ヘッドライン

塩見周子「はい、シューコの手作りだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486998063/

1 : ◆.qG5SOGbi. 2017/02/14(火) 00:01:04.23 ID:1GLV2vHi0
ガチャ

周子「ただいまー」

P「おう、お帰り。どうだった、里帰りは」

周子「ん?楽しかったよ。ハイお土産」

P「おっ、実家のかこれ」

周子「そうだよー。あたしの手作り」

P「え、マジで?」

周子「うん、『帰ってきた時くらい手伝えー』って」

P「そりゃ楽しみだ、ゆっくりいただくとするよ」




[ 2017/02/14 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

鷺沢文香「読み終えたら、またここに来てください」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472368256/

1 : ◆.qG5SOGbi. 2016/08/28(日) 16:10:56.99 ID:3ZgXLCZE0
台風が過ぎ去って、そのせいで陽射しが強くなっていたから、あの時期はいつもに比べて暑い方だったのだと思う。

土砂降りのせいで家に閉じ込められていた僕は、雨が遠くに行ってしまった瞬間、溜めこんでいた何かを爆発させたかのように友達の家に電話をかけ、毎日のように遊びの計画を立てていた。

今日はあいつの家に集まってゲームをする。明日はあいつのお母さんの車に乗せてもらって、プールに行くんだ。明後日は自転車で、昔家族で行ったあの場所まで行こう。結局途中で自転車がパンクして、半ベソをかきながら自転車を押して帰ったのだが。

そんな思い出の一幕の中で、とりわけ記憶に焼き付けられている日がある。
あの日は確か、いつも遊んでいた友達がお婆ちゃんの家に行ってしまって、他の皆も塾だ何だとすぐに帰ってしまったから、仕方なく日が沈む前に家路についたのだ。

夏という季節は、四季の中でも一番振れ幅の大きいものだ。
家を出たときが嘘のように空を灰色が包み、地面に影とまだら模様を作っていく。
すっかり雨に嫌気がさしていた僕は、ずぶ濡れになりながら帰宅するのが嫌で、どこかで避難することを選んだ。
この雨をやり過ごせるならどこだっていい、そう思って入った建物は、扉を開けた瞬間に古い臭いがした。

カランカランという呼鈴の音が、ザーザーという音に紛れまいと静かにだが強く響く。
独特の雰囲気を臭いとともに醸し出していたその店は、どうやら古い本屋のようだった。
だが、何よりも早く視界に入ったのは、所狭しと詰められた本ではなく、店の奥にあるカウンターに本を積み、視線を手元に落とす、髪の長い女性だった。

蝉の鳴き声と雨の音が、一瞬だが遠くに聞こえた。

モバマスSS
公式と噛み合わないようなところがあるかもしれない





[ 2016/09/20 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
ページランキング