

P「…事務所の掃除でも…あっ駄目だ。五十嵐クリーニングがピッカピカにしてるわ」

P「仮眠室で昼寝…あっ駄目だ。愛海を簀巻にするのに布団使ってるんだった」

P「…本当に帰っちまおうかな、もう」

ガチャッ

幸子「カワイイボク、参上!」

P「あ、オモチャが来た」

幸子「おはようございます。おやプロデューサーさんだけなんですか?って言うか今何て言いました」

P「おはよう幸子。出会い頭に畳みかけてくるなぁ」

幸子「何だか暇そうにしてますねえ。アイドル事務所として大丈夫なんですか?」

P「心配ご無用。暇してるのは俺だけだから」

幸子「働いてくださいよ」

P「働いた後なんだよ」

P「やる事無くてもう帰っちまおうかと思ってたところに丁度オモチャが来てだね」

幸子「今度は聞き逃しませんでしたよ!オモチャと言いましたね?今ボクをオモチャと言いましたね!?」




みく「ドッキリじゃなくてもはや衝撃映像にゃ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515686895/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/01/12(金) 01:08:15.85 ID:j/AJYOGm0
みく「ドッキリ?みくに?」

ちひろ「いえいえ、安心してください」

みく「ほんとに?そう言って油断させてから本マグロ突っ込んだりしない?」

ちひろ「しませんて」

みく「ほんとのほんとに?」

ちひろ「ほんとのほんとに」

みく「ほんまに?」

ちひろ「ほんまですからその天地魔闘の構え解除してください」

みく「…あと1回だけちひろさんを信用するにゃ」スッ

ちひろ「あれ、私意外と信用薄い」

みく「みくにじゃないならどういう事?あ、みくが仕掛け人って事かにゃ」

ちひろ「今から説明しますね。まずはこちらのモニターをどうぞ」ピッ

みく「どこかの控室が写ってるにゃ」

ちひろ「今からここにプロデューサーさんとアイドルがやってきます」

みく「ふむふむ」

ちひろ「当然アイドルの方は部屋の中を盗さモニタリングされているとは知りません」

みく「盗撮って言いかけたよね。まぁ事実盗撮だけど」

ちひろ「収録も終わり控室に戻って一安心。部屋の中はプロデューサーさんと2人きり」

ちひろ「気が緩んだアイドルは気心の知れた相手と2人だけ。今日はもうこの後お仕事も無いので油断もとい気が緩みます」

みく「ちょいちょい言い方が不穏」

ちひろ「てな感じで、普段お茶の間では見せないアイドル達の素の姿をご覧頂こう。という企画です」

ちひろ「あ、もちろんプロデューサーさんは仕掛け人側ですので」

みく「ふむふむ…あれ?この企画にみくの必要性は?」

ちひろ「お茶の間に流してOKな絵面か否かジャッジしてください」

みく「ヒヨコのオスメス判別するみたいなノリで!」

ちひろ「ほら、普段見せない意外な一面ってグッと来るじゃないですか」

みく「永遠に隠し続けて欲しかった一面だったらどうするの」

ちひろ「あ、そろそろ最初の娘が来る頃ですね。ではよろしくお願いしますね」ガチャッ バタンッ チーヒッヒッ

みく「ちょ!みくまだ「やる」とは言ってないのに!」

みく「…仕方ないにゃあ。これもお仕事だもんね。あ、胡散臭いオッサン入ってきたにゃ…ってPチャンか」




モバP「今日も事務所は平和…なんで目ぇ逸らすんですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513181005/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/12/14(木) 01:03:26.19 ID:SUNE7Y250
ちひろ「いえ、ツッコミ待ちなのかなぁ面倒臭ぇなぁ、と思いまして」

モバP(以降P表記や!え、ボケて?)「ちょっと何言ってるのか分かんないんですけど」

芳乃「ふんむむ…」

ちひろ「いや当たり前のように芳乃ちゃん膝に乗せて仕事してますよね」

P「何言ってるんですか。スパロボ新作情報ググってるだけですよ」

ちひろ「仕事してねぇのかよ」

芳乃「むむむーっ」

P「さっきからどうしたんですかちひろさん。具合でも悪いんですか?課金します?」

ちひろ「課金はあなたがしてください。…いえ、よくよく考えるとウチの事務所って、何と言いますか…」

ちひろ「色々とアレじゃないですか」

P「アレて」

ちひろ「先日他の事務所の方々を交えての親睦会があったじゃないですか」

P「ええ、ちひろさんとアッキーが出席したんですよね」

ちひろ「……普段自分の感覚がどれだけ麻痺しているか痛感させられました」

芳乃「ふんっ………ふぐぅぅぅぅぅ」

P「ちひろさん。よそはよそ。うちはうちですよ?普通の事務所じゃないですか」

ちひろ「犬が喋りアイドルが空を飛び天使なアシスタントがいてドS社畜が跋扈する事務所が普通と!?」

P「ちょい待て聞き捨てならないセリフが混ざってたぞ」

ちひろ「あ、ごめんなさい。犬じゃなくてアッキーですよね」

P「まってちがう」

芳乃「袋が開きませんー」

P「はいはい。よっ、と」バリッ

芳乃「ありがたきかなー」バリボリ

ちひろ「…ま、今更ですけどね」

P「今更ですね」

芳乃「ほー?」




モバP「当たり前のようにウチに遊びに来るのな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511719023/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/11/27(月) 02:57:03.59 ID:kq18Raf00
モバP(以降P表記の可能性もあるじぇ…)「フンフンフフンフーン♪ほんとは真面目なフレデリカ~♪」パタパタ

P「うん、良い天気だ。絶好の洗濯日和だな」

芳乃「ぽかぽかとー、日差しが心地良いのでしてー」

P「芳乃の着物もこのまま洗っちまおうか。何故か同じ柄のが何十着もあるし」

芳乃「そなたのスーツも、同じものがいくつもありますー」

P「毎日衣装変わってたら作画が死ぬからな」

芳乃「ほー」

ピンポーン

P「ん?集金か?」

芳乃「勧誘でしょうかー」

ピンポーンピンポーン 

P「はいはい、今出ますよー」

P「どちら様ー?」

凛「お届け物です」

P「何だ3代目シンデレラガールか」ガチャッ

凛「おはよ」

P「おはよ。…どした?今日オフだろ」

凛「うん。だから遊びに来たよ」

P「あのな、お前さんは仮にも人気アイドルなんだから軽々しくオッサンの部屋に来るのは如何なものかと」

加蓮「やっほー。わっ、プロデューサーが私服だ。変なの」ヒョコッ

奈緒「あ、あたしは一応止めたんだぞ!?」ヒョコッ

P「あのな、お前さん達は立派な人気アイドルなんだから軽々しくオッサンの部屋にだね」

凛「お邪魔しまーす」

芳乃「スリッパですー」

P「如何なものかと!?」




モバP「人の夢、夢の夢」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509036494/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/10/27(金) 01:48:14.67 ID:BgDy04SY0


-もう俺がいなくても大丈夫だよな-


凛「え?ど、どうしたのいきなり」

-凛ももう立派な人気アイドルなんだし、これからは1人で平気だろ?-

凛「ちょ、ちょっと待ってよ!突然どうしてそうなるの!?」

-ゴメンしぶりん。私たち新しいユニット組む事になっちゃってさ-

-凛ちゃんならソロでも絶対売れますよ!私たちも負けないように頑張りますね!-

凛「ふ、2人まで何を言ってるの…?ねぇ、冗談だよね?」

-今までありがとうな。これからは元担当として、ファンの1人として応援するからさ-

凛「待って!ねぇドッキリなんでしょ?だ、騙されないよ…ほらカメラどこ?ねぇ」

-それじゃあね、しぶりん-

-頑張ってください!-

凛「ねぇお願いだから待って!嫌だよ私!1人にしないで!!」

-元気でな。凛-

凛「待ってってば!やだ、やだよ!お願いだから置いていかないでよ!1人にしないで!!」








凛「やだぁ!!」ガバッ

凛「ハァ…、ハァ…!」

凛「……あ、あれ……?」

凛「…なんだ、夢か…そうだよね、夢だよね…」

ハナコ「クゥン…」

凛「あ、もう…お腹の上に乗っからないでっていつも言ってるじゃない」

ハナコ「ワフゥ」

凛「お陰で酷い夢見ちゃったよ…うわっ凄、寝汗…」

ハナコ「ごめんね?」




芳乃「かぼちゃパーティーでしてー」 モバP「ハロウィンだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508688346/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/10/23(月) 01:05:46.92 ID:OjQEVOVD0
芳乃「はろうぃんー?」

モバP(以降P表記?それ一理~)「そうハロウィン。芳乃知らないか?」

芳乃「灌仏会のことでして?」

P「ざっくばらんに説明すると外国の魔除け行事だよ」

P「まぁ現代ではすっかりただのお祭りになっちゃってるみたいだけど」

芳乃「ほー」

P「それでまぁ、ウチの事務所も当然世間一般のイベントには乗っかろうとこうして用意してる訳ですわ」

芳乃「なるほどー」

芳乃「このかぼちゃの山はー、はろうぃんーとやらに使うのですねー」

P「せやね。中身くり抜いて飾りやお面作ったりしてな。ああ、もちろん中身もちゃんと有効活用するからな」

芳乃「かぼちゃでお面を作るのですかー」

P「折角だし芳乃も作ってみるか?ほら彫刻刀、手ぇ刺さないように気をつけろよ?」

芳乃「はいー」ズバババババババババ

P「手元が見えねえ」

芳乃「できましたー」

P「早ぇ」

芳乃「如何でしょうー?」

P「うん上手。でもハロウィンにムジュラの仮面ってのは駄目かなぁ」

芳乃「いけませんかー」

P「少なくとも年少組はガン泣きするクオリティだしね」

芳乃「それは残念ですー」カポッ

P「怖い怖い。直視できないから外して」




ページランキング