ヘッドライン

結城晴「二人の勇気が!」 乙倉悠貴「合わさればっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489374941/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/03/13(月) 12:15:41.32 ID:r1oe/GaXO
晴「うーん、いいのが思い浮かばねえ」


悠貴「晴ちゃん?さっきから唸ってるけど、どうしたんですかっ?」


晴「あ、声出てたか?ちょっと考え事してた」

悠貴「悩みがあるなら相談乗りますよっ?」

晴「いや、大丈夫。これはオレ個人の問題だから、自分で考えねえと」

悠貴「そう?ならいいけど、もし私に手伝えることがあったら言ってくださいねっ」

晴「サンキュー。もう少し考えて駄目だったら頼む」

悠貴「はいっ!」

晴「こう、うまい感じで……」

悠貴(ジュースついであげようかな)

晴「二人とも名前にユウキが入ってるのは使いたいよなあ」

悠貴「それ本当に晴ちゃん個人の問題ですかっ!?」




モバP「緒方智絵里は天使になりました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488770010/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/03/06(月) 12:13:30.96 ID:hDsGEbBbO
モバP「ふむ、『智絵里ちゃんは天使』『エンジェルちえりん』。……流石だな」

智絵里「ただいまです」


かな子「レッスン終わりました」


モバP「おかえり、お疲れ様」

杏「その通り、疲れちゃったよ。一週間ぐらい休みないの」


モバP「その一週間後に控えたライブのためのレッスンだからな。無理だ」

杏「ぐぬぬ」

かな子「プロデューサーさんは何をしているんですか?」

モバP「ああ、そのライブに向けて届いているファンレターのチェックと整理をな。後で渡すから読んでくれ」

かな子「はい、嬉しいです」




市原仁奈「はじめてのおしょくじ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484055631/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/01/10(火) 22:40:31.51 ID:1vmwn4+80
ウチは親父が定食屋を営んでいて、息子の俺も時々手伝いをさせられる。

その時々というのは親父に見つかって逃げ切れなかった時という意味なので、つまり俺は親父の手伝う気はまったくない。

だからあの日、バイクで仲間とひとっ走りして帰った日の夜も、裏口から親父に見つからないようにこっそり部屋に戻る予定だった。

だったのだが。

店兼家の前まで帰ってきた時に、俺は見てしまった。

「……うさぎ?」

店の引き戸の前で、人間の子供ぐらいでかいうさぎが店の方を向いて二本足で佇んでいるところを。





[ 2017/01/11 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

白菊ほたる「それは涙ではないのだから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480213629/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/11/27(日) 11:27:10.14 ID:2h7CC88o0
私、白菊ほたるは不幸の星のもとに生まれてきた。

でも、それでも不幸なりに諦めずに夢を追ってきたつもりだ。

初めて入ったアイドル事務所が倒産した時も、次に入った事務所がまた倒産した時も、その後も、アイドルを続けたいという思いは捨てずに頑張ってきた。

先日入った事務所での初ライブで、機材が謎の故障をしてライブが中断されるまでは。

「また私の不幸のせいで……」

新しい事務所は、今まで所属してきたどの事務所よりも暖かった。

プロデューサーさんは、私が不幸体質だということを伝えても受け入れてくれた。

トレーナーさんは、新人の私を見てトレーニングメニューを考えてくれる。

アイドルの先輩たちは、私の不幸を見てもそばに居続けてくれる。

暖かで、心地良い。

ここでなら私も変われるのではないかと、そう思ってしまうほどに。




工藤忍「飛び出し娘と一人の異星人」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477807410/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/10/30(日) 15:03:31.10 ID:ZOUFLRbt0
忍「ここがアタシが所属することになる事務所ね」


忍「アイドルになりたいって言ってもまわりから反対されて、なかば喧嘩別れみたいに上京して、やっと掴んだ夢の一歩」

忍「もう後戻りはできない。どんなに辛くてもアイドルになってみせる!」

忍「ずっとテレビで見てきた、センターで輝くアイドルのように!」

忍「……よし!行こう。挨拶は元気に、初めが肝心だよね」

忍「おはようございます!」ガチャ

菜々「はぁ~、お茶美味しい」


忍「失礼しました」バタン

忍(……メイドさんがいた)




鷹富士茄子の夢は叶う

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476447968/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/10/14(金) 21:26:08.60 ID:Qr6uM4Iv0
「本年度アイドルアワード受賞者は、鷹富士茄子さんです!」

ステージで司会者が茄子の名前を読み上げる。

この瞬間、茄子がトップアイドルになった。

茄子の夢が、ついに叶ったのだ。

それを俺は……。




鷺沢文香は恋を読む

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475666004/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/10/05(水) 20:13:24.69 ID:W0j7LR0q0
文香と同棲してから半年が経った。

「ただいま」

今日は仕事が長引き、いつもより帰りになってしまった。

文香はもう寝てるだろうか。

ちら、と文香の部屋に目を向けるとどうやら部屋の明かりはついている。

しかしノックをしても返事はない。

「ふむ」

俺が帰るのを待って部屋で本を読んでいて寝落ちしたか、本に集中しすぎて帰宅に気付いてないか。

俺は音を立てないようにドアを開けて部屋の中に入る。

本棚に囲まれた部屋の中、机に突っ伏して寝ている文香の後ろ姿が見えた。

「寝落ちか」

同棲を始めてから何度となく見た光景への愛おしさに頬がにやける。

いつまでも見ていたいが、そういうわけにもいかない。

さて今日はどんな本を読んでいたのかな、と起こす前に手元を見ると、そこには本ではなく原稿用紙が置かれていた。





[ 2016/10/09 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

工藤忍と白雪姫のおまじない

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472993328/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/09/04(日) 21:48:48.43 ID:sQoozybl0
「ねえ、忍。『白雪姫』のウワサ知ってる?」

昼休み、お弁当を食べていたらクラスの友達が話題を振ってきた。

「白雪姫って童話の?」

「ううん。今ちょっと話題になってるおまじないというか都市伝説なんだけど」

それなら知らなくても仕方ない。

私はアイドルをしていて特に最近はそれなりに売れてきたから、よく学校を休んだり早退する。

そのため女子高生全体の流行には詳しくても、こういった学校や地域レベルの流行には疎くなりがちだ。

でも女子高生の間で流行るおまじないといえば、予想するのは簡単。

「わかった。つまりその『白雪姫』にお願いすれば恋が叶うんでしょ」

「全然違う」

ばっさりと切られた。

「『白雪姫』はね……」

そこで彼女は声をひそめて。

「人を殺してくれるの」




[ 2016/09/05 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

森久保乃々「男なんですけど…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470489274/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/08/06(土) 22:14:35.08 ID:WON1yD+x0
「今日も暑いねー。ペロは大丈夫?」

「ん……大丈夫、だって……」

「ヒョウくんはひんやりしてますよー」

乃々(年下)

「クーラーをもっと高性能に改造してみるか」

「お魚を冷やす機能が欲しいれすね~」

「それはいらんじゃろ」

乃々(同年代)

「あれー?冷蔵庫に入れてたビールないよー」

「ああ、それならちひろさんが回収してたよ。酒類は禁止だと言ってね」

「え!?あたし今日それ目当てで事務所来たのに」

乃々(年上)

乃々(事務所の中には年齢がばらばらな、でもみんな綺麗な女性ばかりが集まっています)

乃々(当然です。ここはアイドルの事務所なんですから。ここにくる男性なんて、今は外出中のプロデューサーさんぐらいです)





P「佐竹美奈子№1決定戦?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459271686/

1 : ◆8ozqV8dCI2 2016/03/30(水) 02:14:46.54 ID:zKW8GgC10
P「№1佐竹美奈子P決定戦?なんだこれ?メールの送り主は美奈子みたいだが」

友P「お前も貰ったか」

P「友人P。ということはお前も?」

友P「ああ、どうやら美奈子担当の全プロデューサーに美奈子からそのメールが届いているらしい」

P「あいつ何を考えてるんだ?それに№1ならいつもランキングで決めてるだろう」

友P「ファン数によるランキングでは美奈子は不満なのかもしれない」

P「どういうことだ?」

友P「つまりだ。美奈子のファン数を最も稼いだ奴と、美奈子が上位のイベントで1位だった奴のどっちが№1美奈子Pか、って話さ」

P「確かにどっちも甲乙つけがたいな」

友P「他にも、美奈子目当てでガシャを一番多く回した奴が№1かもしれないし、逆に一発で美奈子を引いた奴こそ天の認めた№1かもしれん」





ページランキング