ヘッドライン

武内P「Pちゃんと入れ替わっちゃったにぃ☆」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428585284/

1 :@VJP ◆3R9GEH/ofI 2015/04/09(木) 22:14:44.36 ID:/PjN7MEg0
武内P「急いでください諸星さん」

諸星きらり「ちょっと待っててPちゃん!」


千川ちひろ「お二人共~お仕事の前に体力回復のドリンクをどうぞっ」

武内P「ありがとうございます千川さん。頂きます」

きらり「ありがとにぃ☆」

武内P ゴクゴク

きらり ゴクゴク

武内P「ふっー.......準備は出来ましたか?」

きらり「うん!それじゃ、行ってきまーすぅ☆」

ちひろ「はい行ってらっしゃーい♪」フリフリ


ガチャ バタン




ちひろ「何だかんだいいコンビですよね.....ふふっ♪」

ちひろ「.....よし、ドリンクを片づけてっと........?」

ちひろ「あっ」




武内P「アイドルの授業参観、ですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427982128/

1 :@VJP ◆3R9GEH/ofI 2015/04/02(木) 22:42:09.26 ID:gkBvKAkQ0
千川ちひろ「はい♪プロデューサーさんの知らないアイドルの一面を見れば、これからのプロデュースが輝かしいものになるのではないかと!」


武内P「それは....どうでしょうか」

今西部長「いいんじゃないかな?プロデュースするには、彼女達とのコミュニケーションが必要だ。
それがプライベートなら、なおさらだと私は思うよ」

武内P「.......では、アイドル達に話を」

ちひろ「ダメですよ!アポありで行ったら予習してアイドル達の一面を見れないかもしれません!」

武内P「は.....はぁ.........」※首に手をあてる

今西部長「では学校の方とご両親には私が連絡を入れておくよ。こう言っちゃ悪いが君の場合、保護者として来ても怪しまれる可能性があるからね.......」

武内P「........お手数をお掛けして、すみません。ではお願いします」




ミリP「私立岡村ミリオン女学園」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449828180/

1 : ◆3R9GEH/ofI 2015/12/11(金) 19:03:00.64 ID:yuDA238R0
765の作者ではありません。ご了承ください。

2 : ◆3R9GEH/ofI 2015/12/11(金) 19:17:53.20 ID:yuDA238R0
『秋が冬に変わり、そして翌年の春になると皆さんお待ちかねのミリオン3rdLIVEの季節』


『今日、東京・お台場、3rdLIVEで披露するカバー曲録音のため場所を設けたが.....?』


キーンコーンカーンコーン


『ありもしない学校のチャイムがフジテレビ全体に鳴り響いていた!録音現場と見せかけた扉一枚向こうには~?』



【お台場・フジテレビスタジオ7F カバー曲録音現場】



『期末テスト恒例の教師、岡村先生は胸を張って仕事に挑むアイドル達を今か今かと待ち続けていた!』




ミリP「シアター組魅力本です」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446907332/

1 : ◆3R9GEH/ofI 2015/11/07(土) 23:42:12.91 ID:RaoXTxVQ0


小鳥「プロデューサーさんはあなたのことが大好きみたいね」



「え?」









[ 2015/11/13 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(3)

課金破戒録カイジ ガチャ沼篇

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445611168/


2 : ◆3R9GEH/ofI 2015/10/23(金) 23:48:36.65 ID:7Eg4+Ur+0
財布はちひろの手の中―――

そう・・・確かにそれはそうかもしれない。

しかしガチャの結果が誰も皆明るいとは限らない。

古参や、班長や、利根川のガチャは明るそうな気がする。

なぜなら彼らは積み重ねているから。

積み重ね課金していない者にとってこの言葉はつらい・・・



伊藤カイジ「またR・・・・・・」←積み重ねていない奴

カイジ「また負けた・・・・・また負けちゃった・・・・・」

利根川「不運だな・・・10連3回で全て白封筒とは・・・・!」



あの前川攻略の一件から数日・・・カイジは狂うようにガチャを回していた。

回せど出るのはR・・・しかも既存。既に所持。

迷うごとなきスターレッスンを済ます。

だが、カイジの経済環境は比較的整っていた。

元帝愛の利根川が最低限の経済支援をする代わりに、カイジの家に居候。

自分の家を持っているにも関わらず、老後の孤独死を免れるためか、居候。

しかし支援のみで二人の課金額はそれぞれの収入から差し引かれる。

カイジがスーパーのバイトで得られる一か月の給料、

およそ10万。

月10万が課金の上限。

一方利根川の貯金、底知れず・・・・。



カイジ「次こそSSR・・・!」

利根川「ククク・・・・無駄だ、カイジくん・・・・・」



がちゃ・・・  がちゃ・・・

   がちゃ・・・   がちゃ・・・



カイジ「はぁ~・・・・また宮本・・・・」



現実はそう甘くなく、またしてもR。

競泳新田を狙ったカイジにとって、真逆の属性。

だが悔しいように見せかけ、実際そうでもなかった。

その理由・・・

安心感。月10万課金できることの安心感。

これが感情を支配。




[ 2015/10/25 11:55 ] その他 | TB(0) | CM(2)

課金黙示録カイジ デレステ篇

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444391614/

1 : ◆3R9GEH/ofI 2015/10/09(金) 20:53:34.99 ID:TZJOUDjy0
深夜0時、都内某所、四畳一間の小さなアパート。

そこに、伊藤カイジはいた。

帝愛グループとの縁を断ち切ったものの、これといった起伏なしの人生。

金もあるわけではない。

そのためカイジ、バイト。

生きるため、バイト。

しかし余った金は全てパチンコ、スロット、麻雀に消える。

食うにも困る有様。



カイジ「バイトして飯食って寝て・・・・・休日はギャンブル・・・・・賭け事以外に楽しみなんかねぇっ・・・・」



毎日が繰り返し。稼いだ金も、外に出れば無一文。

最悪なサイクル。働きもせず、就職氷河期など知らず、ただ時代に流されるだけ………



カイジ「テレビもねぇ・・・・ラジオもねぇ・・・・それほどWi-Fi繋いでねぇ・・・・・オレこんな生活嫌だぁっ・・・・・」



自分が望んだこと。自業自得、因果応報。

だがカイジ、ここで自分を見つめ直し考える。



カイジ「・・・・・何か、何かないかっ・・・・」

カイジ「そうだ、スマホ・・・・」

カイジ「買ってみるか・・・」



スマホ!




[ 2015/10/13 08:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ミリP「王様ゲーム?」小鳥「絶対君主ゲームです」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439457609/

3 : ◆3R9GEH/ofI 2015/08/13(木) 18:35:01.78 ID:mai3Bwm10
ミリP(以下P)「シアター組総勢37名大型ライヴ!皆お疲れ様!」

全員「「お疲れ様でしたーっ!」」

P「大成功おめでとう!一時はどうなるかと思ったけど、手を取り合い励まし合っての素晴らしいステージだった!だから今回、ライヴ成功を祝し、大会場を借りてパーティを開かせてもらった!皆、今日は思う存分楽しんでいってくれ!皆飲み物は手に取ったか?それじゃ、乾杯!」

全員「「かんぱーい!」」

ワイワイ ガヤガヤ ワァワァ ザワザワ



P「社長、音無さん、本当にありがとうございました」

社長「このライヴの成功は私の力でなく、君達のものだ。ここまで頑張ってくれた事を心から感謝するよ」

音無小鳥「お疲れ様でした。これからも彼女達の面倒、宜しくお願いしますね」



P「はい!」

社長「あぁ、それとキミ?私の出し物の時間、取ってあるかね?」

P「もちろんです!そろそろ時間ですので、ステージへどうぞ」

社長「おぉそうかそうか!私もこの日のために色々練習してきたのだよ~!」




[ 2015/10/11 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

ちひろ「Pさんの彼女」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441956909/

1 : ◆3R9GEH/ofI 2015/09/11(金) 16:35:10.04 ID:/gsbJhnQ0
ちひろ「あら、そのお弁当自分で作ってきたんですか?」

P「毎日コンビニ弁当だと栄養が偏ってしまうので。とはいっても料理経験のない俺が作って解決かと言われると難しい話でして....」

ちひろ「良ければ私が作ってきましょうか?」

P「そ、それは悪いですよ!」

ちひろ「いつも頑張っているプロデューサーさんへのご褒美と感謝を兼て、私からのささやかな厚意です」

P「本当にいいんですか?後で請求とかされませんよね?」

ちひろ「しません!」

P「わぁ嬉しいなぁ。作ってもらうなんて母親しかいませんでしたから」


プルルルルルル
『着信:母』


P「失礼」ピッ

P「もしもし母さん?」

母『もしもし、今家かしら?』

P「職場」

母『土曜なのに仕事だったの!ごめんなさい、また後で掛け直すわね』

P「昼休みだから別にいいよ。長くならないなら」

母『あらそう?悪いわね。アンタにお見合いの話が来ててね?』

P「お見合い!?」

ちひろ「!?」ガタッ




グリP「無言でアイドルの両肩に手を置き続ける?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434705451/

1 :VJP ◆3R9GEH/ofI 2015/06/19(金) 18:17:41.97 ID:5OyIbiSE0
P「アイドルの新しい一面を発見すれば、今後に役立てれると......」

音無小鳥「はい」


P「よし、恥ずかしいですがやってみましょう...これもアイドルのためです。しかし俺なんかで気持ち悪がれたりしませんか...?」

小鳥「大丈夫ですよ。その場合は私が説得しますから。この後アイドルはレッスンなので事務所に寄ってからレッスン室になります。時間はそれぞれです」

P「手配がいい...うーん......大丈夫かなぁ」

ガチャ

小鳥「来ましたよ!行った行った!」

P「よ、よしっ!」

小鳥「録画開始よインベル~、くまなく撮影するのよぉ~!」●REC

春日未来「おはようございまーっす!」


P「未来か....」




ページランキング