ヘッドライン

【ペルソナ5】春「美少女怪盗を名乗る前の話」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503426151/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/23(水) 03:22:31.54 ID:/e4K++fi0

 感情から切り離した笑顔は得意だった。

「美味しいです。素材の味が生きていて、素敵ですね」

 実際は単に薄味なだけだったけど、大人たちは笑っていたから自分も笑顔で合わせていた。

「奥村さんとこの娘さんはよくできていますなあ。うちのドラ息子とは大違いだ」

「父さんはいつもそう言うんだ」

 ははは、と何が面白いのかわからない会話。ドラ息子は単なる謙遜であって、それが事実だとは思いもしていない親バカの言葉。

 奥村春は、どんどん心が冷えていくのが自分でもわかっていた。

 今時政略結婚だなんて。

 くだらないと思う。だけど会社の経営のためだと言われれば仕方がなかった。

 父がオクムラフーズをここまで再建するのに、どれほどの努力を、あるいは執念を燃やしていたか、自分は知っている。強引なやり方でたくさんの人が泣いてきたことも、身を以て知っている。

 その犠牲の搾取としての富に浴してきた者としては、犠牲を無駄にするわけにはいかない。富は維持してこそ意味があるのだから。だから経営に必要ならば、奥村春には義務がある。

 本当に、必要ですか? お父様。

「春」

「はい、お父様」

「式場の打ち合わせがある。お前は帰っていいぞ」

「でしたら僕が送りましょう」

「お前と春さんの披露宴だ、お前がいなくてどうする」

 私の意思は必要ないのですね。

 どうでもいいことだったから構いはしない。それよりは、この空間を早くに脱出できることの方がありがたかった。

 父が、婚約者が、せせら笑った気がした。






[ 2018/06/30 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
ページランキング