ヘッドライン

モバP「夏休みの宿題?この時代にまだ存在したのか…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566070412/

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2019/08/18(日) 04:33:32.61 ID:4t+bIjp60
凛「そりゃあ存在するよ。当然でしょ」

モバP(以降P表記ハァ~!?)「いやぁ、てっきりもう俺らの時代で死滅した文化かと」

凛「是非死滅して欲しかったけど残念ながらまだこうして脈絡と続いてるんだ」

P「事務所で勉強みたいなことしてるから何かと思えば」

凛「勉強くらいするよ。私を何だと思ってるの?」

P「クンスカ犬」

凛「体積減るくらい嗅いであげようか」

P「ヒィッ」

凛「丁度よかった。プロデューサーって前に学生時代成績良かったって脳内妄想語ってたよね」

P「イマジネーションじゃねえよ事実だよ」

凛「ちょっとこの辺がよく分からないんだけどさ、どう?あ、駄目元で聞いてるだけだし無理に意地張らなくてもいいからね?」

P「それ貸せマッハで全部解いてやるわ」

凛(計画通り)ニタリ

P「ん、出来たぞ」

凛「チキンラーメンより早い」

P「クカカカ、この程度の問題あふれる知性で返り討ちにしてやったわ」

凛「ありがと。助かったよ」

P「どういたしました」スタスタスタ

凛「ふふ、課題1つ片付いたね」

凛 「…」

凛「……」

凛「あれ、私今密着ドキドキ個人授業のチャンスをドブに捨てた?」



P「そっか、もうとっくに夏休みだもんな。社会人になると夏休みなんて概念無くなるから忘れてたわ」

P「よし、他のみんなの様子も見てみるか。基本的にウチはみんな良い子ばっかりだから特に心配は無いと思うけど」




ありす「待ちますよね?普通待ちますよね!?」 晴「落ち着けっての」


1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 19/08/01(木)03:15:54 ID:PGd


ありす「待てますか?いいから待てると言ってください」

ありす「とぼけるのは駄目です。聞こえないフリするのも」

ありす「言ってください。待てるって。ちゃんと待つって」

ありす「…」

ありす「聞きましたからね。ちゃんとこの耳で聞きましたから」

ありす「わからないフリをするのも駄目です」

ありす「……」

ありす「駄目です。もう言質取りましたから」フンスッ




【モバマス】あきら「346チャンネル?はぁ、正気デスか?」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 19/07/21(日)04:08:30 ID:Asn
モバP(以降P表記、雑なフリありがとう)「正気とは失礼な。至って真面目な話だよ」

あきら「♯真面目な話 ♯出来た件」

P「♯新人アイドルが辛辣な件」

あきら「まぁそれは冗談だという事にして」

P「冗談では無いんだ?」

あきら「要はこの事務所のアイドルさんたちでチャンネル作って何か動画配信とかしようって話?」

P「流石、話が早くて助かる」

P「ほら、最近巷ではよ、よ…よーつべ?ってのが流行ってるだろ?だからウチも流行には便乗しようって話になってさ」

あきら「どこから突っ込めば」

P「既に何人かには話をしておいてあってさ、幾つか動画を撮ってきて貰ったんだよ」

P「で、事務所の公式チャンネルから配信に使えそうなものをあきらにチョイスして貰いたいんだけど、どう?」

あきら「はぁ、つまり検閲デスか」

P「間違ってはないけどもさ」

あきら「別にいいですよ。事務所の皆さんには自分の配信にも協力して貰ったりしてるし」

P「そっか、助かる。じゃあ早速お願い出来るか?」

あきら「ん」

P「ちょっと待ってな。今再生準備するから…あ、コーラとポップコーン持ってこないと」

あきら「映画鑑賞じゃないんだから」

P「あきらはコーラとメロンソーダどっちがいい?メロンソーダは美玲のだけど」

あきら「♯コーラ一択 ♯まだ死にたくない」

P「お待たせ。それじゃあ上から順番に観て行くぞ。忌憚のない意見を頼むな」

あきら「もうちょい詰めてください。狭い」グイグイッ

P「俺にじゃなくてだね」




【モバマス】肇「人生で最も刺激的な一日」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 19/06/15(土)05:09:45 ID:8ov
肇(皆さんこんにちは、藤原肇です)

肇(涼しく過ごしやすい季節になりましたが最近は夏日のような暑い日が続いたりとまだまだ気温が定まりません。くれぐれも健康にはご注意ください)

肇(熱中症にならないように帽子を被ったり十分な水分補給を心掛けてください。ジュースでは駄目ですよ?スポーツドリンクや麦茶などにしてくださいね)

肇(さて、それでは今日も一日アイドル活動に励みましょう)ガチャッ

肇「おはようございま…」

裕子「ムムムムーン!きましたきました!サイキック・イリュージョン!」カッ

肇「きゃっ!」

裕子「ふぅ…さぁどうですか!?」

モバP(以降P表記。んごおおー!)「ダメだ、全然変わってねえや」

裕子「おかしいですねぇ?手応えはあったんですけど…ムムーン」トボトボ

肇「…?」

肇「あの、おはようございます」

P「ん、あぁおはよう肇」

肇「ユッコちゃん、どうしたんですか?」

P「輝子のキノコみたいに昼飯のポテト増やして貰おうと思ったんだけどさ。やっぱユッコのサイキックはキノコ限定なんだろうか」

肇「ニッチな超能力ですね」

肇「…あれ?」

P「肇は今日雑誌のインタビューだったな。…うん?どうした?」

肇「いえ、気のせいだとは思うのですが…」サスサス

肇「……」

肇「っ!?!?」

P「ど、どうしたってばよ!」

肇(な、無い…!?上も、下も…!)




[ 2019/06/15 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】社畜居酒屋『三四六』

1 :◆Dm8ArSIo3MOQ 19/05/14(火)06:29:35 ID:Mzv
モバP(以降P表記。ちょ飼い主)「おや、いらっしゃい」

楓「大将やってる?」

P「やってるから店開けてるんですよ」

P「さ、今日は何にしましょうか」

楓「えっと、それじゃあ今夜は…あ、おでんください」

P「はいよ」

楓「大根と玉子とはんぺんと…あとちくわも」

P「はいよっ」

楓「ふふっ、ちくわのうんちくは、何か無いんですか?」

P「おっとまだ夜は冷え込みますね」ブルッ

楓「っ!?」

P「はい、大根と玉子とはんぺんとちくわ。牛すじオマケしておきますね」

楓「わーい」

楓「あ、秩父錦も冷やでください」

P「すいませんねぇ。高垣さん家の楓さんにはお酒を出すなって言われてるんですよ」

楓「…っ!!」

P「動物病院に連れてこられたマルチーズみたいな顔しとる」

楓「おさけ…私の、おさけ…」スンスン

P「別に楓さんのお酒という訳では」

楓「えぐ…ぐすっ…」

P「……今日だけ特別ですよ?一杯だけですか」

楓「出羽桜でお願いします」

P「食い気味っ」




モバP「誕生日でテンション荒ぶってる?」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 平成31年 04/18(木)23:48:52 ID:f4G
モバP(以降P表記。かぽーん)「ん、着いたぞ」

P「それにしても本当にここで良かったのか?折角の誕生日祝いなのに」

P「ほら、東京ミートレアとか及川牧場とか」

P「…え?ああ、うん。そりゃ確かにここは埼玉屈指のテーマパークだけど」

P「はいはい余計な事言わずにご案内致します」

P「ブヒィ」

P「あ、何か落としたぞ?」

P「…」

P「パンフ取り寄せるくらい楽しみにしてたん?」

P「痛い駐車場でプレイ開始しない!」バシィッ

P「痛ってぇ…背中も周囲の視線も痛いんだけど」

P「はいはい大人しく案内しますお誕生日様」

P「いつも通りに呼べばいいのか?」

P「よし行くぞトッキー」

P「だから公衆の面前で鞭はッ!」バシィッ




まゆ「あらぁ?Pさんいないんですか?」

凛「うん、何か時子さんと有名な豚肉直営販売所に出掛けたんだってさ」プラーン

まゆ「ああ、お誕生日様でしたねぇ」

凛「邪魔しちゃ駄目だよ」プラーン

まゆ「凛ちゃんみたいに吊るされたくないですからしませんよ」




【モバマス】千夜「耳にバナナでも刺さっているのかお前は」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 平成31年 04/16(火)03:05:09 ID:o3S
黄緑色の金の亡者(以降ちひろ表記)「フンフンフフンフーン♪ SRなんて最初から入れてない~♪」

ちひろ「…ふぅ、これで一段落つきましたね」

ちひろ「今日は珍しく平和ですねぇ。いつもこうなら良いのに」

ダダダダダダダダダダダダダダダダ…

「…あ、短い平和でしたね」

バァンッ!

千夜「誰だ私のインナーをダイビングスーツにすり替えたのはァ!」

ちひろ「おはようございます千夜ちゃん」

千夜「…おはようございます」ハァ、ハァ

千夜「……」

ちひろ「何かお探しですか?」

千夜「あの男は、今どこに?」

ちひろ「ああ、プロデューサーさんならさっきちとせちゃんと中庭に行くって」

千夜「中庭ですね。情報提供感謝します」シュダッ

ちひろ「はぁい。いってらっしゃーい」

ちひろ「…」

ちひろ「あの子も随分馴染みましたねぇ」

ちひろ「この事務所の場合良い事なのかどうなのか微妙なところですけど」

バァンッ!

りあむ「誰だよぼくのアカウント凍結させたヤツはァ!やむぞぉ!?」

ちひろ「運営さんじゃないですか?」

りあむ「あれ?今日メンタルDV社畜は?」

ちひろ「あなたも随分馴染みましたね」




【モバマス】りあむ「新人歓迎会!」 あきら「パーティー」 あかり「んご!」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2019/03/19(火)00:21:45 ID:QAb
あきら「あ、ここデス。この部屋」ガチャッ

あかり「先輩達がわざわざ歓迎会してくれるなんて楽しみんご!」

りあむ「でも部屋の中真っ暗だよ。え、もしかしてドッキリ?そういうのマジやめて…やむから」


パッ


未央「やぁやぁようこそおいでくださいました新人お三方」

凛「改めてようこそ346プロへ。ささやかだけどちょっとした歓迎会をするから付き合ってくれると嬉しいな」

卯月「よろしくお願いします!」ブイッ

りあむ「真っ暗な部屋に突然当てられたスポットライトの中に大人気アイドルグループのニュージェネレーションが!」

あかり「格好いい!こ、これが都会……っ」

あきら(うん?このシチュエーションどっかで聞いた事があるような……あっ)ティンッ

凛「さ、まずは座って。今日は美味しいものとか色々用意したからさ」

あかり「わーい♪」

りあむ「タダだよね?もちろんタダだよね?」

未央「およ?どしたのあきらっきー。こっちおいでよ」

あきら「すいません。ちょっと用事を思いついたので自分失礼します」クルッ

卯月「そうは問屋が!」ムンズッ

あきら「ぐわぁー!これやっぱりアレだ!346噂の例のアレだ!」

あかり「アレ?」

りあむ「噂の?…ってあれぇ!?いつの間にかイスにベルトで固定されて…足枷まで!?」

あかり「ふんっ!ふんーーっ!う、動けないんご!」

未央「それでは早速今回の新人歓迎食事会の趣旨とルールをご説明しましょう!」

あきら「いらないデス!放して!帰して!」ジタバタ

あかり「もしかして…都会では今こういうのがトレンド!?」

りあむ「拘束プレイ?事務所の意向?…と。うわぁ一瞬で炎上した何で!?」




モバP「夢見りあむという玩…新人アイドル」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2019/02/24(日)04:52:47 ID:6rk
モバP(以降P表記。インパクト強っ!)「んごんご林檎娘に生配信マスクと続いてまたまた新人アイドルが入りました」

P「自らクソザコメンタルを名乗り他人におんぶに抱っこのスタイルで楽して売れたいと平然と言ってのける炎上芸!」

P「口を開けば溢れ出すガソリンの如き問題発言!その癖いざ攻撃されるとかすり傷で砕け散るガラスどころかプレパラートのような精神力!」

P「見た目はインパクトの塊!中身はスカスカ!その名は新人アイドル、夢見りあむ!」

芳乃「そなたーそなたー」ツンツン

P「うん?どうした芳乃。もうオチか?」

芳乃「いえいえー、後ろをご覧くださいましー」

P「後ろ?」クルッ

りあむ「ヒグッ……グスッ、えぅ……おうおう……」

P「新人さん大号泣しとる」

りあむ「グスッ…酷いよ、あんまりだよぉ…何ひとつ言い返せないから一方的に言葉のボディブローでボコボコにされるだけじゃんかぁ…」

P「スマン、今まで出会ってきた中でも群を抜いてのクズだったんでつい」

りあむ「うわあああああん!!正論で殴りつけてくるDVプロデューサーがいるよぉ~!!」

芳乃「ご近所から通報される勢いで泣かれておりますー」

りあむ「正論なんて誰も求めてないんだっ!ぼくが欲しいのはぼくに都合のいい言葉だけなんだよ!それも出来る限り優しく!ソフトに!」

P「ハハッ、本当にどうしようもねぇなこいつ」

芳乃「そなたーそなたー、新人さんなのですからもう少し優しくしてあげませんとー」

りあむ「グスッ…そうだそうだー、そこの幼女の言う通りだー」

芳乃「現世を少々甘く見誤り過ぎではないでしょうかー」ギロッ

りあむ「うわああああん!こっちの娘もめっちゃ怖いよぉ!!」

P「はいはい悪かった言い過ぎたよゴメンゴメン」

りあむ「ヒック、ひぐっ……目にハイライトないオジサン怖い…」

P「大きなお世話だコンニャロウ」




モバP「闇堕ちダーク芳乃?」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2019/02/10(日)07:20:31 ID:6EU
モバP(以降P表記。っとストップ!)「ほーん」

ちひろ「ほーん、ってあんた」

P「さてと仕事仕事」

ちひろ「あの芳乃ちゃんがですよ!?どうしてそんな呑気していられるんですか!」

P「ハハッ出社早々同僚がトチ狂っとる」カタカタカタカタッ

ちひろ「ほ、本当なんですよ?嘘じゃないんですからね!?」

P「はいはい」ッターン

ちひろ「うわ、全っ然信じて無いですねこの社畜」

P「そんな事言われても今朝も普段通りでしたし、あいつ」

ちひろ「何か少しくらいいつもと違うおかしなところとかありませんでした?」

P「むしろ何があったらそんな世迷言を言い出すんだよ」

P「いつもと違うところ…?うーん、別に、特に何もこれといって」

ちひろ「じゃあ、芳乃ちゃんがああなったのは事務所に来てから何かあったと言う事ですかね…」

P「今日に限って着物が真っ黒で瞳の色が血のように赤くなってて全身から紫色の焔のようなオーラを出していたくらいですし」

ちひろ「お前の目が節穴過ぎる!!」

P「あー、確かに今日はちょっと雰囲気違ったかも。イメチェンですかね?」

ちひろ「ダメだこいつ」

P「まぁ壊れたチッヒはさておき、仕事も終わった事だしみんなの様子でも見て来ますね」ガチャッ

芳乃「こんにゃろめー!こんにゃろめー!」ビューーン

茄子「あわわわわわわわ!!」ダダダダダダダダッ

P「…」

P「……」

P「芳乃に一体何が!?」

ちひろ「だから言っとるやろがい」




ページランキング