このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

【ガルパン】冷泉麻子「境界線のアムネジア」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504277326/

1 : ◆663LzicDVs 2017/09/01(金) 23:48:47.13 ID:R8UIbKW00
・麻子さんお誕生日記念ということで

・若干みほまこ気味です

・良ければこの辺の過去作もよろしくお願いします

沙織「みぽりんが……理想の婚約者?」

亜美「蝶野が斬る!」みほ「恋のお悩み特集です」

【ガルパン】角谷杏「ピーピング・ウォー?」

【ガルパン】澤梓「二月ウサギとバレンタイン」

ペパロニ「アンチョビ姐さんの卒業を阻止する画期的なアイデアを思いついたっす!」

【ガルパンSS】 「そんなものはない」

武部沙織「みぽりんが……ネットで炎上してる?」

役人「君と世界に花束を」【ガルパンSS】

2 : ◆663LzicDVs 2017/09/01(金) 23:51:01.53 ID:R8UIbKW00
 家の門の前に立って待っていると、やってきた沙織に開口一番驚かれた。

「うそっ!? なんでもう起きてるの、麻子!?」

「うるさい……」

 私はしっしっと手を振る。自分でも機嫌が良くないのは自覚していた。

「だって今日始業式だよ? 夏休みはいつもの二倍増しで夜更かしになるから絶対起きられないって自分で言ってたじゃん」

「夢見が悪かったんだ。そのせいで目が覚めてしまった」

「夢……?」

「ああ、妙な夢で……」

「はいはいそこまで」

「あ、おばさん。おはようございまーす」

 ぱんぱんっ、と手を叩いて玄関から出てきたエプロン姿の母さんに、沙織が礼儀正しく頭を下げる。

「立ち話してるとせっかく早く起きられたのにまた遅刻よ、早く行ってらっしゃい。沙織ちゃんもいつもお迎えありがとうね」

「いえいえー、まあ習慣みたいなものですから」

「さっさと行くぞ」

 あたふたと頭を掻きながら母さんに愛想笑いしている沙織を置いて歩き出す。

「あっ、んもー! ちょっと麻子ぉ!」

「あっ麻子」

 頬を膨らませて追いかけてくる沙織の後ろから、母さんが微笑む。

「車に気をつけてね」

「……うん」




【ガルパン】澤梓「二月ウサギとバレンタイン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455174222/


1 : ◆663LzicDVs 2016/02/11(木) 16:03:42.92 ID:swoqSN060
沙織「みぽりんが……理想の婚約者?」
 のリクエストにあった、澤梓ルートです

・百合

・劇場版ネタバレ注意

・元スレの設定は引き継いでいません

2 : ◆663LzicDVs 2016/02/11(木) 16:08:11.83 ID:swoqSN060
みほ「皆さん、練習お疲れさまでした。明日はお休みですけど、各自車両点検してから解散にしてください」

「「お疲れさまでしたー!」」

梓(今日の西住隊長も、かっこよかったなぁ……)ポーッ

梓(指揮してる時の隊長って、表情はきりっとしてるのに肩にはムダな力とか入ってなくて、自然体で……)

梓(そこが逆に余裕を感じさせるというか、頼もしいというか……素敵なんだよね)

梓(逆に戦車を降りたとたんにほわほわした雰囲気になるのは……ギャップがあって何か可愛い)

梓(あっ!特に何もない所でなぜかつまづいた!)

梓(……と思ったら秋山先輩と武部先輩に支えてもらってた)ホッ

梓(さすがあんこうチーム、息が合ってるなぁ……私たちも見習わないと)

梓(でも、もし私があそこにいたら……)

モヤモヤ


◇◇◇

梓「西住隊長!大丈夫ですか?」

みほ「あ、ご、ごめんね澤さん、お姫様抱っこの体勢で抱きとめてもらっちゃって……」

梓「いえ!これぐらいお安い御用です。むしろどんとこいです!」ニコッ

みほ「あ、あの……でももう平気だから……そろそろ下ろしてもらえるかな?///」

梓「ダメです」

みほ「えっ?」

梓「西住隊長はいつも危なっかしくて見てられませんから……もうこのまま抱っこで運んであげます♡」

みほ「さ、澤さんっ……///」トゥンク♡

◇◇◇


梓(な……なーんちゃって……///)

梓(って、何考えてるの私、都合良すぎだよ!大体お姫様抱っこになる意味も分かんないし、そもそもそんな腕力ないし……)

梓(だからむしろ、支えきれなくて失敗しちゃう感じで……)

桂利奈「梓ー?」







【ガルパン】角谷杏「ピーピング・ウォー?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453483600/

1 : ◆663LzicDVs 2016/01/23(土) 02:26:40.86 ID:Emdfiaq90
沙織「みぽりんが……理想の婚約者?」

 のリクエストにあった、軍神大激怒ルートです

・リライトバージョンになります

・元スレと時系列は繋がってませんが、愛里寿が大洗に転校してきた設定のみ引き継いでいます

2 : ◆663LzicDVs 2016/01/23(土) 02:28:02.13 ID:Emdfiaq90
華(皆さんは、この世には絶対に触れてはいけない禁忌があることをご存知でしょうか?)

麻子(これは、その禁を破った愚か者たちの末路を描いた物語だ)


──生徒会室──

杏「どーおー猫田ちゃーん、うまく行きそー?」

ねこにゃー「う、うん……た、多分、もうちょっと……」カチャカチャ 

杏「お、映った映ったー。どれどれー?」

ねこにゃー「フォーカス合わせて……こ、これで、OK……」ポチッ

桃「あの、会長?さっきから……何をしてらっしゃるんですか?」

柚子「その画面に映ってるのは……更衣室?」

<シュルッ…パサッ…>

ねこにゃー「デュ、デュフフ……に、西住さんの、き、着替えシーン……」ジュルリ

杏「おおー。いいねぇー。、ボコ柄パンツも可愛くて似合ってるじゃーん」ニヤニヤ

桃「な、な、な……」

桃「一体、何をやってるんですかぁぁーっ!?」ガビーンッ!

柚子「まさか、盗撮……!?」




役人「君と世界に花束を」【ガルパンSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501360854/

1 : ◆663LzicDVs 2017/07/30(日) 05:40:54.79 ID:DcA3DrBQ0
・劇場版ノベライズの辻に関する設定はほぼ無視しています

・官僚機構・法案成立に関する記述には多数の捏造と間違いと不足を含みます

・モブキャラクターが複数登場します





[ 2017/08/01 13:25 ] ガルパンSS | TB(0) | CM(0)

武部沙織「みぽりんが……ネットで炎上してる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477158459/

1 : ◆663LzicDVs 2016/10/23(日) 02:47:39.39 ID:jO3wDwPW0
・ガルパンのSS

・みぽりん誕生日おめでとう!

・社会人みほさお友情風味です


2 : ◆663LzicDVs 2016/10/23(日) 02:48:55.64 ID:jO3wDwPW0
高校生の頃は、お昼のワイドショー番組なんて見てるのおばさんだけでしょって思ってたんだけど。

 最近、気がついたら見ちゃってるんだよねえ。っていっても私がおばさんになったってわけじゃないよ! ちょっと昔からの念願であるところの結婚を果たした上についでに娘まで授かっちゃったとはいえ、まだまだ一桁を切り捨てすればハタチなんだから。

 でもねぇ……こんなこと言うとぜいたくかもしれないけど……夫が仕事に出た後の主婦って暇なんだよね。掃除、洗濯、炊事。毎日の家事も子供の頃から女子力アップを目指してスキル身に付けてきた私にとっては、手早くきっちり終わらせるのもお手の物。手早すぎて、午後になるともうやることがないの。

 じゃあ遊びにでも行けばって?そういうわけにもいかないんだよね。何でかって?

「あーっダメーっ! それもぐもぐしちゃダメよ! ぺーしなさい、ペー!」

 うちの子がちょうど1歳半になったとこでやんちゃ盛りだからだよ! 私は大慌てでベビーベッドに駆けていき、ゆかりんからもらった戦車型のぬいぐるみをその口から引きはがす。あーもー、よだれまみれにしちゃって……と思ってたら、ふぇっ、ふぇ……っ、という例の予備動作が始まった。

 ぬぅっ……来るかー! と構える私の前で、案の定びぇぇぇぇ! と盛大な大噴火が始まってしまった。 

「よーしよし……いい子ねー、でもママを怒んないでくだちゃいねー、わるいのはヘンなオモチャをくれたゆかりんおばさんなんでちゅよー」

 と努めて冷静に抱き上げてなだめるその後ろで、つけっぱなしのテレビが浮気した芸能人の謝罪会見やら、セレブマダムの超豪華なご邸宅拝見やらの特集を放送していた。

 要するにこういうこと。小さい子持ちの主婦業をやりつつ平日何となく過ごしてると、結局ワイドショー番組が一番頭の中に流れ込んできちゃうってわけ。




逸見エリカ「元副隊長と隊長に同時に告白された…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473042396/

1 : ◆R090gPznyw 2016/09/05(月) 11:26:37.28 ID:QNuv7+5K0
・ガルパンのSS

・百合



2 : ◆663LzicDVs 2016/09/05(月) 11:28:03.48 ID:QNuv7+5K0
──夜 エリカ自室──

prrrr… ピッ

みほ『こんばんは、エリカさん!』

エリカ「副隊長?……ああ、”元副隊長”でしたね。急に電話してきて何か用なの?」

みほ『もう、逸……エリカさんってば』

エリカ「はいはいわかったわよ、みほ。でも最近のあなたの話題って本当にくだらないことばかりなんだもの」

みほ『うう、私はエリカさんと仲直りできて、またお話できるようになって嬉しいだけなのに……』

エリカ「言っておくけどボコの劇場版ならもう観に行かないわよ、大体ブルーレイが発売されたのにまだ上映してるとか頭おかしいと思うわ」

みほ『そんな、ヒドいですボコだってがんばってるのに……って、ごほん。今日はね、もっと大事な用事で電話したんです」

エリカ「へぇー、何よ?」

みほ『その……ね? エ……エリカさんっ。好きです! 私と付き合ってください……っ!』


エリカ「…………え?」




【ガルパンSS】 「そんなものはない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459452982/

1 : ◆663LzicDVs 2016/04/01(金) 04:36:23.11 ID:SGHEm4Bk0
・ガルパンのSS

・百合

・みほゆか

・地の文あり

・エイプリルフールなので書きました

2 : ◆663LzicDVs 2016/04/01(金) 04:40:21.84 ID:SGHEm4Bk0
 失礼します。お悩み相談部というのはこちらでありますか?

 生徒の悩みならどんなことでも、秘密厳守で答えてくれるっていう……あ、こちらでいいんですね、良かったです。

 すみません、座らせていただいてもよろしいでしょうか。ちょっと疲れておりまして。
 
 え、目の下にクマが? はい、まあ、ちょっと事情がありまして……ご相談させていただきたいことがあるんです。 

 私は二年普通科の秋山優花里と申しまして……え、ご存じ? はい、戦車道クラスの……Ⅳ号H型仕様の装填手をしております。

 H型仕様と申しましても実際にはD型をベースに改造しておりますので、実際のスペックとは異なりましてですね……あ、はい、すみません。本題に入りますね。

 まずは、そもそもの事の起こりからご説明させてもらってもよろしいでしょうか?

 あの、私、恥ずかしながらですね……今まで友達、というものを持ったことが無かったのであります。

 子供のころから戦車にばかり夢中になってたせいなのか、他の同年代の子の話とかについていけなくて……気がつくといつも一人ぼっちで戦車のプラモデルで遊んだりとか、戦車が出てくる映画みたりとか、自衛隊の公開演習や戦車道の試合を見に行ったりとか……

 あっ、そんな憐みの目で見ないでほしいであります! こんな私でも、今は立派な友達がいるんですから!

 何と言っても、一番仲良くさせてもらってるのは、あんこうチームの皆さんですね。先ほどのⅣ号のチームクルーであります。

 明るくて女子力抜群、チームのムードメーカーの武部殿、ちょっと遅刻が多いですけどいつでも沈着冷静で、超絶技巧の操縦技術をお持ちの冷泉殿、おっとりした美人さんなのにときどきお茶目で、レティクルに向かうとすごい集中力を発揮される五十鈴殿……皆さん私なんかにはもったいないような素敵な方たちばかりです。

 その中でも、あの……私がその、仲良くというか、尊敬しているというか……とにかくいつでも一番気になってしまう方が、西住みほ殿なんです!




[ 2016/04/01 17:55 ] ガルパンSS | TB(0) | CM(0)

ペパロニ「アンチョビ姐さんの卒業を阻止する画期的なアイデアを思いついたっす!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456013672/

1 : ◆663LzicDVs 2016/02/21(日) 09:14:32.39 ID:Gfhx4St10
・ガルパンのSS 劇場版ネタバレ注意

・百合



2 : ◆663LzicDVs 2016/02/21(日) 09:17:01.75 ID:Gfhx4St10
──アンツィオ高校 コロッセオ──

「ま、マジっすかペパロニさん!」

「すげー!」

「ドゥーチェがいてくれれば来年もアンツィオは安泰だぁー!」

「それで、一体どんなアイデアなんすか?」

ペパロニ「へへー、聞いて驚け。今他校で流行ってるらしいんだが、催眠音声っていう方法があるんだよ」

カルパッチョ「げほッ!?」

「さいみん……なんすかそれ?」

「チーズの種類っすか?」

ペパロニ「違う違う。あー、えっと、何だっけ。とにかく、それを聞かせれば相手は気持ちよーくなって何でも言う事を聞いてくれるようになるらしいんだなこれが」

「へぇぇー」

「何かよくわからないけどすげー」

カルパッチョ「あ、あのペパロニさんあなた、そんなの……どこで聞いたの!?///」

ペパロニ「インターネットで詳しい人が教えてくれたんすよ。たしかハンバーグさんとか言ったかな」


────某黒森峰女学園 寮の一室──

戦車道の先輩っぽい声『ゆっくり、ゆーっくりと深呼吸しろ……何も考えなくていい……おまえはもっともっと堕ちていく……もっともっと気持ちよくなれる……』

詳しい人「あ、ああ……はい、隊長ぉぉ……///」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 09:21:57.76 ID:2S36y2p3O
趣味がネットサーフィンだったばかりに・・・




ページランキング