ヘッドライン

真美「五年後の未来で」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444573443/

3 : ◆3yYIFUhmZg 2015/10/11(日) 23:27:06.55 ID:SQlYS2GG0




自作の支援絵です。
今回は、真美が可愛い話にする予定なのでどうぞ最後までおつきあいください。


4 : ◆3yYIFUhmZg 2015/10/11(日) 23:27:50.40 ID:SQlYS2GG0

[五年後の未来]


チュンチュン


P「……う、ううん」

P(朝の陽ざしが飛び込んできて、俺は意識を取り戻した)

P(昨日残業したせいか、体を起こそうにも言うことをきかない)

P(……あーあ、今日も一日仕事かあ)

P(春香の営業もあるし、他には貴音や真もあったな……)






響「2」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441547161/


1 : ◆3yYIFUhmZg 2015/09/06(日) 22:46:01.21 ID:IETocK+S0

このスレは
春香「私達は仮想世界『THE IDOLM@STER』で生きている」
の続編となります。

前スレを読んでいなくても内容自体は分かるかと思いますが
読んでいただいた方がより理解できるかと思います。


2 : ◆3yYIFUhmZg 2015/09/06(日) 22:48:34.71 ID:IETocK+S0

[Dream]


* * *

「進め 私の心 どこまでも 夢を描いて」

どこからか聴こえてくるメロディが耳に届いた。

皆で円になって歌う幸せな音がそこにはあった。

「進め きらめくステージ めぐり逢えた奇跡 ここから始めよう」

ステージの上から眺める人たちの声が届く。

みんなの笑顔が瞳に飛び込んでくる。

「歌って歌って 届け明日へ」

両手を広げて大きな声で歌う。

「歌って歌って 届けてあなたに」

この歌を聞いてくれている全ての人たちに届くように。

「あげる 終わらない全てを」

ここに立つ全員で、その思いを一つにして。

そうだ、自分たちは――。


* * *




[ 2015/09/08 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

春香「私達は仮想世界『THE IDOLM@STER』で生きている」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434271168/

1 : ◆3yYIFUhmZg 2015/06/14(日) 17:39:38.23 ID:bPOs36HO0

[Intro]

Welcome to the world of [THE IDOLM@STER]....


2 : ◆3yYIFUhmZg 2015/06/14(日) 17:40:35.84 ID:bPOs36HO0

[Bag world]

プロデューサーさんの消息がつかなくなってから、もう三週間ほど経っていた。

捜索願を出したものの、私達は見つかるまで待っていることしかできない。

警察の関係者の方とも話すことがあったし、事情聴取も何度か受けた。

だけど、それも発見に至るものにはならなかった。

そして、なんの音沙汰もなく消えてしまったために、もちろん私達の仕事も停滞していた。

新たなプロデューサーを立てる案も出ていたが、それもまだ見つからないまま。

みんなも、それをずっと気にかけたまま生活していたようだった。

ソファに座って、みんなで話しているもののその会話はどこか空虚に感じられた。

みんなもプロデューサーさんがいなくなったことを、今も不安で胸が一杯なのだろう。

それは、私、天海春香にしても同じことだった。




[ 2015/06/15 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)
ページランキング