ヘッドライン

【モバマス】Natalia「Por do sol」

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/10/12(木)00:52:10 ID:sHC
強い独自設定あり。
この作品はフィクションです。実在する地名、行事等々と作中のものには一切の関係がございません。
よろしくお願いします。


2 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/10/12(木)00:52:50 ID:sHC



 おひさまみたいに笑う子だった。幼い心にそう思ったのが、少年の異国における最初の記憶だ。

 人通りの多い市民公園の中、レッドシダー製の茶褐色のベンチに腰掛けて少年は所在なく地面を見つめていた。視界にふとサンダル越しの褐色の肌が見えて顔を上げると、日光を跳ね返しそうなほどに白いワンピースが目に眩しかった。

「Vamos brincar!」

 不思議な呪文のように響く少女の言葉を少年が理解することは叶わない。まだ齢七つの少年にとっては日本語だけが言語だった。

 反応を返さない少年に、少女は笑顔のままこてんと頭を傾けた。

「Hay que jugar?」

 わからなくて、少年はかぶりを振った。

 少女の言葉は、どちらも『遊ぼう』という意味だった。ぼんやり俯いている少年が気になって仕方がなかったのである。歯を見せて笑う少女にとっては、少年の顔はとても退屈そうに映った。

「……なに言ってるのか、わかんないよ」

 一方の少女も日本語はわからない。呟くように言うと、少女は今度は逆側に首を傾げてしばらく、それから自身の胸に手を当てた。

「Natalia! …………ナターリア!」

 少女────ナターリアは、名乗るなり少年の手を取って駆け出した。

「えっ、ちょ、ちょっと……なになに!?」

 びっくりするヒマもなく無理やり立たされ、転ぶのは頼りない足でなんとかこらえた。

「どこ行くの!?」

 日本語の問いには答えず応えられず、ナターリアは声を上げて笑って、楽しそうにずんずんと走って行く。つないだ手はそのままに少年は引っ張られるのに任せて足を動かした。

 見える横顔は、やっぱりおひさまみたいだった。




【モバマス】P「秋波に千鳥」

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/09/17(日)15:49:11 ID:OWT
独自設定あり。
よろしくお願いします。


2 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/09/17(日)15:49:59 ID:OWT

 ────やめてください。

 そう言って手を振りほどかれたのは、松本沙理奈にとって初めての経験だった。

 自分の魅力は自身でしっかり理解していた。その顔が区切りとして美人の枠に入ることも。その身体が異性を惹きつけることも。

 だから、男性との初対面では積極的に距離を詰めていくことが合理的なやり方だと思っていた。実際、それは彼と出会うまでは有効だったのに。

 よろしくね、と組みにいった腕は、気難しそうな声と顔とに弾かれた。

 不愉快だった。というわけではなく、単に驚いたのだ。今までにはないことだったから。

 アイドルになった沙理奈とそのプロデューサーとの出会いは、彼女にとって未知の展開から始まった。




【モバマス】P「在り処をさがして」

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/09/05(火)22:34:06 ID:mMs
独自設定あり。
よろしくお願いいたします。

2 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/09/05(火)22:34:35 ID:mMs

 前略 二十歳の自分へ。
 もしもこの手紙が届いたなら、就職活動をどうするかで今一度しっかり悩んでくれ。




【モバマス】P「平成浪漫談義」

2 :◆77.oQo7m9oqt 2017/08/02(水)18:42:15 ID:G7r

P「…………」カタカタカタ

P(チラッ)

(書類の山)(資料の束)(etc...)ドッサリ


P(……終わらん……)カタカタ

P(……なんでこのデカイ事務所にプロデューサーひとりしかいないんだよ。おかしくね? 無理じゃね? 普通に考えて)カタカタ

P「ふー……」カタカタ

P「…………」カタカタ



愛海「ふんふーん♪ プロデューサー、いるー?」ガチャ


P「ん? ああ、愛海か。どうした?」カタカタ

愛海「あ、いたいた。今ヒマ?」

P「……えっ、マジで? ヒマに見えんの?」カタカタ

愛海「あはは、見えないねー」




【モバマス】P「土をかぶったプリンセス」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500116797/

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/07/15(土) 20:06:37.85 ID:+jykf0ly0
地の文メイン。
独自設定あり。
未熟者ゆえ、口調等に違和感があるかもしれません。
どうかご了承ください。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 20:07:35.46 ID:+jykf0ly0
1.

誕生日、ってのを手放しで喜べなくなったのは、一体いつからだったろう。二十歳になったときは酒と煙草の解禁に小躍りしたものだが、それ以降は歳を重ねる、ともすれば死に近づく自分が嫌になる気持ちの方が強かったように思う。

生まれ落ちてから三十を数えた年は、年初からロクなことがなかった。
前年末に買った宝くじは四桁の当たりすらなかった。政権が代わって酒税と煙草税が上がった。春頃についでとばかりに消費税も上がった。さして給料が上がる訳でもない昇進を果たし、責任が増した。好きな球団はクライマックス・シリーズに進むこともできなかった。
挙げ始めれば止まらないほどに散々だった。

三十になるその日、誕生日を祝う人はいなかった。親元から離れて十年以上が経っていたし、自分で家族を作る努力もしていなかった。男やもめの職場の同僚には、そんな可愛げのあることをしてくれる奴はいなかった。交友のある人たちもまた同様だ。

ただ、たまたまのプレゼントをしてきた友人がいた。昔からの付き合いのある男だ。こちらの誕生日を祝う意図はなかったんだろうが、奇しくもそれはその日だった。
渡されたのは、一枚の薄っぺらな紙。
履歴書だった。

「人手不足なんだろ? こいつ、雇ってやってくれねえかな」




【モバマス】P「四手連弾・転調」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498913083/

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2017/07/01(土) 21:44:44.12 ID:WMIgWMbh0
地の文メイン。
独自設定あり。
未熟者ゆえ、口調等にミスがあるかもしれません。
どうかご了承ください。





ページランキング