このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

モバP「映画『戦え!マスターアツミン』……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376998834/

1 : ◆.FkqD6/oh. 2013/08/20(火) 20:40:34.83 ID:sVmBkgy20
・モバマスSS
・棟方愛海メイン
・一部キャラ崩壊などあり


それでは、よろしくお願いします。

2 : ◆.FkqD6/oh. 2013/08/20(火) 20:45:46.41 ID:sVmBkgy20

P「俺のデスクの上に、一枚のDVDがある」


『戦え!マスターアツミン』


P「これは……」


『全てを揉み、全てを救え!』


P「このキャッチコピー……ギリギリアウトだな」


『すべての女性と出会い、揉むこと!?それがマスターアツミンの使命……。』


P「愛海がパッケージを飾ってる時点で嫌な予感しかしないが」


P「再生してみるか」





池袋晶葉「いつか未来の私へ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528631130/

1 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:45:30.54 ID:fXGkoYq2O

――――

いつだったか、仕事を片付けてコーヒーを淹れていた時の話を思い出す。

「そういえば、――はどうしてプロデューサーになろうと思ったんだ?」

コーヒーを二つのカップに注ぎながら、彼女がぽつりと聞いた。

カップを受け取りながら、ぼんやりと考える。

「うまく説明できないけど、これだ、って思えたからかな」

「迷ったとき、こっちだって思ったのがプロデューサーの仕事だったんだ」

「そうか」

それっきりだったので、コーヒーに口を付ける。

彼女はしばらくカップを見つめた後に、スティックシュガーを入れてかき混ぜ始めた。



「じゃあ、晶葉はどうしてロボットを作ろうって思ったんだ?」

彼女はしばらく答えなかった。コーヒーを半分ほど飲んだところで、

「いつか話そう」

すまない、と小さくこぼした。







[ 2018/06/11 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

『同級生の渋谷凛』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411564078/

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/09/24(水) 22:09:25.82 ID:sSo8B+MW0

――転校生。


言葉の響きだけなら、美しい言葉だと思う。


転校生だから。


誰だって俺に興味を持ってくれる。


転校生だから。


誰だって、心を踊らせながら俺に話しかけてくれる。


どんな人だって、転校生なら許されるんだ。


……その時ばかりは、転校してきた直後だけは。



転校生。


本当はもっと、ハードルの高い言葉だ。


皆は俺に、期待をしている。


本当は大したことのない、ただ転勤族な親のせいで何度も何度も引っ越しを余儀なくされただけの俺に。


ろくに友達も作れない、勉強もスポーツも出来ない、ただの俺に。


転校生だから。


その言葉は、まだ小さかった俺には、重たい言葉だった。





[ 2016/12/04 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

塩見周子「赤ずきん?」 喜多見柚「ゆずずきん!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429095619/

2 : ◆.FkqD6/oh. 2015/04/15(水) 20:02:18.29 ID:Vh3ueQ7n0

「柚は準備、オッケーだよ!」


はーい。それでは赤ずきんの、はじまりはじまり……。



こほん。


むかしむかしあるところに、とても可愛らしい女の子がいました。


その女の子は、おばあさんからもらった赤いずきんを頭に……。


「パーカー!」


えっ?


「柚はパーカーがいいなっ」


え、えっと……じゃあ、パーカーにしますね。


その女の子は、おばあさんからもらった赤いパーカーをよく着ていました。


フードをかぶった姿がとってもよく似合っていたので……。


「ゆずずきん!」


……そう、みんなからゆずずきんと呼ばれていました。


「やった! ゆずずきんだっ♪」





モバP「冬空に天才」

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/12/28(日) 03:48:19.36 ID:7CsfaWlU0

――事務所


P「……」カタカタカタ……


千川ちひろ「……」ジーッ





ガチャ


池袋晶葉「やあ、お疲れ様」



P「……」カタカタカタ……


晶葉「おい、無視するんじゃない」


P「ん……ああ、晶葉か。どうした?」


晶葉「君こそどうしたんだ、P」


P「……そんなに元気なく見えるのか」


晶葉「ああ。いつもの君らしくない」


P「俺はいつも通りだが……」


晶葉「むぅ……」


ちひろ「……」ハァ






塩見周子「ポッキーゲームしよう!」岡崎泰葉「ポッキーゲーム……?」

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/11/12(水) 00:03:26.14 ID:q211ZqN60

――事務所


塩見周子「柚隊員!今日は何の日か知っているかね!」エヘン



喜多見柚「はーいっ、周子隊長!今日はポッキーの日であります!」ニパッ



周子「よろしい、それでは作戦に移る!」ビシッ


森久保乃々「……また何か始まったんですけど」



岡崎泰葉「……ポッキーの日、ですか?」



周子「そだよー。ほら、11月11日で、ポッキーが4本並んでるから」


泰葉「へぇ……本当ですね。なるほど」


柚「だから今日は、みんなでポッキーを食べよう!」


周子「じゃーん。沢山買ってきたよ」ドサッ


乃々「貰ってもいいんですか?」


周子「いいよいいよー。細かいことは気にしなーい」


泰葉「それじゃあ、お言葉に甘えますね」


柚「へへー……じゃあ柚はいちご味っ!」





堀裕子「サイキックトレーニング!」依田芳乃「でしてー」

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/10/19(日) 22:31:20.35 ID:7oD00eip0

――――


堀裕子「ふんっ、むむむむっ……!!」ググッ



依田芳乃「……」



裕子「はぁっ、はぁっ、もう一回!」


芳乃「ほー……」ズズズ……


裕子「ムンっ、むむむっ……!!」グググッ


芳乃「今日も天気がよいのでして」パリパリ


芳乃「……ほー」ズズズ……



裕子「お、おかしいですね……この知恵の輪、いくらやっても……」ゼェハァ


裕子「……今日のトレーニングは、これくらいにしましょう!」


芳乃「……そなたー、そなたー」


裕子「な、なんですか芳乃ちゃん?」ビクッ


芳乃「先程から見ていましたがー、その方法では外せないのでしてー」ヒョイッ


芳乃「この知恵の輪はーこのようにしてから引っ張るとー」カチャカチャ


裕子「おお!ま、まさか!」





森久保乃々「ふふふ……『もりくぼの森』ですけどぉぉぉッ!!!!」

3 : ◆.FkqD6/oh. 2014/09/01(月) 21:36:40.63 ID:QK09HUAB0

森久保乃々「あわわわ……こ、こんなお仕事、むーりぃー……」ガタガタ



P「乃々ーっ!頼むから降りてきてくれー!」


乃々「い、いやですけど……降りたらこのままお仕事だって、知ってますけど……」


緒方智絵里「の、乃々ちゃん!大丈夫だから、一緒に頑張ろう……?」



乃々「あぅ……い、いえ、緒方さんには騙されませんけど……」


智絵里「!」ガーンッ


P「智絵里!」


向井拓海「……はぁー、仕方ねぇな。アタシがやってやっから、変わってくれ」



智絵里「た、拓海さん……!」



拓海「よっと……ほら、乃々。みんな困ってんだろ」ヒョイッ


乃々「!!」


拓海「恥ずかしいってのも分かるけどよ……だったらさっさと終わらせた方がいいだろ?」





モバP「天才の夏」

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/08/17(日) 21:11:15.64 ID:EqyvGe1H0

――事務所


P「……」カタカタカタ……


P「……」カタカタ……


P「……」


P「暑いな……」



prrrr prrrr!


P「もしもし、Pです……はい、いつもお世話になっています」


P「はい……本当ですか!」


P「ええ、はい……日時は……はい、分かりました。ありがとうございます」


P「はい……では、失礼致します」



P「……さて、仕事か」






モバP「短冊に願いを」

2 : ◆.FkqD6/oh. 2014/07/07(月) 20:58:49.28 ID:IHy8VWuI0

小早川紗枝「お仕事も終わりましたし、今日はせっかくの七夕やさかい……」



紗枝「ほな、うちらもどりーむ対決してみましょか」


古澤頼子「どりーむ対決、ですか?」



紗枝「そうどす~。みなさん、短冊に願い事書きましたやろ?」


篠原礼「ええ、もちろんよ」



上田鈴帆「かっかっか、もう飾ったけんね!」



紗枝「題して『この短冊誰が書いたか当ててみましょ』対決~♪」


礼「へぇ……クイズは得意よ、見てなさい」


鈴帆「うちもやったるけん、見とき!」


頼子「……頑張りますね」


紗枝「ほな、最初のは……これにしましょか」





ページランキング