ヘッドライン

橘ありす「あれは・・・あすかくらげ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500568312/

1 : ◆9CUtNS6CZQ 2017/07/21(金) 01:31:52.38 ID:v5lDswLn0
ありす(・・・もうこんな時間ですか)チラッ

ありす(レッスンも終わってプロデューサーが寮まで送ってくれるというからこうして事務所に戻ってきていますが・・・遅いですね)

ありす(トレーナーさんと話すことがあるから少し時間がかかるとは言っていましたが・・・それにしても遅いです。どこかで道草でも食っているのでしょうか)

ありす(プロデューサーのことだから他のアイドルの仕事に駆られていてもおかしくはありませんが・・・待ちぼうけの身もいじらしいものですね)

ありす(こんなときに限って事務所に誰も居ませんし・・・何して暇を潰しましょうか)

ありす「・・・ぎーんのりゅーのーせにーのーってー・・・」ゴンゴン

ありす(っと、来客ですか。いまはちひろさんも居ませんし、私が応対するしかないですね)





輿水幸子「クリスマスと小箱」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482755788/

2 : ◆9CUtNS6CZQ 2016/12/26(月) 21:37:43.10 ID:nIhBSUOf0
「・・・遅いですね」

12月も25日、クリスマスの日に、輿水幸子は事務所で1人寂しく呟いた。
クリスマス特番の撮影も終わり、1人でタクシーに乗りここに戻ってきたのには理由があった。

クリスマスプレゼントだった。一般的にこの日はサンタクロースがいい子にしていた子供たちにプレゼントを配る日であり、
特に彼女のような少女が誰かに贈り物をするという義務はない。

昨年のクリスマスの日、彼女はサンタ衣装でのモデル撮影をしたということもあり、いつも彼女をいい意味でも驚かせる担当プロデューサーに
サプライズをして逆に驚かせようと巨大な箱に入り「プレゼントはカワイイボクですよ」と驚かせる手筈だったのだが、酸欠からか寝てしまい、そのうちに箱ごと別の位置に運ばれサプライズは失敗してしまったことがあった。

そんなことがあって一年間、別な手でプロデューサーを驚かせてみようと試行錯誤したものだったが、どうにもプロデューサーの方が何枚か上手なようで、
逆に彼女が驚かされる日々が続いたのだった。彼女はプロデューサーの鼻を明かすことが出来ず少し歯がゆかったが、それと裏腹にどこか驚かされることを楽しんでいる自分がいることをなんとなく自覚していた。




[ 2016/12/27 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

凛飛鳥蘭子「『昼夜侯爵と帳の姫』?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478445502/

2 : ◆9CUtNS6CZQ 2016/11/07(月) 00:19:14.91 ID:0oHJoMo70
某日・事務所

モバP(以下P)「・・・ハイ、ハイ・・・ではその通りにお願いします、ハイ!」

飛鳥「・・・・・・」


P「ハイ、それでは!」ピッ

P「ーーーっいよっし!」

飛鳥「随分と機嫌がいいようだね。電話の話し方からして仕事関係だとは思うけど、一応改めて聞いておこうか?」

P「ふふふ・・・聞きたいか?聞きたいか二宮飛鳥?そうか聞きたいか!ならば教えてやr」

飛鳥「茶番は十分だよ、プロデューサー。早く本題に入ってくれ」

P「あ、そうかい・・・」ションボリ

P「・・・っと!本題を忘れるところだった」

飛鳥(全く、感情の起伏が激しいヤツだ・・・)

P「なんと!飛鳥が主役どころの演劇の仕事が契約できたんだ!」

飛鳥「へぇ、演劇ね・・・演劇?今までなかったタイプの仕事じゃないか?随分と珍しいね」




ページランキング