ヘッドライン

【モバマスSS】 みんな、ゾンビ 人間編 【グロ超注意】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480845484/


1 : ◆Q/Ox.g8wNA 2016/12/04(日) 18:58:05.46 ID:SVzUKmcp0
謎のゾンビウィルスに冒された週末世界SSです。

以下のSSと時系列を共有しています。

「みんな、ゾンビ」


何処か明るいゾンビ編とは違い、絶望寄りのグロ描写がありますので、
苦手な方、バッドエンドが苦手な方は閲覧注意で宜しくお願いします。

2 : ◆Q/Ox.g8wNA 2016/12/04(日) 18:58:32.43 ID:SVzUKmcp0

私の名前は大和亜季、
346プロに所属しているアイドルであります。

私は今、その346プロに裏口のダクトから、社内に潜入しています。

そう、潜入。

何故私が自分の所属しているプロダクションにわざわざ潜入などしているかというと、
事の始まりは数ヶ月前、世界中に蔓延した謎のウイルスが、日本にも上陸してきた事が原因です。

このウイルスは一度感染したら最後、周りの人間に襲いかかり、
その肉を喰らうゾンビの様な怪物と化してしまうのです。

そしてその犠牲者もゾンビとなり、人を襲い喰らう、まさに恐怖のウイルス。


346プロも例外ではありませんでした。





真美「兄ちゃんは真美のこと、トップアイドルにしてくれるって言ってたよね」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/30(土) 02:31:12.481 ID:yswz5sK10.net
P「……すまん」

真美「えー、なんで兄ちゃんが謝るのさ!」

P「……」

真美「ただ真美に才能が無かったってだけっしょ! 兄ちゃんは頑張ってくれてたんだから、なんにも気にしなくていいの!」

P「……真美」

真美「自分によく似た妹がたまたま売れたから、バカなお姉ちゃんが自分も同じようになれるって勝手に勘違いして、結局ダメだっただけの話だよ」

P「いやそんなことはない、俺の技量が足りなかったから……」

真美「……いいよ、そういうの。 真美だって子どもじゃないし、自分で分かってるからさ」

P「……本当にすまなかった」

真美「だから、謝んなくっていいってばー!」




依田芳乃「多少の縁」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481273735/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/09(金) 17:55:35.50 ID:ZLH09hRho


 「来月分のレッスンルーム使用予定表です」

 「あ、どうも。早いですね、助かります」

 「まぁ、いま手が空いてるんで」


書類をトレーナーさんへ手渡し、軽く笑みを返す。
そう。残念な事に手は空いてしまっている。
本来ならこんな事にかまけている場合ではないのに。

あ、いや……こんな事ってのは言い過ぎた。アイドルさんに悪いな。うん。


滑り出しはまずまずだった。
世はアイドルブームの真っ最中、その勢いは未だ衰え知らず。
一旗揚げるには絶好の機会で、即座に動き出した判断は間違っていなかった筈だ。

だが当時のオレは高校生。大学どころか短大も専門も出ちゃいない。
唯一引っ掛かったのがこのプロダクションだった。
それもあの社長はオレの能力じゃあなく、たぶん気質を買ったんじゃないかと思う。




[ 2016/12/10 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

晶葉「出来たぞ助手!色々な間違いを正す道具だ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481280911/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/09(金) 19:55:11.67 ID:9rzUMgcMo

P「……なんだそれ」

晶葉「名付けて『修正くん』だ。何でも私の名前を昌葉と間違える不届きものがいたようでな。間違いを見つけると正してくれる便利な道具があればそのようなミスもおきないだろう?」


P「まさかそんなミスをする人がいるなんてな」

晶葉「SS作者の風下にも置けんな」

P「まあそれは置いといてなかなか便利そうな道具じゃないか。これがあれば仕事のミスもなくなるな」

晶葉「ただまだ実験段階でな。今日一日事務所に置いておくから間違いを指摘できるかチェックしようと思って」

P「なるほど。じゃあとりあえず仕事にかかりますか」

ガチャ

菜々「おはようございまーす♪」





【ゆるゆり】京子「いやー、朝起きたらこんなのが生えちゃっててさー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481348057/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 14:34:17.99 ID:StD3hnBGo

これは、あなたの心の汚れをチェックするSSです。

ゆるゆりキャラの何気ない日常風景を描いたSSがいやらしい物に見えたのなら、

あなたの心は穢れています。

↓こちらは前回のテストです。受けてなくても今回のテストに支障はありません。
【ゆるゆり】あかね「じゃああかり、脱ぎましょうか」

それでは、テストを開始します。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/10(土) 14:35:04.71 ID:StD3hnBGo

京子「いやー、朝起きたらこんなのが生えちゃっててさー」




(京子の家)


京子「おーっす結衣。よー来てくれた」

結衣「何だよ京子。こんな休みの朝っぱらから呼び出して」

京子「それがさー、見てよこれ」

結衣「うおっ!?何だコレ?」




李衣菜「ふたなりーな 冬のロックンロール祭り!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481290569/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/12/09(金) 22:36:11.54 ID:1q0wI7bx0

李衣菜「いえーーーーーーい!!!」


李衣菜「みんなお待たせー!冬のロックンロール祭り、始まるよー!」

李衣菜「さっそくいってみよう!まずはこれだよっ!」



李衣菜「『手コキ!』」




[ 2016/12/10 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

鷹富士茄子「不運で幸運な雨」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481358324/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 17:25:24.98 ID:k7pOkV1Y0
 しんしんと雨が降っています。

「飴じゃなくて雨ですよー……なんて」

 自分の言葉に、私はくすくすと笑ってしまいました。もしも本当に飴が降ってくるなら、それはとても素敵なことだと思います。

 そう言うと「いや、危ないだろ」と冷たく返されました。そういうわけじゃないのに……Pさんには乙女心がありません。

「まあ、乙女じゃないからな」

 Pさんが言って、傘をこちらに傾けます。……私から見て反対の肩が濡れています。

「Pさん、肩、濡れてますよ」

「気付かれたか」

「はい。ですから、もうちょっと近寄りましょう♪」

 私がぎゅっとPさんの腕に抱きつこうとすると、傘を持っていない方の手で押し返されてしまいます。……むぅ。

「せっかくの相合傘なんですから、二人とも濡れないようにもっと近寄った方がいいと思うんです」

「だとしても、抱きつく必要はないだろう」

「抱きついたらあったかいですよ?」

「そこまで寒くないから問題ない」

「私は寒いんですー」

「ならコートを貸す」

「それじゃあPさんが寒くなっちゃうじゃないですか」

「じゃあどうしろって言うんだよ」

「私がPさんに抱きつけば問題ないです」

 ふふん、と胸を張ると「あるわ」と軽く頭にチョップされてしまいました。……痛い。





[ 2016/12/10 17:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

P「輿水幸子は無数に存在する」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481111726/

1 : ◆JeBzCbkT3k 2016/12/07(水) 20:55:26.67 ID:Q/KsUm3o0
そこそこ長いです。あとSF考証してません。

人を選ぶ内容かもしれませんが、お付き合いいただけますと幸いです。


2 : ◆JeBzCbkT3k 2016/12/07(水) 21:00:38.36 ID:Q/KsUm3o0
 俺の人生は幸子のためにある。

 輿水幸子というアイドルを育むことこそが俺の生きがいであり、命そのものだ。
 全人類が輿水幸子に溺れ、その渦の中心で俺は彼女を足下から見上げる。
 そんな未来を夢想して日々を生きている。プロデューサーとしての本懐だ。

 幸子と出会ってから未だ半年。ようやく道を歩み始めたところ。未来絵図に辿り着くのはまだまだ先のことだ。
 どういうルートを通ってゆくのかすら、まだ決まってはいない。

 幸子は莫大な可能性を秘めている。
 幸子の才能は高さだけでは表現できない。
 高さでなく、幅なのだ。
 多岐にわたる選択肢を、幸子は持っている。

 例えば清純派アイドルとして売り込んでも良い。
 小悪魔アイドルとして売り込んで良い。
 はたまた芸人じみたキャラでもいけるだろうし、歌唱力を武器に孤高のアイドルを気取るのもアリだろう。
 なんならユニットを組んでリーダーを務めさせるのも良い。

 デビューを目前に控えた今の時期、まだ幸子はどの色にも染まっていない。
 方向性は俺のプロデュース次第だ。
 本心では俺なんかに務まるとは思えない大役だが、務まると信じなければ幸子に失礼である。
 だからこそせめて全力で。輿水幸子の第一のファンであることに誇りを持ち、プロデュースには己の全身全霊を注ぎ込む。

 まだまだ幸子は成長途中だ。
 俺はそんな幸子の手となり足となり、プロデュースに己の全てを捧げる今の生活が、心底楽しくて堪らない。




[ 2016/12/10 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

モバP「海水浴へ行こう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481336778/


1 : ◆JQfa5kDVZ6 2016/12/10(土) 11:26:18.66 ID:5b4BzjcXO
いつも書いてる内村さまぁ~ずクロスの番外編。

短いです。

楓さんが事務所のみんなと海水浴に行く話し。


2 : ◆JQfa5kDVZ6 2016/12/10(土) 11:27:44.45 ID:5b4BzjcXO
明日は年に数度ある事務所の完全オフ。

アイドルも、プロデューサーも、ちひろさんも完全にお休み。

せっかくのお休み、そして夏真っ盛りという事で、事務所のみんなと海へ行く事に決まりました。

もともと別の予定が入っていた人たちはとても悔しがっていたけれど。





【艦これ】鳳翔「…ずるいです」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481296944/

1 : ◆UaO2oQStPs 2016/12/10(土) 00:22:24.55 ID:ceSULhXk0
スレを立てるのもSSを投稿するのも初めてです。
拙い文章ですが、アドバイスなどを貰えたら嬉しいです。

※エログロ描写はないです
※提督は出ません
※百合です

スレがたてられてたら投下します

2 : ◆UaO2oQStPs 2016/12/10(土) 00:25:08.12 ID:ceSULhXk0
鳳翔「ん…ふわぁ…」

龍驤「おっ!目覚ましたか。おはよう」ニコッ

鳳翔「おはようございます龍驤…あれ?」

鳳翔(なんだか体が重い…それに頭も痛い…)

龍驤「…なんや覚えてないんか?鳳翔、キミ昨日店で倒れとったんやで?」

龍驤「店にはもう誰もいいひんかったし、運んだうちに感謝しぃや!」

鳳翔(ああそういえば…居酒屋の方で軽空母の皆さんの飲み会の片付けを……した記憶がないわね…)

鳳翔「ありがとうございます龍驤…でもあの後帰ったんじゃなかったんですか?」




ページランキング