ヘッドライン

白雪千夜「冗談です、ばーか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580743779/

1 : ◆C2VTzcV58A 2020/02/04(火) 00:29:39.49 ID:U0juHhHw0
ちとせ「突然ですがここで問題。今日は何の日でしょう?」

P「俺が初めて自転車に乗れた記念日」

ちとせ「あら微笑ましい♪ それはそれとして今日は千夜ちゃんの誕生日マイナス3日です」

P「微笑ましいと言う割には随分な扱いじゃないか?」

ちとせ「あなたの少年時代は気になるけれど、事態は急を要するの。続きはサイクリングの時に聞きましょう」

P「サイクリングの予定なんてあったか?」

ちとせ「あったよ?」

P「そうだっけ」

ちとせ「よー……よー……」

P「なんだそのセルフエコー」

ちとせ「吸血鬼らしく眼力で催眠術にかけようかと」

P「だいたいいつも思いつきだよな、ちとせは。サイクリングも結局この場の思いつきか」

ちとせ「冷めた人間だなぁ。きっと血も冷たいんだろうなぁ」

P「ははは。俺の血を吸うと冷や飯を食うことになるぞ」

ちとせ「吸血鬼相手にそんな情けない啖呵切る人初めて見たよ?」

P「なんとでも言え。俺は吸血鬼の催眠なんかに屈したりしない」

ちとせ「ま、そうだよね。魔法使いさんは照れ屋だから、ちょっと私が見つめるとすぐ目を逸らしちゃうもんね。催眠が効かないのも当然か♪」

P「逸らしてないが」

ちとせ「じーーー」

P「………」プイ

ちとせ「視線を先回り!」

P「ぬおっ姑息な手を!」プイ

ちとせ「逃げられないよ~♪」

P「なんのっ!」グリッ

ちとせ「今変な音しなかった?」

P「首痛めかけた……」

ちとせ「歳だね」

P「気持ちだけは若くいるつもりなんだけどな」

ちとせ「いっそ私と一緒に吸血鬼にならない? 不老は保証するよ?」

P「確かに、吸血鬼は若さを保てると聞くな……」

ちとせ「不死は保証しないけど」

P「棺桶ジョークはやめなさい」

ちとせ「あは♪」





二宮飛鳥「隣の芝は青臭い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580656228/

1 : ◆C2VTzcV58A 2020/02/03(月) 00:10:29.26 ID:GmFExp4n0
とあるオフの日


心「は~~、お店の中はあったかくていいね~♪」

梨沙「奥の席行きましょ。入口あたりはドア開いたら風入ってきちゃうし」

飛鳥「入り組んだ路地裏の奥にあるカフェ。いかにも穴場な雰囲気じゃないか」

心「でしょー? この前偶然見つけたの☆」

梨沙「いいお店ね! 店員にロリコンもいなさそうだし!」

飛鳥「見ただけで判断つくのか?」

梨沙「アタシのロリコンレーダーを甘く見ないことね! 全部『理解って』しまうのよ!」

心「人間観察の鬼かよ」

梨沙「たとえば……そうね。今頃プロデューサーは書類の山と向き合っているはずよ。あいつ今日オフじゃないから」

飛鳥「そこまでいくと超能力の類だな」

心「梨沙ちゃんはともかく、飛鳥ちゃんまでナチュラルにプロデューサーをロリコン扱いするのはやめたげない?」

心「それはそれとして、プロデューサーは今休憩挟んでおやつ買いに行ってると思うぞ☆」

梨沙「なに、張り合うわけ? だったらどっちか正しいか確かめようじゃない!」

心「よしきた♪ てことで飛鳥ちゃん、チェックよろ☆」

飛鳥「『今なにしてる?』っと……何故ボクがこんなことを」

梨沙「公平な審査をするためよ」

心「素直にやってくれるあたり、飛鳥ちゃんもプロデューサーが何してるか気になったんじゃないの~?」

飛鳥「さあ、どうだろうね。とりあえず席に座らないか。立ちっぱなしは邪魔だろう」






シャニP「摩美々がくっついて離れない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576412764/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/12/15(日) 21:26:04.42 ID:F3FS0SJh0
摩美々「さむ……」

P「寒いな」

摩美々「ちょっとあったかくなったと思ったら、最近は突き落とすみたいに急に寒くなりましたよねー」

P「そうだなぁ。寒暖差で風邪ひいちゃいそうだ」

摩美々「だから冬って嫌なんですよ。こうやって、こたつに籠ってぬくぬくしているのがいちばーん」

P「……まあ、午前のレッスンは頑張っていたし、フリーの時間にそうしていること自体は一切叱るべきところもないんだが」

摩美々「なんですかぁ、その含みのある言い方。遠回しにせずに、はっきり言うべきだと思いまぁす」

P「じゃあ言うけど」



P「こたつに入ってるのはふたりだけなのに、なんで俺達こんなにくっついてるんだ?」

摩美々「えー?」

P「こたつには辺が4つあるのに、なんでわざわざ俺が座ってたところに入り込んできたのかって聞いてるんだ」

摩美々「もともとここに入ろうって決めてたんですー。そしたらプロデューサーがもう入ってたから」

P「どこに入っても同じだろう。傍から見ると結構おかしな光景だぞ、これ」




的場梨沙「ごはんにする? お風呂にする? それとも――」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574090907/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/11/19(火) 00:28:27.92 ID:dTloBLzK0
ある日の事務所


心「おっ! これこの前のブライダル特集の写真? 梨沙ちゃんめっちゃかわいーじゃん☆」

梨沙「まあ、トーゼンよね!」

飛鳥「普段のツインテールを解き放った結果、お淑やかな雰囲気を醸し出す中での花嫁姿……相乗効果で実に映えるじゃないか」

梨沙「まあ、トーゼンよね!」

心「めっちゃスウィーティー☆ これならパパさんも大喜びだったでしょ?」

梨沙「まあ、トーゼン……でもないのよねぇ」

心「あれ? パパさん的には何か不満だったの?」

飛鳥「珍しいな。梨沙の誇張抜きでも、子煩悩な印象のあるパパさんが」

梨沙「いつもと同じように、アタシの晴れ姿を見て喜んでくれてたのよ。でも、時々なーんか難しい顔してて……一緒に隣で写真を見てたママは、手を叩いて大喜びだったのに」

飛鳥「時々とは、具体的に?」

梨沙「そうねー……ママが『いつお嫁に出しても恥ずかしくないわねえ』って言った時とか?」

心「はっはーん♪ はぁと、わかっちゃったぞ? 梨沙パパが手放しで喜べなかった理由」

梨沙「ホント!?」

心「まーまー落ち着きたまえマトソンくん」

梨沙「………」

梨沙「そのマトソンってアタシのこと?」

心「他に誰がいるの」

梨沙「他じゃなくても誰もいないわよ」





北沢志保「そんなに気持ちいいんですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1572262223/


1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/28(月) 20:30:23.84 ID:jznThvKz0
志保「おはようございます」ガチャ


P「んっ……ぉほぉ~~~~」グリグリ


志保「………」

P「ああ、おはよう志保」

志保「お疲れさまでした」

P「待て待て、なんで帰ろうとしてるんだ」

志保「え?」

P「『え?』はこっちのセリフだよ。朝一番に言う言葉として、もっと他に適切なものがあるだろう」

志保「お世話になりました」

P「事務所を辞めるつもりか」

志保「すみません。いきなり想定外の音波を受信したせいで少し混乱していました」

P「音波って……ちょっと孫の手でマッサージしてたら気持ちよくて声が出てただけだろう」

志保「ちょっとじゃありません。凄惨な声が出ていました」

P「志保は難しい言葉を知っているなぁ」

志保「……そんなに気持ちいいんですか。それ」

P「ん? ああ、すごくいいぞ。社長からもらったんだけど、俺の身体にばっちりフィットって感じだ」

志保「肩、凝ってるんですね」

P「そうだな、特に最近は結構自覚症状が……俺も若くはないってことか。あ、でもこれで志保の好みのおじ様に近づいたかも」

志保「私、ただのおじさんは別に好みじゃないです」

P「手厳しいな、はは……と。そろそろ会議の時間だ。行かないと」

志保「ちょっと待ってください」

P「え?」




[ 2019/10/28 22:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

黒埼ちとせ「私の、すけべ魔法使い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570982563/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/14(月) 01:02:43.91 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「………」

P「ちとせ」

ちとせ「………」

P「おーい、ちとせ? 大丈夫か」

ちとせ「あー……うん。平気。今日はちょっとローテンションなだけ」

P「そうか……辛くなったら、すぐに言うんだぞ」

ちとせ「最近千夜ちゃんのツッコミが鋭くて辛いの」

P「そうか……自業自得だな」

千夜「主を正しい道へ導くのも僕の役目ですから」

ちとせ「ほらぁ、こういうとこ」

千夜「お前、運がよかったですね。テンションが低い時のお嬢さまに話しかけて無事でいられるとは」

P「なんだ、運が悪いと血でも吸われるのか」

千夜「『……っるさいな』と舌打ちされます」

P「血の気が引きそうだ」

ちとせ「私そんなこと言ってる?」

千夜「たまにですが。私は慣れています」

ちとせ「愛してるよ、千夜ちゃん♪」

千夜「私もです。お嬢さま」

P「ダメ男に引っかかる真面目な女の子みたいだ」

ちとせ「女の子同士なのでセーフだよー」

P「漫才やってるうちに調子戻ってきたか?」

ちとせ「そうみたい。魔法使いの魔法かも?」

P「まあ、笑顔は万能な魔法とも言われるからな。俺との漫才で笑ってくれるのはいいことだ」

ちとせ「へっ」

千夜「フッ」

P「もうちょっと可愛らしく笑えないか?」





田中摩美々「おはようからおやすみまで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570363336/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/06(日) 21:02:16.67 ID:Q/m5dndE0
【Good morning】


摩美々「おはようございまぁす」

はづき「おはようございます~」

摩美々「……あれ。プロデューサーは?」

はづき「プロデューサーさんなら、仮眠室でひとやすみしてるところですよ。時間的にそろそろ起こさないとですね~」

摩美々「………」

摩美々「起こしにいってきますー」ニヤリ





仮眠室


P「………」スヤスヤ

摩美々「………」ソロリソロリ

摩美々「よく眠ってますねー……イタズラしがいがありそう」

摩美々(何をしてあげようかな……寝耳に水をかけるとか、枕元にホラーな絵を置いておくとか。あ、社長の声を大音量で流すとかもいいかも。確かスマホに音源とってあるし、それにしようっと)

摩美々(これだけ無防備にしてれば、なんでもし放題だし……すきを見せたほうが悪いんですよー)

P「………すぅ」

摩美々「こーんな無防備な顔を晒して……」

摩美々(社長の声を、耳元で大音量)

摩美々「そんな風だから、こんな目に遭うんですからねー」

摩美々(社長の声を――)

P「………」スヤスヤ

摩美々「………」




白雪千夜「今日はお前とふたりきり……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569769957/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/30(月) 00:12:37.43 ID:rPMEZBG40
P「何故距離をとる」

千夜「生物には危機感知能力というものがあります」

P「俺の後ろに虎でも見えたのか?」

千夜「獣の気配は感じましたが」

P「そうか? ははっ、俺も少しはワイルドな男の雰囲気を身に着けてきたのかな」

千夜「ワイルドなのは勝手ですが、スーツを着ているならネクタイくらいちゃんと締めてください。少し曲がっている」

P「え、マジか」

千夜「大マジ」

P「どれ……んー、自分じゃよくわからないなぁ」

千夜「はぁ。仕方ありませんね」クイッ

P「うおっ」

千夜「ほら、これで直りました。以後、気をつけるように」

P「ありがとう。今日はサービスがいいな」

千夜「お嬢さまがいる前では絶対にしないのでご安心を」

P「ラブラブだとか、変に煽られるもんな」

千夜「お嬢さまの言動には日々振り回されることが多いですが、あれに関しては特に理解が及びません。何故私がお前と……」

P「『ひゅーひゅー、まるで新婚さんみたい♪』とか言ってくるもんな」ハハッ

千夜「お前、その身の毛がよだつお嬢さまの声真似を今すぐやめろ……さもなくば」ピキキ

P「下手に真似してすみませんでした……」

千夜「『噛みついちゃうよ?』」

P「前から思ってたけど、千夜はちとせの声真似めっちゃうまいよな」

千夜「噛み殺すよ?」

P「それは言ったことないだろ」

千夜「4,5年前の腐女子時代にはよく言っていました」

P「さらっとパーソナリティーが開示されている」

千夜「お前を殺す」

P「デデン!」

千夜「これは私がよく言っています」

P「物騒」





ページランキング