ヘッドライン

黒埼ちとせ「私の、すけべ魔法使い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570982563/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/14(月) 01:02:43.91 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「………」

P「ちとせ」

ちとせ「………」

P「おーい、ちとせ? 大丈夫か」

ちとせ「あー……うん。平気。今日はちょっとローテンションなだけ」

P「そうか……辛くなったら、すぐに言うんだぞ」

ちとせ「最近千夜ちゃんのツッコミが鋭くて辛いの」

P「そうか……自業自得だな」

千夜「主を正しい道へ導くのも僕の役目ですから」

ちとせ「ほらぁ、こういうとこ」

千夜「お前、運がよかったですね。テンションが低い時のお嬢さまに話しかけて無事でいられるとは」

P「なんだ、運が悪いと血でも吸われるのか」

千夜「『……っるさいな』と舌打ちされます」

P「血の気が引きそうだ」

ちとせ「私そんなこと言ってる?」

千夜「たまにですが。私は慣れています」

ちとせ「愛してるよ、千夜ちゃん♪」

千夜「私もです。お嬢さま」

P「ダメ男に引っかかる真面目な女の子みたいだ」

ちとせ「女の子同士なのでセーフだよー」

P「漫才やってるうちに調子戻ってきたか?」

ちとせ「そうみたい。魔法使いの魔法かも?」

P「まあ、笑顔は万能な魔法とも言われるからな。俺との漫才で笑ってくれるのはいいことだ」

ちとせ「へっ」

千夜「フッ」

P「もうちょっと可愛らしく笑えないか?」





田中摩美々「おはようからおやすみまで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570363336/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/06(日) 21:02:16.67 ID:Q/m5dndE0
【Good morning】


摩美々「おはようございまぁす」

はづき「おはようございます~」

摩美々「……あれ。プロデューサーは?」

はづき「プロデューサーさんなら、仮眠室でひとやすみしてるところですよ。時間的にそろそろ起こさないとですね~」

摩美々「………」

摩美々「起こしにいってきますー」ニヤリ





仮眠室


P「………」スヤスヤ

摩美々「………」ソロリソロリ

摩美々「よく眠ってますねー……イタズラしがいがありそう」

摩美々(何をしてあげようかな……寝耳に水をかけるとか、枕元にホラーな絵を置いておくとか。あ、社長の声を大音量で流すとかもいいかも。確かスマホに音源とってあるし、それにしようっと)

摩美々(これだけ無防備にしてれば、なんでもし放題だし……すきを見せたほうが悪いんですよー)

P「………すぅ」

摩美々「こーんな無防備な顔を晒して……」

摩美々(社長の声を、耳元で大音量)

摩美々「そんな風だから、こんな目に遭うんですからねー」

摩美々(社長の声を――)

P「………」スヤスヤ

摩美々「………」




白雪千夜「今日はお前とふたりきり……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569769957/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/30(月) 00:12:37.43 ID:rPMEZBG40
P「何故距離をとる」

千夜「生物には危機感知能力というものがあります」

P「俺の後ろに虎でも見えたのか?」

千夜「獣の気配は感じましたが」

P「そうか? ははっ、俺も少しはワイルドな男の雰囲気を身に着けてきたのかな」

千夜「ワイルドなのは勝手ですが、スーツを着ているならネクタイくらいちゃんと締めてください。少し曲がっている」

P「え、マジか」

千夜「大マジ」

P「どれ……んー、自分じゃよくわからないなぁ」

千夜「はぁ。仕方ありませんね」クイッ

P「うおっ」

千夜「ほら、これで直りました。以後、気をつけるように」

P「ありがとう。今日はサービスがいいな」

千夜「お嬢さまがいる前では絶対にしないのでご安心を」

P「ラブラブだとか、変に煽られるもんな」

千夜「お嬢さまの言動には日々振り回されることが多いですが、あれに関しては特に理解が及びません。何故私がお前と……」

P「『ひゅーひゅー、まるで新婚さんみたい♪』とか言ってくるもんな」ハハッ

千夜「お前、その身の毛がよだつお嬢さまの声真似を今すぐやめろ……さもなくば」ピキキ

P「下手に真似してすみませんでした……」

千夜「『噛みついちゃうよ?』」

P「前から思ってたけど、千夜はちとせの声真似めっちゃうまいよな」

千夜「噛み殺すよ?」

P「それは言ったことないだろ」

千夜「4,5年前の腐女子時代にはよく言っていました」

P「さらっとパーソナリティーが開示されている」

千夜「お前を殺す」

P「デデン!」

千夜「これは私がよく言っています」

P「物騒」





自宅に招いた田中摩美々にAV持ってるのがバレた話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569251803/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/24(火) 00:16:43.69 ID:9mZj6ZmI0
P「いやー、参ったな。いきなりあれだけの豪雨に見舞われるなんて」

摩美々「うわ、びしょびしょ……今日、降るって予報出てましたー?」

P「今朝は時間なくて天気予報見てなかったな……摩美々は?」

摩美々「私、普段から天気予報見る習慣がないですねー」

P「……今スマホで調べたら、『午後から突然の大雨に注意』って書いてた」

摩美々「自業自得感が出てきましたねー、プロデューサーの」

P「いや、予報見てなかったのは摩美々も同じだろう」

摩美々「まみみは悪い子なのでー、天気予報を見なくてもセーフなんですー」

P「まず悪い子なのがセーフじゃないからな」

摩美々「えー……っくしゅ」

P「っと、ごめん。玄関で立ち話してる場合じゃなかったな。着替えは適当に用意しておくから、風呂に入ってくれ」

摩美々「いいんですかぁ? アイドルを自分の家に入れたうえに、お風呂にまで入れちゃうなんて」

P「緊急時だからやむなしだ。雨が降り出した時、俺のアパートが一番近かったし……摩美々が風邪をひくほうが問題だからな」

摩美々「では、おかまいなくー」

P「それ俺のセリフじゃないか?」

摩美々「ふふー、そうでしたかぁ?」

P「ほら、そこが風呂場だから。俺は替えの服探してくるから、早くあったまってこい」

摩美々「……ありがとうございまぁす」






田中摩美々「ふふー、こいですからぁ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568646749/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/17(火) 00:12:30.20 ID:s17cG5ol0
【故意】


P「………」カタカタ

P(喉渇いたな……さっき淹れた烏龍茶、飲みかけのままでもアレだし、全部飲んじゃうか)

P「………」ゴクゴク


P「ぶほっ!? なんだこのしゅわしゅわ!!」

P「こ、これ……よく見たら泡立ってる! 烏龍茶じゃなくてコーラだ!」



摩美々「ふふー、しゅわしゅわーだなんて、結構かわいい言葉使うんですねー。恋鐘みたい」

P「ま、摩美々~……! 俺の烏龍茶をコーラとすり替えたな!」

摩美々「えー? 私はたまたま置きっぱなしだった烏龍茶がかわいそうだったので飲んであげて、たまたまあとで飲もうと思ったコーラを机に置いただけですよー」

P「たまたまなわけないだろう! わざとじゃないのか?」

摩美々「故意じゃないですから」

P「本当か? なら、疑ってすま」

摩美々「同じ柄のコップを使ったのは故意ですケド」

P「やっぱり騙す気だったんじゃないか!」

摩美々「……かも?」

P「まったく……相変わらず油断も隙もないな」

摩美々「女の子の前ですきを見せたら負けですよー」

P「……それは確かに、そうだ……」

摩美々「え……あの、何か女性関係で嫌な思い出でもありました……?」

P「20年以上生きてれば、いろいろな……」

摩美々「……ぁ、あの」

P「?」

摩美々「烏龍茶とお菓子、持ってきます……」




二宮飛鳥「ツインテール同盟VSエクステ同盟」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567960180/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/09(月) 01:29:40.29 ID:YzRcyqYf0
【ツインテール同盟】


ある日の事務所



梨沙「ハートさんの髪ってふわふわよね。毎朝どのくらいセットに時間かかってるの?」

心「んー、そんなにかかってないかな? はぁと、器用だからちょちょいのチョイよ♪」

莉嘉「すごーい! アタシもふわふわツインテールにしてみたいなー!」

心「ふふん、おねーさんが優しく教えてあげるぞ☆」

蘭子「不破の両翼……美しいわ」

心「蘭子ちゃんもやる?」

蘭子「うむっ!」

梨沙「蘭子のツインテールもすごいわよねー。アタシも一回ライブで似たような感じにしたことあるけど、あれを毎朝やるのは大変そう」

心「梨沙ちゃんも莉嘉ちゃんも自分で髪結ってるんでしょ? その歳でそれだけ綺麗にできれば立派立派☆」

莉嘉「えへへー、かわいい髪型にしたい!っていっぱい練習したんだ☆」

梨沙「はじめはママに手伝ってもらってたけど、今はひとりでヨユーだし!」

莉嘉・梨沙「ねっ!」

心「うんうん♪ それでこそツインテール同盟の一員だぞ☆」

蘭子「ツインテール同盟?」

心「あ、ウチの事務所、ポニーテール同盟があるでしょ? ツインテにもそれ欲しいなーって、今作った♪」

莉嘉「いいじゃん、ツインテール同盟!」

梨沙「メアリーとか千佳とか、仲間はいっぱいいるわよね」

蘭子「同盟……」ワクワク

心「よーし☆ じゃあ早速版図拡大に向けて仲間を増やしちゃおうぜ♪」



ガチャ


飛鳥「ただいま」

莉嘉「あ、エクステ同盟の飛鳥ちゃんだ」

梨沙「構成員ひとりしかいなくない?」

飛鳥「なんだその珍妙なワードは」




【シャニマスSS】もしもまみみが高校の後輩だったら

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567351324/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/02(月) 00:22:04.45 ID:EyIJCw6a0
ミーンミンミンミン


P「ふわぁ~……元気だな、セミ」

P「うるさくて眠れない……」ゴロゴロ



摩美々「あー、サボりの不良はっけーん」

P「ん……?」

摩美々「授業中ですよー。新学期早々サボりとはいい度胸ですねー」

P「んー……」

摩美々「んーー?」

P「んーー……?」

摩美々「角度変えてもパンツは見えませんよー」

P「まさか履いてないからか」

摩美々「センパイの目が抉り取られるからー」

P「ははは、随分エグイの吐くんだな」




的場梨沙「梨っておいしいわよね」シャコシャコ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566741606/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/08/25(日) 23:00:08.29 ID:BpNPSeeL0
梨沙「………」シャコシャコ

飛鳥「………」シャコシャコ

心「………」シャコシャコ

梨沙「………」シャコシャコ

飛鳥「………」シャコシャコ

心「………」


心「なんかしゃべらね?」

飛鳥「?」

梨沙「しゃこ?」




白雪千夜「ばー……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565191200/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/08/08(木) 00:20:00.74 ID:6wqhlklP0
ちとせ「おはようございまーす……ふわぁ」

P「おはよう、ちとせ。眠そうだな」

ちとせ「低血圧なの、知ってるでしょう? 朝は弱いの」

P「……体調悪いなら、無理はするなよ?」

ちとせ「あ、違う違う。そういう気遣ってほしいムーブじゃないから安心して? 私、本当にしんどい時はちゃんとサボるから♪」

P「なら安心した。今日も朝からレッスンだから、頑張れよ」

ちとせ「任せて。そろそろあの鬼トレーナーのこと、私の虜にしたいと思ってるから」

P「はは、あの人は手ごわいぞ? 俺が口説いてもまったく相手にしてくれないからな」

千夜「お嬢様とお前の魅力値を一緒にするな。自惚れもいいところです」

P「千夜もおはよう」

千夜「おはようございます。自惚れもいいところです」

P「いや、ちゃんと聞こえてたから」

ちとせ「自惚れもいいところだよ?」

P「それ以上やるといじめだぞ?」

ちとせ「あは♪ 冗談冗談、吸血鬼ジョークだよ」

P「人間のジョークとどう違うんだ」

ちとせ「え、わからないの?」

P「全然わからない」

ちとせ「仕方ないな~。千夜ちゃん、説明してあげて?」

千夜「えっわかりました」

P「今『えっ』って戸惑ったの見逃さなかったからな」

千夜「戸惑っていませんが」

ちとせ「そうだよ? 私の僕ちゃんは冷静沈着なんだから♪」

千夜「吸血鬼ジョークに通常のジョークと違いはありません。お嬢様のその場の思い付きです」

ちとせ「千夜ちゃん?」

P「冷静沈着にはしご外してきたな」




佐藤心「プロデューサーとの距離を縮めたい!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563809892/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/07/23(火) 00:38:12.29 ID:KAncrXbZO
ある日の事務所


飛鳥「………」ペラ

心「………」

飛鳥「………」ペラ

心「はぁ………」

飛鳥「………」

心「はぁ~~~~」

飛鳥「………」ペラ

心「はぁ~~~~~~~~ぁぁぁぁ!!!!」

飛鳥「ガノンドロフの真似なら他所でやってくれないか」

心「あ、やっと反応してくれた!」

飛鳥「話がしたいなら普通に声をかけてくれ。ボクは文香さんと違って、読書中に周囲の音が聞こえなくなることはないんだから」

心「えー? だってはぁとから話しかけたらかまってほしいみたいじゃん」

飛鳥「何一つ偽りない事実だろう。寂しがり屋め」

心「はぁとウサギは寂しいと死んじゃうの……助けて?」

飛鳥「はぁ」

心「ドキッとした? キュンってした?」

飛鳥「そういうことはPにでも聞いてくれ」




ページランキング